エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!

YouTuber


芸能人の私生活などをばらす「暴露系YouTuber」。7月10日に投開票があった参院選では、NHK党から出馬したガーシー東谷義和氏)が当選するなど、注目を集める存在となっている。

暴露系YouTuberの動画が人気となっている一方で、ネット上には、プライバシーを晒すことに批判的な意見も少なくない。そもそも法的な問題はないのか。芸能分野にくわしい河西邦剛弁護士に聞いた。

●社会的評価を下げれば「名誉毀損」に

ーー暴露系YouTuberの暴露行為は「名誉毀損」や「プライバシー権侵害」にあたらないのでしょうか。

たとえば、性加害や詐欺をしていると暴露すれば、その人の社会的評価が下がることは確実です。このように、社会的評価を下げた場合は名誉毀損にあたります。

ただし、(1)公共の利害に関する事実に係るものであり、(2)もっぱら公益を図る目的でされた場合、(3)摘示された事実が真実であれば、その違法性が阻却されるとされています。

また、社会的評価が低下するか否かに関係なく、私生活上の事実について暴露する行為は、プライバシー権侵害になりえます。名誉毀損については犯罪にもなりますが、プライバシー権侵害の場合は、あくまで民事上の問題があるだけで、刑事上の問題にはなりません。

ーーたとえば、「芸能人の誰と誰が付き合っている」という話を暴露された場合は、名誉毀損やプライバシー権侵害にあたるのでしょうか。

反社会的勢力との交際などでなければ、社会的評価が下がる情報ではないことから、名誉毀損の余地はありません。




ただ、タレント側からすれば、交際の暴露は「業務の妨害だ!」となるかもしれません。タレントは、イメージに応じて出演やCMのオファーがあるため、交際が発覚したことで仕事が減る可能性は考えられます。

タレント芸能人は「イメージ商売」と言われますが、日本の法律は、基本的に、この「イメージ」を保護しようという発想がありません。そして交際していることが事実であれば、それは名誉毀損にはなりません。明確にプライバシー権侵害にあたるとも言い切れません。

結局、プライバシー権は裁判例の中で認められてきた権利でもあり、侵害か否かの線引きは明確ではなくケースバイケースになりがちなのが実態です。

●元動画が「名誉毀損」ならば、切り抜き動画は?

ーー暴露系YouTuberに便乗して、暴露動画の「切り抜き動画」を作成して配信したり、拡散したりする人もみられます。このような行為に、法的な問題はないのでしょうか。



たとえば、東谷氏は、自身のツイッターアカウントが凍結されたことで、YouTubeの動画を一旦非公開にしました。また、YouTubeチャンネルが停止されることを防ぐため、当面の間、生配信だけで、アーカイブを残さないと言っているようですが、同時に、動画拡散のために切り抜き動画については全面的に肯定しているようです。

同じような拡散方式で、Twitterリツイートがあります。リツイート名誉毀損にあたるかどうかが問われた過去の裁判例では、リツイートも元ツイートに賛同する表現として本人自身の発言だと理解するのが相当とし、名誉毀損になるとされたものがあります。


ただ、収益性のないリツイートが大半であるのに対して、切り抜き動画には、双方に収益分配があります。そのため、切り抜き動画の場合は、収益目的の表現と考えられる可能性もあります。

名誉毀損に関して、刑法230条の2は「その目的が専(もっぱ)ら公益を図ることにあったと認める場合」を一つの違法性阻却事由としているため、収益性がある場合は、違法性阻却についてはより厳格に判断される可能性もあります。

ただし、収益性があるのはテレビ、新聞、週刊誌などの主要メディアも同じことなので、一番のポイントは、元動画が名誉毀損になっているかどうか、すなわち真実か否かです。元動画が名誉毀損にあたれば、基本的に切り抜き名誉毀損になるといえるでしょう。



●暴露されたら、アカウント停止を求めることも視野に

ーー現在、暴露の対象となっているのは、主に芸能人や有名YouTuberですが、一般人が私生活や過去の不貞行為、前科等を暴露された場合、削除や損害賠償を求めて、訴えを提起することはできますか。

もちろん訴えることはできますし、名誉毀損にあたれば、刑事告訴もできます。ただ、現実問題として、訴えた場合には、配信者はさらに攻撃的な動画を投稿する可能性も考えられます。そのため、YouTubeガイドライン違反からアカウントの停止を求めることを先行させて、そのあと訴える手法を検討することも有効です。

アメリカ由来のプラットフォームということもあり、YouTubeガイドラインは、たとえば、ポルノにはかなり厳しい対応をしています。本人の同意なしのリベンジポルノ的な動画を上げれば、一発でチャンネル停止もあり得ます。

今年に入り、東谷氏をはじめ、芸能人を対象にした暴露系YouTuberが注目されました。芸能事務所側の対応は、基本的に「無視」というスタンスが多いようです。YouTuber一方的に暴露しているだけならば、テレビネットニュースであまり扱われることはないものの、むしろ反論することでニュースになってしまうという傾向があるからです。

ある意味YouTuberとの関係では、視聴者メディアが「個人のYouTuberの信ぴょう性が怪しい」という冷静な見方をしているとも考えられます。それゆえ、個人のYouTuberが暴露しても、それだけではあまり問題にならず、そこから逮捕や裁判につながらなければ静観、というスタンスが定着しているのでしょう。

個人の場合でも、暴露された内容に応じて、訴訟対応するのか、SNS上で否定・反論をするのか、静観するのか、それとも刑事告訴するかという様々な手段を検討したうえでの対応が重要になってきます。

【取材協力弁護士
河西 邦剛(かさい・くにたか)弁護士
「レイ法律事務所」、芸能・エンターテイメント分野の統括パートナー。多数の芸能トラブル案件を扱うとともに著作権、商標権等の知的財産分野に詳しい。日本エンターテイナーライツ協会(ERA)共同代表理事。「清く楽しく美しい推し活 ~推しから愛される術(東京法令出版)」著者。
事務所名:レイ法律事務所
事務所URLhttp://rei-law.com/

芸能人の私生活をばらす「暴露系YouTuber」、法的に問題ないの?


(出典 news.nicovideo.jp)

YouTuber (ユーチューバーからのリダイレクト)
YouTuber(ユーチューバー)は、動画共有サイトYouTube上で自主制作の動画作品を継続的に公開している個人および組織であり、英語圏では「YouTube Creator」「YouTube Personality」「YouTube Star」「YouTube Celebrity」などの呼び方もされている。
44キロバイト (5,708 語) - 2022年7月11日 (月) 03:46


法律って知らないことばかり。

<このニュースへのネットの反応>

週刊誌の暴露はいいらしい


芸能人の場合は,「整形している」,「暴力団と関係がある」,「家族に犯罪者がいる」等の誹謗中傷がなされたら,人気が低下する,クライアントが離れていく(CMなど広告媒体で使われなくなる)リスクがあります。 誹謗中傷を放置すればこれらのリスクが顕在化してくることになります。 誹謗中傷問題は,弁護士に相談するのが間違いありません。



HIKAKIN (ヒカキンからのリダイレクト)
HIKAKIN(ヒカキン、1989年〈平成元年〉4月21日 - )は、日本の男性YouTuber、ヒューマンビートボクサー。UUUMファウンダー、最高顧問。血液型はO型。 1989年4月21日、新潟県中頸城郡妙高高原町(現・新潟県妙高市)で次男として生まれる。兄(長男)は同じくYouTuberのSE
46キロバイト (5,571 語) - 2021年2月3日 (水) 05:10



(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


無茶振りが突然来そうです。ヒカキンさん、エアロスミスライブにステージでパフォーマンスした時より緊張でしょうか。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/09(火) 23:02:43.50

2/9(火) 22:57
スポニチアネックス

ヒカキン“明石家さんま恐怖症”の理由語る「その瞬間に『もうダメかもしれない…』って」
ユーチューバーのHIKAKIN
 人気ユーチューバーのHIKAKIN(ヒカキン、31)が9日放送の日本テレビ「踊る!さんま御殿!!」(火曜後7・56)に出演。MCの明石家さんま(65)へ極度の緊張感を持ってしまう理由について、語る場面があった。

 HIKAKINは「元々緊張しいで、人前で話すのは苦手だったんです。YouTubeはカメラに向かって話すだけなので、大丈夫なんですよ。なんとか克服して、テレビの仕事もだいぶ緊張しなくなってきたんです。でも唯一、さんまさんと会うときだけは極度の緊張がやってくるんですよ…」と本音を漏らしてしまう。

 さんまから「(緊張)したことないやないか!」とツッコまれると「ここで座る時は大丈夫なんですけど、さんまさんがスタッフを10人くらい引き連れて入ってくるのを見ると『あぁ…』ってなっちゃうんです。その瞬間に『ダメかもしれない…』って」とその理由を語る。

 さんまが「ディレクターやプロデューサーや!でも、HIKAKINとも番組で絡んでからかなり経つよ」と答えると、HIKAKINは「そうなんですけど、話をフッと振る速度が他の司会者と全然ちがうんですよね。しまいにはタクシーの『ポケトーク』の広告でさんまさんが出てくるときに『あっ…あっ…』って思うんです」と、日常生活に支障が出ていることを明かした。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3f1c1098525b784092ea4f3d6f7f75aefedfac82


【YouTuber【ヒカキン】“明石家さんま恐怖症”の理由語る「極度に緊張する」】の続きを読む

このページのトップヘ