エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ブログ歴浅い新参者ですが、どうぞ温かく見守っていただけたら嬉しいです♫ ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!

アーティスト


【発売日と詳細発表】藤井風、日本武道館ワンマンBlu-ray


藤井 (ふじい かぜ、1997年6月14日 - )は、日本のシンガーソングライター。身長181cm、右利き、血液型はB型。 岡山県浅口郡里庄町出身。幼少期よりジャズ・クラシック・ポップス・歌謡曲・演歌など、あらゆる音楽を聴いて育ちミュージシャンを志す。 父の「これからはYouTubeの時代」という
19キロバイト (1,694 語) - 2021年3月10日 (水) 09:59


Blu-rayだけ⁈

【元記事を音楽ナタリーで読む】


藤井風
ライブBlu-ray「Fujii Kaze “NAN-NAN SHOW 2020" HELP EVER HURT NEVER」が4月21日リリースされることが決定し、その詳細が発表された。

【大きな画像をもっと見る】



この映像作品には昨年10月に東京・日本武道館で開催されたワンマンライブ「Fujii Kaze "NAN-NAN SHOW 2020 " HELPEVER HURT NEVER」の模様に加えて、本公演が開催されるまでを追ったドキュメントムービー「RUNNING FOR BUDOKAN」を収録。また当日の現場の空気感を“ライブ”と“ドキュメント”の2つに分けて収めたフォトブックと、B4サイズポスターが付属する。


藤井風「Fujii Kaze "NAN-NAN SHOW 2020" HELP EVER HURT NEVER」収録曲



Introduction
アダルトちびまる子さん
・Close To You
・Just the Two of Us
丸の内サディスティック
・特にない
・風よ
何なんw
・もうええわ
優しさ
キリがないから
・罪の香り
・調子のっちゃって
・死ぬのがいいわ
・へでもねーよ
・青春病
さよならべいべ
・帰ろう

<特典映像>
ドキュメントムービー「RUNNING FOR BUDOKAN」

藤井風「Fujii Kaze "NAN-NAN SHOW 2020" HELP EVER HURT NEVER」ジャケット


(出典 news.nicovideo.jp)

【【発売日と詳細発表】藤井風、日本武道館ワンマンBlu-ray】の続きを読む


【そちらにも注目】お肌もちもち!『YOA SOBI 』ボーカルいくらちゃんの可愛さにコメント欄が大荒れ


YOASOBI(ヨアソビ)は、ボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガーソングライターのikura(幾田りら)による2人組の音楽ユニット。 ソニーミュージックが運営する小説&イラスト投稿サイト「monogatary.com」に投稿された小説を音楽にするプロジェクトから誕生。
28キロバイト (2,909 語) - 2021年2月28日 (日) 05:24


すごいところ見てるんですね!

(C)Dean Drobot / Shutterstock 

男女2人組音楽デュオ『YOASOBI』が、歌の一発撮りYouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』に登場。ドヤ顔で持ち歌を披露したが、コメント欄には歌とは無関係な声も寄せられた。

【関連】『ドッキリGP』May J.への暴力ドッキリにファン怒り「絶対に許さない」 ほか


披露されたのは、ストリーミングサービスでの再生回数が1億回を突破した話題曲『群青』。演奏のAyaseにバンドメンバー4人が加わった他、ボーカルikuraが掛け持ちするユニット『ぷらそにか』のメンバー9人も合唱パートで参加する大所帯となった。

同動画が投稿されたのは2月26日。収録の模様には密着カメラが入っていたようで、翌々日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、一発撮りの裏側が独占取材で明かされた。番組のインタビューに対し、ikuraは「緊張して震えた」と回顧。MCの和田アキ子も、ミスの許されない緊張感に「見てるこちらが緊張する」とアーティストとして共感する。


全国放送で取り上げられたこともあり、再生数や〝いいね〟といった反響はさらに上昇。公開1週間で、再生回数は1000万回を突破。コメントも2万を超える大盛況になっている状態だ。

お肌もちもち!『YOASOBI』ボーカルの可愛さにコメント欄が大荒れ

「YOASOBI」ikuraちゃんのほっぺがぷにぷにすぎ

コメント欄に並ぶのは、主にそのパフォーマンス力への称賛。しかし、他に目立つのは、ボーカルikuraのルックスを褒め称える声だ。


iku
raは弱冠20歳。すべすべとした肌ツヤは艶かしく、接写で映ると眼を見張るものがある。どうやら、このもちもちとした美肌に、視聴者は心を奪われてしまったようだ。コメント欄を見ると、

《いくらちゃんかわいい
《4Kで見ても毛穴がみえない世界》
ikuraちゃんがどんどん垢抜けていって 嬉しいような遠くに行っちゃうような》
《とても尊い。素敵なお嬢さんだ》
《女性の方だからメイクしてるだろうけど、それでもこの高画質で毛穴が見えないのがすごい
《4Kであのアップで見えないのマジで怖いんだが》

などの声が見られている。

ただ本人とすれば、世界に通用する実力派アーティストとして売っているだけに、ルックスが注目されアイドル視されるのは本意ではないだろう。

【画像】

Dean Drobot / Shutterstock



(出典 news.nicovideo.jp)

【【そちらにも注目】お肌もちもち!『YOA SOBI 』ボーカルいくらちゃんの可愛さにコメント欄が大荒れ】の続きを読む


【アーティスト】52歳・hydeが“ドすっぴん”披露!「残念だよ…」と嘆くもファンは称賛♡


歌っているお姿がかっこいいですから〜。体型維持するのは素晴らしいと思う。

(C)Syda Productions / Shutterstock 

2月28日に『L’Arc~en~Ciel』のhydeが、『黒夢』の清春とともにインスタライブを行った。hydeが晒した〝ドすっぴん〟がネット上で話題となっている。

【関連】aikoの好きなタイプは星野源!?『しゃべくり』での告白に「ベストカップル」 ほか


2人はインディーズからの付き合いで、知り合ってから30年ほど経過している。普段はメークを決めてステージに立っている2人だが、この日のインスタライブでは、お互いにすっぴんと思われる姿で登場。サングラスなどで顔を隠すこともなく、正真正銘のすっぴんであった。

2人はお互いのエピソードや、共に敬愛するバンド『D’ERLANGER』のカバーアルバムに参加したことを振り返るなど、仲睦まじい様子でトークを進めていく。酒に酔ったhydeが暴走しそうになるところを、下戸の清春が慌てて止めに入るなどハプニングも盛りだくさん。あまりにもベロベロのhydeを見て、清春が

「もし生まれ変わったら(hydeの)マネージャーをやってあげるよ」と言うほどだった。

そして後半には、清春が「hydeくんは年をくってもカッコイイね」とその容姿を褒めたたえる。hyde

「そうかな? いや、ほんと、残念だよ」と声を張りながら自分の顔を覆っていた。

52歳・hydeが“ドすっぴん”披露!「残念だよ…」と嘆くも称賛殺到

今後はローリング・ストーンズみたいに…

一方ネット上ではhydeすっぴん姿に

HYDEさんってスッピンだとだいぶ老けて見えるけど、それにしたって若いわ~》
《え? hydeさんすっぴん?? お美しい…》
《ほとんどすっぴんなのに、どんな角度から撮られてもどんなに酔っ払っても眠たくなってもずっと顔レベル変わらないHYDEすごすぎる》
すっぴんhydeの肌のキレイさにも目を奪われた》
《歳とっててもかっこいいのええな》

といった感嘆の声が寄せられている。

hydeは今や52歳。最近では『カッコ悪いと思ったからタバコをやめた』『ローリング・ストーンズみたいに、ジジイになってもスラっとしてる方がカッコイイ』と考え、体調管理をしているようです」(芸能記者)

ステージに立ち続けている限り、hydeが衰えることはないようだ。

【画像】

Syda Productions / Shutterstock



(出典 news.nicovideo.jp)

【【アーティスト】52歳・hydeが“ドすっぴん”披露!「残念だよ…」と嘆くもファンは称賛♡】の続きを読む


【音楽】竹内まりやの37年前のヒット曲「プラスティック・ラブ」が、あの“カルバンクライン”の全世界向けWEBCMに抜擢!


07.07特別編「竹内まりあさん」])。 ^ 姉が2人、兄が1人(5代目当主の信夫)、弟が1人、末っ子の妹が1人。まりやは第4子。 ^ 竹内まりやの本項における一人称は、保護者がいる年齢では「まりや」を、親族の話題でも「まりや」を用いることとする。それ以外は「竹内」を用いる。 ^
133キロバイト (13,724 語) - 2021年1月30日 (土) 16:01


大好きな曲。

竹内まりやの37年前の楽曲に、今再び注目が集まるその理由とは!?

【動画】「プラスティック・ラブ」が全編で流れる、カルバンクラインの全世界向けWEBCM

竹内まりやの「プラスティック・ラブ」に今、再び脚光が集まっている。
プラスティック・ラブ」は、1984年発売のMOONレーベル移籍第1弾アルバムVariety』に収録された、竹内作品の中でも特別な人気を誇る楽曲だが、37年の時を超え、世界でも有数のブランド、カルバンクラインの全世界向けのWEB CMに同曲が起用されたことが本日分かった。

プラスティック・ラブ」は、近年の世界的なシティポップフューチャーファンクシーンでの80年代ジャパニーズシティポップの再評価により、そのムーブメントの代表曲として海外を中心に人気が爆発。数年前から、YouTube非公式にあげられた動画は驚異的な再生回数を誇り、なんどか削除されたあとも再投稿され、現在も5,000万回以上の再生数を突破し、コメント欄のほぼすべてが海外リスナーからの書き込みとなっているのも、この楽曲の海外人気の高さを物語っている。

今回、カルバンクラインの全世界でのWEB CMに起用されたのも、この海外での人気の高さと無関係ではないだろう。

このWEB CMにはオーストラリア出身の俳優であるジェイコブ・エロルディが出演。

なお、2019年には時代に合わせた、楽曲のあらたな解釈として、あらたプロモーションビデオが作成されており、昨年11月に発売された、キャリア初の映像商品『souvenir the movieMARIYA TAKEUCHI Theater Live〜 (Special Edition)』にも、そのフルサイズ映像が収録されている。



リリース情報
2020.11.18 ON SALE
Blu-rayDVDsouvenir the movieMARIYA TAKEUCHI Theater Live~(Special Edition)』

Calvin Klein オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/c/calvinklein

竹内まりや OFFICIAL WEBSITE
https://www.mariyat.co.jp/
(M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! Press


(出典 news.nicovideo.jp)

【【音楽】竹内まりやの37年前のヒット曲「プラスティック・ラブ」が、あの“カルバンクライン”の全世界向けWEBCMに抜擢!】の続きを読む


【おめでとうございます】米津玄師が『第71回芸術選奨』文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)を受賞 !


米津 玄師(よねづ けんし、Kenshi Yonezu、1991年〈平成3年〉3月10日 - )は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサーである。徳島県出身。本名同じ。所属レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のSME Records。身長188cm。血液型はO型。
95キロバイト (10,747 語) - 2021年3月1日 (月) 09:48


米津玄師さん、おめでとうございます!ますますのご活躍を楽しみにしています!

米津玄師が『第71回芸術選奨』文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)を受賞したことがわかった。

芸術選奨』文部科学大臣新人賞は、文化庁が毎年度、芸術各分野において優れた業績を挙げ、新生面を開いた人物に対して贈る賞。大衆芸能部門で平成生まれのアーティストが新人賞を受賞するのは初となる。

文化庁は贈呈理由として「米津玄師氏は2018年に発表され、ロング・ヒットとなった『Lemon』でその存在を広く知られ、Foorinへの提供曲『パプリカ』のヒットにより幅広いファンの支持を得た。ヒップホップ的なセンス、歌謡曲的な要素を継承したメロディーエレクトロニクスとアコースティックを融合させた斬新で充実した完成度の高い音楽性が評価され、アルバムSTRAY SHEEP』では新型コロナウイルス禍による混沌(こんとん)とした社会状況を反映した新曲も収録。沈静化したポップス界の再活性化を促す端緒となった」と述べている。

米津玄師


(出典 news.nicovideo.jp)

【【おめでとうございます】米津玄師が『第71回芸術選奨』文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)を受賞 !】の続きを読む


「藤井風」が出演した「報ステ」特集公開 卒業生たちへ贈る「旅路」パフォーマンス映像も ★視聴者の反響♡


MUSIC~藤井風×Yaffle~』10月4日(日)22:00~22:54オンエア!|J-WAVE(81.3FM)のプレスリリース ^ 藤井 初のオリジナル楽曲「何なんw」が本日より配信開始、東京、大阪Zeppワンマンライブも決定 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス ^ “藤井風
17キロバイト (1,449 語) - 2021年3月2日 (火) 04:49


歌う時と話す時のギャップが・・お話する時身体クネクネ癖があるのですね、全てが良きです〜。トリコになる人続出かな。変にメディアに染まらずそのままの風さんのままでいてくださいね。柔らかい歌声に癒されました。✨

【元記事を音楽ナタリーで読む】

昨日3月1日テレビ朝日系で放送されたニュース番組「報道ステーション」の藤井風特集の映像が、テレビ朝日系列のニュースを紹介するYouTubeチャンネルANNnewsCHにて公開された。

【大きな画像をもっと見る】


報ステ」の特集で藤井は母校の岡山県立岡山城東高校を訪問し、恩師である音楽学類の主任・森野啓司氏と再会。合唱部の伴奏者としてピアノ専攻の藤井を全国へ連れ出してくれた森野氏と思い出話に花を咲かせた。


母校の卒業式で後輩たちに歌を贈ろうとしていたという藤井。しかしコロナ禍により式の内容が縮小となりそれは叶わなかった。これを受けてこの春卒業するすべての人たちへ歌を届けるべく、今回初のテレビ生出演を果たした。最新曲「旅路」のパフォーマンスとともに、藤井のルーツをたどる映像をチェックしてみよう。



「旅路」はテレビ朝日系で放送中のドラマ「にじいろカルテ」の主題歌として藤井が書き下ろした楽曲。各種音楽配信サイトにて、昨日3月1日より配信されている。

藤井風「旅路」配信ジャケット


(出典 news.nicovideo.jp)


【「藤井風」が出演した「報ステ」特集公開 卒業生たちへ贈る「旅路」パフォーマンス映像も ★視聴者の反響♡】の続きを読む

このページのトップヘ