エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ブログ歴浅い新参者ですが、どうぞ温かく見守っていただけたら嬉しいです♫ ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!

お笑い芸人


明石家さんま語る「恋のから騒ぎ、たぶん今アカン」時代に沿ったバラエティ番組を考えさせられる


から」または「から騒ぎ」。 番組タイトルはシェイクスピア『空騒ぎ』(Much Ado About Nothing)に因む。文字多重放送、ハイビジョン制作であった。 1994年4月16日に放送を開始。 オーディションにより素人女性たちを集め、その女性が経験した恋愛をテーマに司会
45キロバイト (5,003 語) - 2021年1月17日 (日) 11:45



(出典 grapee.jp)


コンプラ問題云々ありますね。説教部屋大好きだったな〜。毎週見ていました。

タレント・明石家さんま(65歳)が、2月6日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)に出演。東京五輪パラリンピック大会組織委員会・森喜朗会長の女性蔑視発言について触れ、「『恋のから騒ぎ』もたぶん、今アカン」と時代の変化について語った。


この日、リスナーから「女性の話は長い」と言った政治家がいたが、さんまは恋愛トーク番組「恋のから騒ぎ」(日本テレビ系1994年2011年)など、数多くの女性が集まった現場で一番長くしゃべっていたというメールが寄せられる。


これにさんまは「ただもう『から騒ぎ』もできないかも分からへんな、このご時世」と時代は変わったとコメント

さんまは「恋のから騒ぎ」について「男の人いつもこうなのよ、女はいつもこうやって言い合いしてた番組で。それで説教部屋があって、気に入らなかったら、ピコピコハンマーで女の頭をピコピコ叩いてた。たぶん、今アカンよな。スポンサーがゴーサインを出してくれたら別やけど、企画自体でダメになってしまうと思うわ」と時代は変わったと話した。


(出典 news.nicovideo.jp)

【明石家さんま語る「恋のから騒ぎ、たぶん今アカン」時代に沿ったバラエティ番組を考えさせられる】の続きを読む


吉本興業退社発表【キングコング西野亮廣】SNS では意に介さず平然プペルツイート 


印象としては大揉めではなかったようですかね・・わかりませんが。
 今後どのように活動されていくのか注目です。

キングコング・西野亮廣

吉本興業は30日、お笑いコンビキングコング」の西野亮廣とのマネジメント契約を同日をもって終了したことを発表した。


■マネジメント契約終了


●公式サイトで「キングコング 西野亮廣 マネジメント契約終了のご報告」と題して「当社所属キングコング西野亮廣(にしの・あきひろ)について、双方合意の上、2021年1月30日付をもってマネジメント契約を終了しましたのでご報告します」と伝えた。

西野は、自身が原作・製作総指揮を務めたアニメ映画えんとつ町のプペル』の宣伝をめぐり、会社へ不満を述べていた。


●関連記事:おぎやはぎ、西野亮廣の吉本退所騒動に理解 「アイツ昔から吉本関係ないじゃん」


■マネジャーの対応に…

●西野は27日に自身のツイッターを更新し、外部スタッフと吉本のマネジャーらとのLINEのやりとりを公開。

映画館えんとつ町のプペル)に一人でもお客さんを呼ぶ為に遅くまで走り回ってくださっている吉本興業外部のスタッフさんに対しての、吉本興業マネージャーの対応に、そこそこキレる西野氏」と説明している通り、そこにはマネジャーのふるまいを一喝している様子が。


■退社示唆

●その後も「連日走り回ってくださっている吉本興業外部のスタッフさんに対しての吉本興業の対応がナメ腐っていたので、会社ごとガン詰めしました しっかりしろ!」と不満を爆発させ、ついには「『今の形を改めないと辞めます』という話をさせていただきました」と退社を示唆。



ただ、高圧的な態度で言ったのではなく「この状態だとお互い得をしないよね」と落ち着いた雰囲気で話し合いを進めたと説明していた。



■西野のツイッターを見ると…

●この投稿からわずか3日後に退社するという急転直下の展開に「スピード展開すぎる」「不穏な空気が流れていてドキドキしていましたが、本当に退社するとは…」とネットは騒然。


一方で、当の本人のツイッターを確認してみると、記事執筆時点では退社したことに触れておらず。『えんとつ町のプペル』に関するつぶやきや映画を視聴したというファンの投稿をリツイートするなど“プペル

ツイート
”であふれ、まるで吉本退社を意に介していないようにもみえる。

今の西野とっては、映画のほうが大事なのかもしれない。

・合わせて読みたい→オリエンタルラジオ、吉本興業を退所 「2人の意向を最大限尊重」

(文/しらべぇ編集部・RT

キンコン西野、吉本興業退社を発表 SNSでは平然と“プペルツイート”


(出典 news.nicovideo.jp)

【吉本興業退社発表【キングコング西野亮廣】SNS では意に介さず平然プペルツイート 】の続きを読む


51才に見えない!「かつみさゆり」さゆりが考えた年をとりにくい?食事の方法とは★


かつみさゆりは、太平かつみ(個人としての表記はかつみ♥)と尾崎小百合(同♥さゆり)による日本の夫婦漫才コンビ。所属事務所は吉本興業東京本社。愛称「かつさゆ」。漫才の他、テレビ番組のレポーターなども多く務める。また、かつみの多額の借金に関する様々なエピソードを持ちネタにすることでも知られている。 太平かつみ(たいへい
21キロバイト (2,828 語) - 2021年1月18日 (月) 13:19



(出典 i.daily.jp)


動画見たらめちゃくちゃテンション高くてウケました!かわいい方ですね。

 夫婦漫才コンビ「かつみ・さゆり」。妻のさゆりは現在51歳とは思えぬ美しさと若々しさを保っており、YouTubeチャンネル「かつさゆのボヨヨンチャンネル」で、深い胸の渓谷やスレンダーな美脚を披露しならがのピアノ演奏動画をたびたび投稿しており、コメント欄には「スキンケア以外に何かしてるはずだ!って思っちゃうよね笑」「若すぎる。めちゃくちゃ可愛い」といった視聴者の書き込みに溢れていた。

 これに応える形で、1月15日に〈【美容ヨ~ン】さゆり51歳 これをやったら若さが保てた!!〉【食べ方編】〉とタイトルして投稿、さゆりが若い頃から続けてきたという美しさと若さを保つ食習慣について語った。

 投稿を見てみると、白い肩とワキまで披露するコスチュームで登場しさゆり。「たまたまやってきたことが、今の結果に繋がりました。何を食べるかではなく、どう食べるか?」と番組をスタートさせ、その方法を「お腹がグ~と減ってから食べる」とした。絶食すれば身体は爪や髪の毛を伸ばすことをやめて少しでも長く生きようとする…つまり成長(老化)することをやめるのだと持論を展開。夫・かつみとの同棲をハタチで始めたさゆりだが、当時かつみは1億7000万円の借金を抱えており、食べ物もろくに口にできなかったからついた食習慣だと、笑いを交えて語ったのだった。

「冗談抜きで 不老の薬飲んでるん?ってくらい いつ見てもピチピチでビックリする」といった視聴者コメントも見受けられたが、かつて、初の中国統一を成し遂げた秦の始皇帝が「不老不死の秘薬」を求めたのは有名な話。生物である以上、死を避けることは出来ないが、さゆりの例からも「不老」は贅沢を慎み、粗食を重んじることが大切だと深く思い知らされた。

ユーチューブライター・所ひで)

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)

【51才に見えない!「かつみさゆり」さゆりが考えた年をとりにくい?食事の方法とは★】の続きを読む


中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - )は、日本のYouTuber、お笑いタレント、歌手、実業家。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。2021年3月中旬シンガポール移住予定。
31キロバイト (4,086 語) - 2021年1月15日 (金) 09:45



(出典 assets.media-platform.com)


できる経済力と、家族の理解があるのならば実行していけばいいのでは。

1 muffin ★ :2021/01/17(日) 16:33:38.56 ID:CAP_USER9.net

https://www.rbbtoday.com/article/2021/01/17/185537.html

 オリエンタルラジオの中田敦彦が17日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演し、3月にシンガポールに移住することになった経緯を告白した。

 昨年12月、所属していた吉本興業を相方の藤森慎吾とともに退所し、現在はYouTuberとして週2回仕事をするだけという中田。以前は東京で芸能活動を続ける以上、東京から出られないと思っていたものの、「動画はどこでも撮れる。そう思った瞬間に、コロナでリモートワークが当たり前になった」と、YouTuberへの転身で海外移住の夢が実現可能になったことを明かした。

 移住先に決めたシンガポールの魅力については「国土も狭いし資源もない中で、経済とか教育に力を入れて、のぼっていった」と説明。「日本でも明治時代などは外に出て勉強して帰った。僕も外に出て勉強しなきゃと考えた」と語った。また、「日本が怖いというのもある。めちゃめちゃ、はみだすのをつぶしますからね」と、日本社会の同調圧力が苦手なことも明かした。

 さらに中田は、シンガポール移住に備えて「子どもに英語と中国語を習わせようと思っている」と語った。


【【芸能】オリラジ中田敦彦、吉本興業卒業後の道「はみ出し者をつぶす日本が怖い」シンガポール移住にで「子どもに英語と中国語を習わせる」 ★】の続きを読む


チュートリアル(TUTORIAL)は、徳井義実と福田充徳による日本のお笑いコンビ。吉本興業東京本社に所属。2006年M-1グランプリ王者。京都府観光大使(2012年11月 - )。略称はチュート。2人とも京都府京都市左京区出身。 徳井 義実(とくい よしみ、 (1975-04-16) 1975年4月16日(45歳)-
53キロバイト (7,745 語) - 2020年12月22日 (火) 14:54



(出典 pbs.twimg.com)


見たかった〜。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/04(月) 23:29:10.06 ID:CAP_USER9.net BE:439362949-PLT(40000)


(出典 img.5ch.net)

1/4(月) 22:59
スポニチアネックス

チュートリアル 2年ぶりにテレビで漫才披露 徳井「1年目の気持ちでやらせてもらってます」
「チュートリアル」の徳井義実
 お笑いコンビ「チュートリアル」が4日放送の日本テレビ新春特番「NETA FESTIVAL JAPAN」(後7・00)に出演、2年ぶりにテレビで漫才を披露した。

 「チュートリアル」は2006年の「M-1グランプリ」王者だが、徳井義実(45)が所得税の申告漏れなどで今年2月まで活動を休止。3月には舞台出演を再開させたものの、テレビでは復帰後初のネタ披露となった。

 「おかえりー!」という掛け声に敬礼で応え「あの徳井です」でスタート。相方福田充徳(45)の、「2020年はコロナで色々大変だでしたからね。皆さんステイホームで我慢することも多かったんじゃないですか?」に「確かにね。僕も我慢していましたね。僕の場合プレステイホームも…」と自身の活動休止をちりばめて進行。

 MCの今田耕司(54)から「どうでした?久しぶりのテレビで漫才…チュートリアルはちょっと狂気の世界観をもっていて…これがやっぱり…M―1の頃思い出しました」と声を掛けられ、徳井は「1年目の気持ちでやらせてもらってます」と笑顔を見せていた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a38032d2fb2cabaa93f0aed8ba72ea4b20e2aedc


【【テレビ】チュートリアル 2年ぶりにTV で漫才披露 徳井「1年目の気持ちでやらせてもらってます」】の続きを読む


明石家 さんま(あかしや さんま、1955年〈昭和30年〉7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。 吉本興業所属。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。番組企画・構成等では本名名義でクレジットされることもある。 和歌山県串本町生まれ、奈良県奈良市出身。
141キロバイト (20,004 語) - 2021年1月1日 (金) 09:03



(出典 static.blogos.com)


時代は変わってます。(^_^;)

【『明石家さんま』「さんまのまんま」で独身イジリネタに視聴者もウンザリ⁈】の続きを読む

このページのトップヘ