エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!

ドラマ


【ドラマ】「星降る夜に」初回 吉高由里子&北村匠海が開始1分でキス 急展開に「ドキドキした」etc


星降る夜に』(ほしふるよる)は、2023年1月17日からテレビ朝日系「火曜9時枠の連続ドラマ」て放送中のテレビドラマ。主演は吉高由里子。大石静の脚本によるオリジナル作品。 雪宮鈴(ゆきみや すず)〈35〉 演 - 吉高由里子(幼少期:磯村アメリ) 「マロニエ産婦人科医院」で働く産婦人科医。 柊一星(ひいらぎ…
12キロバイト (989 語) - 2023年1月17日 (火) 13:55



モデルプレス=2023/01/17】女優の吉高由里子が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ「星降る夜に」(毎週火曜よる9時~)が17日、スタートした。吉高と俳優の北村匠海のキスシーンに反響が寄せられている。<※ネタバレあり>

【写真】吉高由里子&近藤春菜、ロンドン旅行へ プライベート動画に反響

吉高由里子主演「星降る夜に」

本作は恋愛ドラマの名手・大石静が脚本を手掛ける、のどかな海街を舞台にした“10歳差”のオリジナルピュアラブストーリー

吉高由里子北村匠海ドラマ開始1分でキス

産婦人科医・雪宮鈴(吉高)が息抜きのためソロキャンプを訪れると、そこに遺品整理士・柊一星(北村)が。ろう者である一星は鈴からの質問に一切答えずに、初対面のはずの鈴に向けてシャッターを切り続ける。

鈴の酒を勝手に飲むなど図々しい態度を見せながらも、寒さに震える鈴を見かねて自分のマフラーを巻くなど優しさものぞかせる一星。ふと一星からキスをすると、そのまま2人はキスを重ねて一夜をともに過ごす。その翌朝鈴が目を覚ますと、一星は「お前のゲロ、全部片付けた、バ~カ」と手話で告げて去っていき、鈴は自身の吐瀉物が付いたと思われる一星のマフラーを持ち帰っていた。

しかしその数日後、2人は鈴の母の葬儀で再会。鈴の母の遺品整理をした一星は、その遺品を鈴に渡す。しばらく母に会っていなかったという鈴が「親不孝な娘」とさみしげな表情を浮かべると、一星は生前の鈴の母が鈴について「自慢の娘」と語っていたことを伝え、そのことに鈴は涙を流すのだった。

◆「星降る夜に」初回の展開に反響

ドラマの終盤では、マフラーを返そうと鈴が一星の元を訪れ「私も酔ってて悪かったです。でもあんな言い草はないです。バカとか」と去り際のセリフについて呟く。「遺品を整理してくれてありがとう」と感謝しつつ、手話で「でもお前のキス大したことなかったけどな!」と伝えると、一星は笑顔で鈴を見つめていた。

2人のキスシーンが訪れたのはドラマ開始1分でのこと。この放送を受けて、視聴者からは「いきなりキス!」「初っ端からすごい展開」「ドキドキした」「既にすごいドラマ」など多くの声が。また予告では2人が距離を縮めていく様子も描かれており「これからの2人の変化が楽しみ」「少しずつ距離を詰めていく2人を見守っていたい」「ラストの2人の笑顔を見たらこれからが気になっちゃう」など多くの声が上がっていた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

Not Sponsored 記事】

北村匠海、吉高由里子「星降る夜に」第1話


(出典 news.nicovideo.jp)

【【ドラマ】「星降る夜に」初回 吉高由里子&北村匠海が開始1分でキス 急展開に「ドキドキした」etc】の続きを読む


「silent」篠原涼子、想の母は「本当に学びになるような役柄」クランクアップ動画公開


篠原 涼子(しのはら りょうこ、1973年8月13日 - )は、日本の女優、歌手。群馬県桐生市出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント(イー・コンセプト)所属。 1989年、雑誌『月刊デ☆ビュー』に掲載された現事務所のオーディションに合格し所属。同年10月、ドラマ『高速戦隊ターボレンジャー…
83キロバイト (8,643 語) - 2022年12月28日 (水) 13:46



 俳優の川口春奈が主演し、人気グループSnow Manの目黒蓮と共演するフジテレビ系連続ドラマsilent』(毎週木曜 後10:00)の公式インスタグラムが31日までに更新され、篠原涼子クランクアップの様子が公開された。

👇インスタに飛びます

【動画あり】”息子”目黒蓮を絶賛!篠原涼子のクランクアップの様子

 本作は、青羽紬(川口)が高校時代に本気で愛した恋人である佐倉想(目黒)と、音のない世界で“出会い直す”というオリジナル脚本のラブストーリー。篠原は、想の母親・佐倉律子を演じた。

 公式アカウントは「想を全力でサポートしてきた母・律子。篠原涼子さんのクランクアップコメントをご覧ください」とつづり、撮了時の動画を公開した。篠原は「本当にこの現場のスタッフの方々にお会いするのがすごく楽しみで皆さんあたたかくお迎えしてくださって。あったかい感覚でセットを用意しておいてくださってやりやすい環境で本当に救われました。なかなか自分でも経験したことのない役を与えてくださりひとつではないいろんな感情を表現を味わうことができる本当に学びになるような役柄を与えてもらえたことはすごく感謝しています。ありがとうございます」と思いを伝えた。

 続けて「そしてあのやっぱり目黒くんがね、なんと言ってもやっぱりかっこよくてね。目の保養になりながらいっつも楽しくて肌がきれいになるんじゃないかなって」とにっこり。目黒は照れ笑いだった。

 視聴者からは「いいお母さんだった」「母親としての悩みも共感できる所もあり、一緒に涙を流しました」「さすが!の一言に尽きます」「すてきな親子だな」「コメントがさすが!」「紅白での再会も楽しみです」といった声が寄せられた。

篠原涼子 (C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)

【「silent」篠原涼子、想の母は「本当に学びになるような役柄」クランクアップ動画公開】の続きを読む


振り返り「エルピス」最終回 「お兄ちゃんは今いません」「…君、一人っ子だよね?」に反響


エルピス-希望、あるいは災い-』(エルピス きぼう あるいはわざわい)は、2022年10月24日から12月26日までカンテレ制作・フジテレビ系列の「月曜夜10時枠の連続ドラマ」枠にて放送されたテレビドラマ。主演は長澤まさみ。 テレビ局を舞台に、エースの座から転落した女子アナウンサーが、彼女に共鳴…
79キロバイト (11,164 語) - 2022年12月29日 (木) 05:07


シリアスの中ちょっと笑いを誘いましたね。

 女優の長澤まさみが主演を務め、俳優の眞栄田郷敦、鈴木亮平が共演するドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』(カンテレフジテレビ系)の最終回が26日に放送された。ドラマシリアス大団円へと突き進む中、視聴者をクスッと笑わせる瞬間を作ったのは、やはり眞栄田郷敦演じる拓朗だった。

【写真】「君、一人っ子だよね?」と言われたあとの表情が絶妙な拓郎(眞栄田郷敦)

 大門副総理(山路和弘)の娘婿・亨(迫田孝也)が死んだ。亨が命を懸けて、大門のレイプ事件“もみ消し”疑惑を告発しようとしていたことを知る拓朗(眞栄田)は、その死の意味を理解し、絶望する。

 亨の死後、恵那は彼と親交のあった村井(岡部たかし)がただならぬ様子で『NEWS8』のスタジオに殴り込んできた様子を目撃。恵那は、自分の知らないところで何が起きていたのかを聞くため、拓朗の自宅を訪ねる。

 インターホンが鳴る音に起き上がって、階下に降りてきた拓朗は、モニタに映る恵那を確認。マイクをオンにして甲高い声で「はい」と応答する。「あの、すいません。拓朗さんご在宅ですか?」と恵那が尋ねると、拓朗は「…あの…お兄ちゃんは、今いません」となんと裏声を使って「家族」を騙ろうとするのだった。

 もちろん恵那が気づかないわけがなく、「君…一人っ子だよね?」と指摘。拓朗が真顔になったところで、観念したのか恵那を自宅に招き入れたことが示唆されるシーンに移ったのだった。

 子ども騙しのようなうそで恵那をかわそうとした拓朗について、ネットでは「こんな緊迫してたのに『君一人っ子だよね』で吹き出しwww」「一人っ子なのバレバレなんよwwwwww」「ちゃんとユーモアあるとこも好き」といった声が寄せられていた。

ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』最終回より (C)カンテレ


(出典 news.nicovideo.jp)

【振り返り「エルピス」最終回 「お兄ちゃんは今いません」「…君、一人っ子だよね?」に反響】の続きを読む


長澤まさみ、岡部たかしとの笑顔のツーショに「胸熱です!!」と絶賛


エルピス-希望、あるいは災い-』(エルピス きぼう あるいはわざわい)は、2022年10月24日から12月26日までカンテレ制作・フジテレビ系列の「月曜夜10時枠の連続ドラマ」枠にて放送されたテレビドラマ。主演は長澤まさみ。 テレビ局を舞台に、エースの座から転落した女子アナウンサーが、彼女に共鳴…
79キロバイト (11,144 語) - 2022年12月27日 (火) 01:37


村井さん、昔の上司タイプでしたね。素敵なコンビでした。

長澤まさみが主演を務めるドラマ「エルピス―希望、あるいは災い―」(毎週月曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の公式Instagram12月26日に更新。長澤と、共演する岡部たかしのオフショットを公開した。

【写真】長澤まさみ“恵那”&眞栄田郷敦“岸本”&鈴木亮平“斎藤”がそろって“エナーズアイポーズ”

同作は、スキャンダルによって落ち目となったアナウンサー・浅川恵那(長澤)と彼女に共鳴した仲間たちが、10代の女性が連続して殺害された事件の冤罪(えんざい)疑惑を追う中で、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく姿を描く、社会派エンターテインメント。岡部は、恵那がコーナーMCを務めていた「フライデーボンボン」のチーフプロデューサー・村井を演じている。

この日、公式Instagramは「恵那さんと村井さん。裏は平和にエナタクポーズしてます。」とコメントし、長澤と岡部のオフショットを投稿。写真には、笑顔で全力のピースサインを見せる二人の姿が写されている。

投稿を見たファンからは「大好きなお二人」「二人のコンビ最強」「すてき」「胸熱です!!」などの声が寄せられている。


ドラマ「エルピス」の公式Instagramに長澤まさみが登場/※2018年ザテレビジョン撮影


(出典 news.nicovideo.jp)

【長澤まさみ、岡部たかしとの笑顔のツーショに「胸熱です!!」と絶賛】の続きを読む


【反響】「エルピス」“村井”が「怒りを爆発させる様子に共感」


エルピス-希望、あるいは災い-』(エルピス きぼう あるいはわざわい)は、2022年10月24日よりカンテレ制作・フジテレビ系列の「月曜夜10時枠の連続ドラマ」枠にて放送中のテレビドラマ。主演は長澤まさみ。 テレビ局を舞台に、エースの座から転落した女子アナウンサーが、彼女に共鳴した仲間たちと冤罪…
77キロバイト (10,710 語) - 2022年12月19日 (月) 22:55


今まで自分で誤魔化してきた思いが、沸騰して爆発したシーンでした。確かに現実社会ともリンクする。

 長澤まさみが主演するドラマ「エルピス-希望、あるいは災い-」(カンテレフジテレビ系)の第9話が、19日に放送された。(※以下、ネタバレあり)

 大洋テレビアナウンサー・浅川恵那(長澤)と共に、かつて世間を騒がせた連続殺人事件で犯人とされた松本良夫死刑囚(片岡正二郎)の冤罪(えんざい)事件を追っていた、元新米ディレクターの岸本拓朗(眞栄田郷敦)は、真犯人と思われる人物・本城彰にたどり着く。

 しかし、それらの事実は公にすることが許されず、拓朗は行き場のない憤りを感じていた。さらに、真犯人を追う過程で刑事の平川を脅迫したとして、会社を解雇されてしまう。

 そんな中、局の看板アナウンサーに返り咲いた恵那だったが、この一件で、真実を闇に葬ろうとする巨大な力を感じ、再び心身のバランスを崩していく。

 一方、事件をもみ消した大門副総理(山路和弘)の娘婿で秘書の大門亨に接触を図った、拓朗の元上司の村井(岡部たかし)は、拓朗にジャーナリストを名乗らせ、亨と引き合わせる。

 亨は政治家の秘書ながら、真面目で正義感が強い性格から、過去に村井の力を借りて大門がレイプ事件をもみ消したことを告発しようと試みたことがあるという。

 しかし、その際にも、テレビ局の忖度(そんたく)で告発を公にすることができず、村井も権力に屈した過去を持っていた。拓朗は、亨の証言を取り、事件を公にしようと画策する。

 放送終了後、SNS上には、「現実とリンクするようなフィクションの世界に絶望感しかない」「希望と絶望を振り子のように行ったり来たりする感覚がある」といった感想が寄せられた。

 また、物語のラストで、恵那がキャスターを務める大洋テレビの看板番組でもある「NEWS 8」のスタジオに来て暴れる村井の姿が放送されると、「想定外の行動にびっくり」「怒りを爆発させる様子に共感して泣きそうだった」「村井さんがかっこいい」などの声も集まった。

 次週で最終回を迎えるが、視聴者からは「希望が一筋でも見える終わり方が想像できない」「もっと続けてほしい」といったコメントも投稿された。


「エルピス-希望、あるいは災い-」 (C)カンテレ


(出典 news.nicovideo.jp)

【【反響】「エルピス」“村井”が「怒りを爆発させる様子に共感」】の続きを読む


今夜「エルピス」第9話 “恵那”強大な権力を前に再び心身のバランスを崩す


エルピス-希望、あるいは災い-』(エルピス きぼう あるいはわざわい)は、2022年10月24日よりカンテレ制作・フジテレビ系列の「月曜夜10時枠の連続ドラマ」枠にて放送中のテレビドラマ。主演は長澤まさみ。 テレビ局を舞台に、エースの座から転落した女子アナウンサーが、彼女に共鳴した仲間たちと冤罪…
71キロバイト (9,867 語) - 2022年12月18日 (日) 13:34



 女優の長澤まさみが主演を務め、俳優の眞栄田郷敦、鈴木亮平が共演するドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』の第9話が19日の今夜放送される。

【写真】村井(岡部たかし)に詰め寄られる斎藤(鈴木亮平) 『エルピス―希望、あるいは災い―』第9話場面カット

 連続テレビ小説カーネーション』(2011年NHK)の渡辺あやによるオリジナル脚本となる本作は、実在の複数の事件から着想を得て制作された社会派エンターテインメントスキャンダルによってエースの座から転落したアナウンサー・浅川恵那(長澤)と彼女に共鳴した仲間たちが、犯人とされた男の死刑が確定した、10代の女性が連続して殺害された事件の冤罪疑惑を追う中で、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく。

■第9話あらすじ

 DNA鑑定の結果をもってしても、本城彰が真犯人である事実は公にすることが許されず、行き場のない憤りを抱えた拓朗(眞栄田)は、さらに刑事の平川(安井順平)を脅迫した疑いで会社を解雇されてしまう。この一件で、背後に真実を闇に葬ろうとする巨大な力を感じた恵那は、無力な自分になすすべもなく、再び心身のバランスを崩していく。

 一方、大門副総理(山路和弘)の娘婿で秘書の大門亨に接触を図った村井(岡部たかし)は、拓朗にジャーナリストを名乗らせ、亨と引き合わせる。村井によると、亨は真面目で正義感が強く、決して政治家の秘書に向いているとはいえない男。実際、過去には村井の力を借りて大門の告発を試みたこともあるという。結局、最後は権力と忖度に屈したという当時の話を聞いた拓朗は、志こそ違えど、村井も今の自分と同じように、目の前にある真実を握りつぶされたことがあると知り、驚く。

 そして、自分はこのまま終わらせるわけにはいかないと、本城逮捕の最大の壁である大門を排除する作戦に打って出る。亨もまた、いずれ大門の右腕となるであろう斎藤(鈴木)の存在が決め手となり、ある覚悟を決めていたのだった。

 ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』はカンテレフジテレビ系にて毎週月曜22時放送。

ドラマ『エルピス―希望、あるいは災い―』第9話より (C)カンテレ


(出典 news.nicovideo.jp)

【今夜「エルピス」第9話 “恵那”強大な権力を前に再び心身のバランスを崩す】の続きを読む

このページのトップヘ