エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ブログ歴浅い新参者ですが、どうぞ温かく見守っていただけたら嬉しいです♫ ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!

お笑い芸人


五輪聖火「辞退リレー」に不安広がる中... 藤森慎吾の「出走宣言」に称賛の声 ★


藤森 慎吾(ふじもり しんご、1983年(昭和58年)3月17日 - )は、日本のお笑いタレント、歌手、俳優、司会者、YouTuber。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのツッコミ担当。相方は中田敦彦。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。
36キロバイト (4,321 語) - 2021年2月21日 (日) 07:09


田村淳さんを筆頭から、なんだか辞退しないといけないみたいな流れになってしまっている中の動き、自分の意思をはっきり持つことは大切ですよね。

東京五輪聖火ランナー問題が波紋を広げている。

2021年2月下旬から著名人による聖火リレー辞退者が相次ぎ世間の注目を集めている。2月26日には歌手の五木ひろしさんが、スケジュールの都合により辞退を公表。五木さんは出身地・福井県でランナーを務めることになっていた。

「まだ辞退しないのか」批判を懸念する声も

芸能界ではロンドンブーツ1号2号田村淳さんが2月3日愛知県での聖火リレーについて辞退を公表し、これまでに俳優の斎藤工さん、女優の玉城ティナさん、常盤貴子さん、シンガーソングライター阿部真央さんらが、スケジュールの都合などの理由で聖火ランナーを辞退したことが明らかになっている。

著名人による聖火ランナーの辞退が相次ぐなか、社会学者で作家の古市憲寿氏(36)が2月28日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し自身の見解を述べた。

古市氏は「辞退していない人とか、オリンピックをやりたいというアスリートを批判するようにならないといいと思う。お前有名人なのにまだ辞退しないのかという批判が芸能人にいかないといいなと思う」と語った。

オリラジ藤本「地元長野で聖火ランナーやらせていただきます」

聖火ランナー辞退の動きが不透明な状況にあるなか、お笑いコンビオリエンタルラジオ」の藤森慎吾さんが予定通り聖火ランナーを務めることを自身のツイッター上で公表し、フォロワーらから称賛の声が集まっている。



藤森さんは2月28日に自身のツイッターを更新し、「藤森、地元長野で聖火ランナーやらせていただきます」と宣言し、「五輪のランナーって普通に考えて光栄です。あと、美代子(母)さんと94歳のおばあちゃんが喜んでくれそうなので、走ります!!」と胸の内をつづった。



藤森さんの投稿に対して「明るいニュース嬉しいです」「キャンセルしないでくれてありがとうございます」「辞退される人が多い中凄い決断、藤森さんらしいなぁと思います!」「色々な事情で辞退する方が多い中こうして盛り上げてくれてとても嬉しいです!」など称賛する声が寄せられている。

小倉智昭「僕は死んでも走りたいです」

また、聖火リレーのランナーとして参加する予定となっているキャスター小倉智昭さんは3月1日、改めて参加の意志を公表した。小倉さんは自身がMCを務める1日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演し、聖火ランナーにかける思いを語った。



小倉さんは「今回も走らせてもらえる予定にはなってます。で、聖火のリレーが始まったとしたら僕は死んでも走りたいです」と決意のほどを語り、「なぜかというとアテネで採火した聖なる火を東京五輪の開会式に向けて人の手でつないでくるわけじゃないですか。その一員になるってことはどれだけ幸せなことなのかって僕は自分の経験から思ってるんで。僕は自分から辞退するってことはないですね」と理由について説明した。

聖火リレーで注目を集める藤森慎吾さん


(出典 news.nicovideo.jp)

【五輪聖火「辞退リレー」に不安広がる中... 藤森慎吾の「出走宣言」に称賛の声 ★】の続きを読む


「加藤浩次」過去に初対面のROLANDに暴言「お前みてぇなヤツが…」


加藤 浩次(かとう こうじ、本名:加藤 浩二、1969年4月26日 - )は日本のお笑いタレント、俳優、司会者。お笑いコンビ・極楽とんぼのツッコミ担当。相方は山本圭壱。 北海道小樽市出身。小樽ふれあい観光大使。 吉本興業(東京吉本)とエージェント契約で在籍。所属は個人事務所、加藤世田谷本店株式会社。
53キロバイト (7,797 語) - 2021年2月26日 (金) 05:49


まさかのタイミングで、言われちゃいましたね〜。

加藤浩次・ROLAND

27日放送『人生最高レストラン』(TBS系)にホストの新帝王・ROLANDローランド)が登場。MCの加藤浩次との衝撃の初対面を振り返った。


◼ローランド節全開

ゲストの食にまつわるエピソードやこだわりを聞いていく同番組。「意外に庶民的なもん食ってるんじゃない?」とローランドの食生活を予想していた加藤の前に、ローランドが登場する。

「めっちゃいい匂い、ボディクリーム?」と加藤が尋ねると、ローランドは「さっきジムに行ってきたんで汗の匂いですかね?」とローランド節全開の発言を早速披露、加藤らを笑わせた。


関連記事:『スッキリ』加藤浩次、CM中の愚痴が生公開され… 「これは見せちゃいけない」

◼加藤との初対面

ここから加藤は「僕になんか言いたいことがあるんですよね?」とローランドに質問。ローランドは「覚えてないと思うけど、加藤さんと会うのは2回目」だと告白、飲食店で偶然加藤に出会ったさいのエピソードを披露する。

加藤がサッカー好きと知っていたローランド。会話の糸口として、「小児がん支援に取り組むサッカークロアチア代表ルカ・モドリッチ選手とチャリティー大使を務めた」と加藤に伝えたという。


◼加藤の暴言

ローランドは「『そうなんだ』って(加藤が)話に乗ってくると思った」が、加藤は「お前みてぇなもんがモドリッチに会えるわけないだろ」とブチギレたと明かす。

「そんな言いかたしてました?」と苦笑する加藤に、ローランドは「してました」と断言。モドリッチ選手との2ショット写真も見せたのだが「偽物だろ」と一蹴されたと笑う。

加藤は「たまたまなんかイライラしてたんだろうね」と思い返し、「ごめんね。そういうときはぶん殴ってイイから」と当時の態度を謝罪した。


◼視聴者は満喫

加藤とローランドの驚きの初対面が明かされたこの日。

視聴者は2人の息のあったやり取りを満喫したようで、「加藤浩次さんと話してるROLANDさん面白いわあ」「加藤浩次ROLANDのやり取りがオモロイ」「加藤さん最高」と好意的な意見が殺到している。

・合わせて読みたい→ローランド、「人生ドン底」のファンを救うメッセージが泣ける

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

加藤浩次、初対面のROLANDに暴言 「お前みてぇなヤツが…」


(出典 news.nicovideo.jp)

【「加藤浩次」過去に初対面のROLANDに暴言「お前みてぇなヤツが…」】の続きを読む


【復帰はまだ難しそう】渡部建 豊洲アルバイトが評価されたのになぜ?


渡部 (わたべ けん、1972年〈昭和47年〉9月23日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、YouTuber。お笑いコンビ「アンジャッシュ」のツッコミ担当。相方は児嶋一哉。 東京都八王子市出身。プロダクション人力舎所属。祖父は満州で撫順セメント取締役や南満州鉄道参事を務めた梅本正倫。妻は女優の佐々木希で、1児の父。
27キロバイト (3,201 語) - 2021年2月22日 (月) 14:10


児嶋さんの言葉が支えでしょう。

代替テキスト
20年12月中旬の朝方、犬を散歩させる渡部。

アンジャッシュの渡部建(48)が東京・豊洲市場アルバイトとして働いていることを、一部スポーツ紙が報じた。

不倫騒動で昨年6月から芸能活動自粛中の渡部。記事によると、妻で女優の佐々木希(33)のすすめで渡部は働くことになったという。年明けから働き始めて2カ月ほどだが、魚介類などを取り扱う大手仲卸店で荷物の運搬や整理などの仕事に従事。市場での仕事は深夜0時すぎから翌朝までのハードワーク。残業で帰りが午後になることもあるという。


SNSで目撃情報が拡散したことから報じられてしまったのですが、渡部さんの働き方は現場でも好意的に受け入れられているようです。グルメタレントとして知られ、お店ではなく卸業者にも顔が利いたという渡部さんだけに、自ら頭を下げてアルバイトしているのではないでしょうか」(芸能記者)

昨年12月謝罪会見を行ったが、結果として大炎上した渡部。そのおかげで、収録済みだった日本テレビの特番復帰が白紙となってしまった。


渡部の相方・児嶋一哉(48)は21日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、渡部とのコンビを解散する可能性について「僕から解散するっていう気は一切ないです」と即答。児嶋の言葉は、バイト生活を送る渡部にとっての“心の支え”になりそう。だが、まだまだ芸能界復帰は難しそうだという。

「渡部さんが不倫相手と多目的トイレで性行為に及んでいたことが報じられてしまったことがきっかけとなったのか、今月初めには国土交通省が建築物のバリアフリー設計指針を4年ぶりに改定。利用対象の明確化を求めるべく、多目的トイレという名称を変更すると明かしたのです。


3月にも新名称を公表する見込みだといいますが、名前が変われば渡部さんの件が蒸し返されることになるはず。そのため、テレビ各局から『今はまだ起用しづらい』との声も聞こえてきます。復帰は、早くても今年の夏以降になるのではないでしょうか」(ワイドショー関係者)



(出典 news.nicovideo.jp)

【【復帰はまだ難しそう】渡部建 豊洲アルバイトが評価されたのになぜ?】の続きを読む


りんたろー。(1986年3月6日 - )は日本のお笑い芸人。お笑いコンビEXITのツッコミ担当、立ち位置は向かって左。本名は中島 臨太朗(なかじま りんたろう)。相方は兼近 大樹。 静岡県浜松市浜北区出身[要出典]。身長180cm、体重85kg、血液型A型。吉本興業東京本社所属。
9キロバイト (929 語) - 2021年2月16日 (火) 14:33



(出典 portal.st-img.jp)


いつも思うのだけど、この反響の声はファンならではなんですね。褒めすぎではないかと
思うことがたまに・・(^_^;) 

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/16(火) 23:41:08.92 ID:CAP_USER9.net

2/16(火) 20:20配信
スポーツ報知

「EXIT」りんたろー。

 お笑いコンビ「EXIT」りんたろー。(34)が13日、吉本興業の公式インスタグラムに登場。2008年の姿が公開された。

 少し笑みを浮かべたような表情で授業を聞く、りんたろー。の横顔の写真を掲載。「【河村正和写真館】あの時、キミは若かった 2008年9月頃 真面目に受講するNSCの生徒…これが、後の EXITりんたろー。である!photo by 河村正和」などとつづり、「#13年前のりんたろー #EXIT #りんたろー」などのハッシュタグを付けた。

 この投稿にフォロワーからは「もうびっくり!りんたろーさんが若い ガン見しちゃいました」「初々しい 貴重な写真ありがとうございます」「今も昔もカッコイイりんたろーさん素敵です」「この頃からチャラ~い笑笑」「爽やかでいい感じ」「てか、こりゃモテますわ」「イケメン」などの声が寄せられた。


(出典 scontent-lax3-1.cdninstagram.com)
?_nc_ht=scontent-lax3-1.cdninstagram.com&_nc_cat=1&_nc_ohc=P1EFKzguyc0AX8AUW-W&tp=1&oh=e2eb86181d92b212e5481aa5e60f69a1&oe=6053BC8C
https://news.yahoo.co.jp/articles/13a30ae38ffa3300c0072da6e86fde97efefcffa


【【反響】EXITりんたろー。の13年前の姿 に「こりゃモテますわ」】の続きを読む


音声SNS『クラブハウス』の落とし穴を指摘! 人気芸人バービーの決断に賛同の意見も


Clubhouse(クラブハウス)とは、Alpha Exploration Co.が開発している2020年開始の招待制音声チャットソーシャルネットワークアプリケーションである。利用するには、18歳以上で、本名を使用する必要がある。 Clubhouseを開発したのは、元グーグル社員のポール・ダヴィソ
14キロバイト (1,618 語) - 2021年2月9日 (火) 04:16



(出典 news.mynavi.jp)


バービーさん冷静でいいですね。流行りものにすぐ右にならえになりがちですが、バービーさんのように疑問を持つことも大切だと思います。

(C)Marcos Mesa Sam Wordley / Shutterstock 


何の前触れもなく、1月末ごろから突如として広まり始めた音声型SNSClubhouseクラブハウス)』。各芸能人もダボハゼのように食い付いては称賛するこのサービスに、異議を唱える芸人が称賛を浴びている。

【関連】きゃりーぱみゅぱみゅ“炎上”を振り返るもツッコミ殺到「そりゃ炎上するやろ」 ほか

発言の主は、社会派なコメントがたびたび話題を浴びる、男女お笑いコンビフォーリンラブ』のバービー。彼女は2月6日放送の『週末ノオト』(TBSラジオ)に出演し、「Clubhouse」を利用開始するも、

 「1週間足らずでやめちゃった」とすぐに辞めたことを明かした。

理由については、同サービスにはテーマごとにトークルームが設けられているため、自分が参加したテーマにより、「『若い子たちの情報が入って来ないんじゃないか?』とか、自分と反対の意見を受け入れないくらい、頭が凝り固まってしまうのではという恐怖がある」と閉鎖性から偏りが出ることを懸念したという。



また、先日の発言が世界的に炎上した森喜朗元首相も追い打ちだったようで、「『私はああはなりたくない』と思った」「知らぬ間に自分の思考が凝り固まっていて、自分がいるポジションに気づけなくなったら嫌だなというのは、危険性として感じました」と、自身の考えが凝り固まることを徹底して恐れたという。

音声SNS『クラブハウス』の危険性を指摘! 人気芸能人の決断に「冷静で賢明」

●Clubhouseを批判するバービーに驚きと称賛

しかし、現在同サービスはユーザー急拡大の〝流行り物〟として、各メディアでも好意的に取り上げられている真っ最中。そんな中、流行に一役買っている芸能人が冷水を差すような発言をするのは、勇気がいることだと推察されるだろう。こうした背景からか、ネット上には


《やたらマスコミや芸能人が推してるけど怪しすぎて手を出したくない》
《流行モノに流されず冷静で賢明》
《巷に溢れる情報を鵜呑みにせず、自分の目で見極める力が大事だと改めて考えさせられました》
ブームの中、こういう冷静な意見が言えるのは凄い》
《これは驚いた! 流行り好きな人種がこぞって群がり、キモい上げ記事が当分続くな思ってたのに こんなに早く冷静な人が現れるとは》


といった声が殺到。バービーの発言は好意的に受け止められたようだ。

「絶賛されているClubhouseですが、電話番号との同期を始め、実は個人情報に関する危険性がポロポロとあらわになっている最中。メディアは安易に流行に乗らず、こうした負の面もきちんと知らせるべきでしょう。まぁ、これは中国製Tiktok韓国製LINEアメリカ製のツイッターも同じこと。AppleAmazonGoogleといった企業もユーザーの個人情報を収集・管理していますし、結局は便利さや楽しさには勝てないんでしょうね」(ITジャーナリスト


一時期「第2のツイッター」と持て囃された「Mastodonマストドン)」は、今や見る影もな状態となっている。Clubhouseも一過性に終わってしまうのか、ツイッターインスタグラムTiktokと並ぶ覇権SNSになるのだろうか…。

【画像】

Marcos Mesa Sam Wordley / Shutterstock



(出典 news.nicovideo.jp)

【音声SNS『クラブハウス』の落とし穴を指摘! 人気芸人バービーの決断に賛同の意見も】の続きを読む


「サンジャポにて」爆問・太田光、渦中の森喜朗会長とのエピソード明かす「ユーモアのかけらもない」


太田 (おおた ひかり、1965年〈昭和40年〉5月13日 - )は日本のお笑いタレント、司会者、漫才師、作詞家、文筆家。 田中裕二との漫才コンビ・爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県上福岡市(現・ふじみ野市)出身。タイタン所属。 1965年5月13日、埼玉県上福岡市に生まれる。父親の三郎
67キロバイト (9,215 語) - 2021年1月24日 (日) 02:03


たまたま見ていました。失言続きの人が、他者の失言には敏感なのですね・・森さんは総理時代から失言続きで今に始まったことではないですが、カテゴリわけでしか物事を判断できない人・・ピントはずっと外れたまま変わりません。

太田光・森喜朗

7日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、MCを務める爆笑問題太田光が、女性蔑視発言で渦中の人となっている、東京五輪パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長とのエピソードを披露した。


■浅田真央に対しても失言


今月3日に行われた日本オリンピック委員会・臨時評議会で、森会長は「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります。女性というのは競争意識が強い。誰か一人が手を挙げて言われると、自分も言わなきゃと思うんでしょうね」と発言。

本件について番組で取り上げた太田は、開口一番「『森さんって大事なところでなんでコケちゃうんだろうね』っていま浅田真央ちゃんは思っているんだろうね」と、2014年2月に、ソチ五輪のフィギュアスケート女子ショートプログラム浅田真央さんが転倒した際の森会長による失言に触れる。


関連記事:薬丸裕英、森会長の謝罪会見に呆れ 「なんのためにやったんですかね…」


■紗理奈激高


そんな森会長に、ゲストの鈴木紗理奈は「もうめちゃめちゃ不快ですね。どうしてこういう考え方の人が会長できるのか。選んで支持している人にも疑問です」と激高する。

すると太田は「空気読めなくて失言する奴の気が知れないよね」と他人事のように発言すると、鈴木から「太田さんも気をつけて」と鋭い突っ込みが。


■ゆうもあ大賞会長を務めていた森会長

太田は2007年に自身が受賞した「ゆうもあ大賞」で森会長と同席したことに触れると「森さんは以前、ゆうもあ大賞の会長を務めていたんです」と発言。

授賞式の際、太田は森会長の目の前で「森さんと俺は、失言が多いことが共通点です」とスピーチすると、森会長が「How are you?」と発言しなければいけないところを「Who are you?」と言ってしまったというエピソードが大好きだと告げたという。


■「ユーモアのかけらもないよね」

ゆうもあ大賞の場、太田はユーモアたっぷりにスピーチしたつもりだったが、それを聞いた森会長は途中で怒って帰ってしまったそうだ。

太田は「そのままゆうもあ大賞の会長も辞任しちゃったんだよね。ユーモアのかけらもないよね」とバッサリ。太田の発言に鈴木らも大笑いしていた。

・合わせて読みたい→森喜朗会長の失言に海外から猛反発 専門家は「会議で多弁なのはむしろ男性」

(文/しらべぇ編集部・津曲京介

爆問・太田光、渦中の森喜朗会長との過去エピソード披露 「ユーモアのかけらもない」


(出典 news.nicovideo.jp)

【「サンジャポにて」爆問・太田光、渦中の森喜朗会長とのエピソード明かす「ユーモアのかけらもない」】の続きを読む

このページのトップヘ