エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ブログ歴浅い新参者ですが、どうぞ温かく見守っていただけたら嬉しいです♫ ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!

お笑い芸人


【OL時代で到達?】 大久保佳代子、ネットをザワつかせた明言「貯金1億円」の真相


大久保 佳代子(おおくぼ かよこ、1971年〈昭和46年〉5月12日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、司会者。お笑いコンビ「オアシズ」のメンバー。相方は光浦靖子。愛知県田原市出身。プロダクション人力舎所属。 愛知県渥美郡田原町(現・田原市)出身。田原町立田原中部小学校、田原町立田原中学校、愛
27キロバイト (3,330 語) - 2021年7月7日 (水) 01:14


誰かを養えますね〜?素晴らしい。

 7月3日に放送された「おかべろ」(関西テレビ)に、オアシズの大久保佳代子がゲスト出演。自身の“貯金額”を明かし、ネットをザワつかせた。

 私生活でお金を使わないという大久保は、現在住んでいるという賃貸マンションについて「おかずクラブガンバレルーヤの方が家賃は上」とした。しかしレギュラー出演するNON STYLEの石田明から、かねてよりウワサとなっていた“貯金1億円説”を問われると「下世話な感じが本当に嫌なんですけど…」としながら、「あります! ありますもん」とあっさり認めたのだ。しかし一方で、50歳になったいま、「気づいたら貯まっていた」というそのお金について、「使っていかないと人生の意味が分からない」と、使い道に悩んでいることも明かしている。「大久保はかつてOLと芸人の二足のワラジ状態で、OLの方が勤続20年になった39歳、2010年の秋から芸人1本にしぼり活動を始めました。実は彼女の貯金1億円説は、14年に関西ローカルの番組で自ら明かしたことで、つまりはOL時代ですでに相当な貯金額だったということ。また同年には舞台の制作発表会見で“月収1000万円超”を聞かれたところ、これについては否定。『リーズナブルでやらせてもらっている、安い女ですよ』などとして笑いを誘っています。オアシズが所属する人力舎の給料は芸人の取り分が多いことで有名だけに、コツコツ多くの番組に出て稼いできたということでしょう」(芸能ライター

 大久保の“貯金1億円”にネット上は《俺と結婚して欲しい!》《専業主夫になります》《使い道を一緒に考えたい》などといった声も。最近はやたらと《美人になった》と評判の彼女だけに、本気になればすぐにオトコが見つかるかも?

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

【【OL時代で到達?】 大久保佳代子、ネットをザワつかせた明言「貯金1億円」の真相】の続きを読む


〜 吉岡里帆〜明石家さんまの印象を語る内容がこちら🤣


吉岡 里帆(よしおか りほ、1993年1月15日 - )は、日本の女優、グラビアアイドル。 京都市右京区出身。エー・チーム所属。 京都の太秦に生まれ、映像会社を経営するカメラマンの父や母・祖母の影響を受けて、幼少時より映画や演劇、歌舞伎、能、日本舞踊、落語などさまざまな芸術文化に親しみながら育つ。
91キロバイト (12,334 語) - 2021年6月17日 (木) 00:13


さんまさんはオンオフ同じテンション?

 お笑い芸人明石家さんま(66)が企画・プロデュースしたアニメ映画『漁港の肉子ちゃん』のトークイベントが7日、都内で行われ、女優の大竹しのぶ(63)、吉岡里帆(28)が出席した。

【映像】アニメ映画『漁港の肉子ちゃん』予告映像

 この映画は、漁港の船に住む訳あり親子・肉子ちゃんとキクコの秘密を巡り繰り広げられるハートフルコメディー主人公・肉子ちゃん役を大竹しのぶ、娘・キクコ役をCocomi(20)が務め、人気声優の花江夏樹(30)や下野紘(41)、マツコ・デラックス(48)らが声優出演することでも話題を集めている。

 さんまから同映画のオファーがあった際「絶対にウソだと思った」と話す吉岡。肉子ちゃんの親友・みうのアフレコ中、ずっと立ち会っていたというさんまの印象を明かした。

 吉岡が「(さんまが)たくさんお話してくださった。マイクが通っていなくても喋るさんまさんが印象的でした」と話すと、それを聞いた大竹が「うるさいってことですよね」とツッコミ、笑いを誘っていた。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)
 
「マイクが通ってなくても喋る」 吉岡里帆、明石家さんまの印象明かす


(出典 news.nicovideo.jp)

【〜 吉岡里帆〜明石家さんまの印象を語る内容がこちら🤣】の続きを読む


〜アンジャッシュ児嶋〜好感度がアップした「渡部と真逆」な人間性とは?


児嶋 一哉(こじま かずや、1972年〈昭和47年〉7月16日 - )は、日本の男性お笑いタレント、俳優、プロ雀士(日本プロ麻雀協会所属)、司会者、YouTuber。 東京都八王子市出身。東京都立日野高校卒業。プロダクション人力舎所属。 お笑いコンビ・アンジャッシュのリーダー・ボケ(キレ芸のときはツッコミ)担当。相方は渡部建。
43キロバイト (5,638 語) - 2021年7月3日 (土) 13:48


シンプルに一言。人柄や内面は目に現れますね。渡部さんは、何か受け付けなかった。

 お笑いコンビアンジャッシュ児嶋一哉7月5日放送の「しゃべくり007 夏の2時間SP」(日本テレビ系)に出演し、さらなる好感度アップにつながったようだ。

 不貞の発覚により芸能活動を謹慎中の相方・渡部建とは対照的に、お茶の間から絶大な人気を誇る児嶋。この日の放送では、「なぜ世間から愛される?」と銘打ち、そんな抜群の好感度を誇る児嶋の素顔に迫った。

 2011年に結婚した妻の証言によると、「6年前から漢字の練習をしている」ようで、児嶋は「自分の字が汚すぎて。クイズ番組とか大喜利で字を書くのに、字が汚いと(笑いが)ブレちゃう」と真面目に理由を説明。ほかにも、「常識を学ぶために8年前から小学生新聞を愛読している」とも暴露され、これについては「僕、バカなので、普通の新聞は難しすぎるので」と正直に告白。共演者から当日の小学生新聞に載っていた記事について聞かれると、「五輪がどうのこうのと、小学生新聞なので、『友達をたくさん作りましょう』って」と紹介し、盛り上げていた。

 また、何よりも時間厳守を徹底する意識の高さも発覚し、現場入りは待ち合わせ時間の1時間前が当たり前のようで、「定刻は遅刻だと考えている」とのこと。ただ、あまりにも仕事熱心な姿勢が災いし、妻は「番組アンケートが届くと、それしか考えられなくなって。私とのデートや食事の予定もキャンセルします」と不満も吐露。すると、くりぃむしちゅー有田哲平からは「知り合って20何年でしょ? まだ(妻と)デートとかの約束してんの?」と驚かれ、児嶋は照れた表情を浮かべつつ「まぁ、どこどこに行こうとか」とコメント。現在もラブラブな様子だ。

 さらに、過去にロケ先でもらった水晶を持ち帰り、ペンダントにして妻にプレゼントしたことも発覚。その仲のよさと児嶋の愛妻ぶりには、付き合いの長いくりぃむしちゅーネプチューンらも驚愕していた。

「児嶋は、30年以上にわたって鶏肉・豚肉・牛肉、さらにはレタスキャベツの区別ができなかったことなどをイジられ続けるキャラでした。現在はその天然ぶりを突っ込んでくれる相方は事実上の活動休止となっており、さすがに常識を身につける必要性を感じたのか、小学生新聞に着手する辺りがいかにも“らしい”チョイスと言えます。また、今も妻と良好な関係を維持し、デートをするほどの仲というあたり、博学で女性問題を起こした渡部とは全てが真逆の人間性。ネットではそんな愛されキャラの児嶋に対し、『真面目なやつは周りから信頼されて愛されます』『ここにきて相方と対照的なところが表に出てきて、ほんと好感度上がってきてますね』『芸人として、人として好き』『渡部と真逆すぎる』『自分のダメなところを把握して努力してるんだね』などと好意的な反応がズラリ。相方の不祥事が原因で児嶋の人気が爆発するという皮肉な展開ではありますが、周囲からは“渡部バブル”と呼ばれ、イジられ続けているようです」(テレビライター

 過去には、「大島さん?」「児嶋だよ!」のお得意のやり取りに関し、渡部から「名前を間違えられて、それを訂正するだけの仕事」と揶揄されたこともある児嶋。今後は仕事の幅を広げるべく、まずは中学生新聞へのステップアップを直近の目標に掲げてほしいところだ。

(木村慎吾)

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)

【〜アンジャッシュ児嶋〜好感度がアップした「渡部と真逆」な人間性とは?】の続きを読む


【衝撃】「福士蒼汰!?」「イケメンすぎた」 〜もう中学生〜奇跡の1枚に


もう中学生もうちゅうがくせい、1983年2月14日 - )は、日本のピン芸人。本名は丸田 典幸(まるた のりゆき)。 長野県長野市出身。吉本興業東京本社(東京吉本)所属。身長181cm、体重70kg、血液型O型。略称はもう中。 芸名は小学校の卒業文集での作文のタイトルからそのまま採られており、「
25キロバイト (3,695 語) - 2021年7月1日 (木) 12:17


もう中学生さん、コント見てなごんだなぁ。

お笑いタレントの、もう中学生さん。段ボールなどを使用したコントや、ハイトーンボイスで軽快な動きをする姿が印象的です。

2021年7月2日吉本興業yoshimoto.official)は、Instagramを更新。

もう中学生さんの16年前の姿に反響が相次いでいます。

「まるで福士蒼汰!?」もう中学生、奇跡の1枚

公開されたのは、20代前半頃のもう中学生さんの写真。

普段は、子供のような笑顔とかわいらしい衣装が特徴的ですが、当時の写真は少し違うようです。投稿された1枚がこちら!

オールバックで黒いジャケットに身を包んだ、もう中学生さん。その姿からはイケメン俳優のようなオーラすら感じますね!

もう中学生さんは、身長が181cmでスタイルもよく、ネット上では「芸風とのギャップが最高」などの声も上がりました。

ネットの声】

・え、かっこよすぎます…!俳優の福士蒼汰くんにそっくり!

ジャニーズにいそう!一瞬誰だか分からなかった。

・昔お会いした時、高身長モデルみたいだった。性格のよさもにじみ出てますね!

また同月1日には、株式会社カヤックが、もう中学生さんを起用した『絶対にタメになるシミュレーションゲーム もう就活生』を発表。ネット上で話題になりました。

株式会社毎日放送(以下、MBS)の就活生向けコンテンツで、もう中学生さんが就活のマナーなど就活に役立つ内容を質問し、回答によってエンディングが分岐するというもの。

ネット上では「恋愛ゲームみたい」「かっこよかった」と人気で、もう中学生さんの新たな一面に驚いた人は多いようです。

もう中学生さんのお笑いだけではない、今後の活躍にも目が離せませんね。


[文・構成/grape編集部]

出典
yoshimoto.official@kayac_inc


(出典 news.nicovideo.jp)

【【衝撃】「福士蒼汰!?」「イケメンすぎた」 〜もう中学生〜奇跡の1枚に】の続きを読む


〜明石家さんま〜ソフトクリーム目当てにミニストップへ通っていた★ 「体験せな…」


明石家 さんま(あかしや さんま、1955年〈昭和30年〉7月1日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者。 吉本興業所属。本名は杉本 高文(すぎもと たかふみ)。番組企画・構成等では本名名義でクレジットされることもある。 和歌山県串本町生まれ、奈良県奈良市出身。
136キロバイト (19,126 語) - 2021年5月12日 (水) 18:32


想像すると可笑しい・・

明石家さんま(写真提供:JP News

1日に放送された『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、司会の明石家さんまが40代の頃、ソフトクリームを目当てに「ミニストップ」へ通い詰めていたことを明かした。


■セブンイレブンに憧れる鳥取県民

番組には、中国地方出身の地元大好き芸能人が大集合。そんな芸能人達が「ちょっと恥ずかしかった地元の常識」というテーマトークを繰り広げる中、鳥取県出身でK-1世界王者の武尊選手は「鳥取県にはスタバが日本で一番最後にできた」と話し出した。

武尊選手によると、地元のスターバックスに行列ができた後、セブンイレブンもできると店には同じように行列ができたとのこと。

このエピソードを語ると、武尊選手は「都会にしかないコンビニみたいで、セブンイレブンはちょっと憧れなんですよね」と口にする。すると、同じく鳥取県出身の上田まりえは、上京してすぐにコンビニを巡ったことを明かした。


関連記事:明石家さんま、SixTONES・京本大我の母について告白 「手をつけそうになった」

■情報収集のためにミニストップへ

リアルで見たことがなく実態が分からない上、徒歩圏内にコンビニがないため『コンビニに行く』ということがイベント」と上田が熱く語る中、さんまは「俺はミニストップソフトクリームが美味しいっていうことで、40すぎやったけど通ってたわ」と打ち明ける。

この告白に、出演者から「ミニストップ!?」「ソフトクリーム買いにですか?」というざわめきが起きると、続けてさんまは「一応こういう商売してるんで、流行りもんとか…」と通っていた理由を話す。

そんな中、かまいたち・濱家隆一が「情報集めるためにミニストップソフトクリームまで行くんですね」とコメントすると、さんまは「俺、体験せな笑いにできないタイプやから」と返した。


■「いつか行きたい」と嘆きも

さんまソフトクリームのためにミニストップへ通っていたことが明らかになると、視聴者の間では「ミニストップに通い詰めるさんまさん、あまりにも素朴」「ミニップのソフトクリームが美味しくて通うさんまさんかわいい」と話題に。

その一方で、ミニストップがない県民からは「ミニストップ私もいつか行きたい…」「ミニストップ作れよ、うちの県!」と嘆く声も続出した。

・合わせて読みたい→ミニストップが良い意味でどうかしている弁当を発売 一瞬で心を鷲掴みされる

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

明石家さんま、ソフトクリーム目当てにミニストップへ通っていた 「体験せな…」


(出典 news.nicovideo.jp)

【〜明石家さんま〜ソフトクリーム目当てにミニストップへ通っていた★ 「体験せな…」】の続きを読む


〜EXIT兼近〜があの元“大物”を「消えた芸人」呼ばわりで称賛の声 !


良く言いましたね!すごい度胸。。

 お笑いコンビEXITの兼近大樹が5月6日放送の「変わる報道番組 #アベプラ」(ABEMA)に出演し、かつての吉本興業の重鎮・島田紳助氏について言及するシーンがあった。

 番組では、昨今の若者の間で蔓延する動画の倍速視聴や書籍の飛ばし読みなどの風潮について議論。兼近は、作家としての一面を持つ先輩芸人のピース・又吉直樹に憧れて芸能界入りしたと明かすほどの本好きで、小説の飛ばし読みについては反対の立場を取った。

「漫才は間があるから次につながっている。映画でも小説でもそう。心理描写と風景描写を想像しながら見たり読んだりするから、『だからこの主人公ってあそこでこうしたんだ』とか楽しめる」とし、行間を楽しむことによってストーリーの解釈をさらに深めることができると力説。時間短縮で飛ばし読みするよりも、むしろ「1時間で読める作品なら10時間かけて読めって思います」と主張している。しかし、知識を取り入れるためだけの作業であれば、飛ばし読みもアリだと一部肯定。「僕、皆が見ているものを見てないんです。皆の見てないようなものをめちゃくちゃ見てたりするから、知識の偏りがエグいんです。でも、テレビに出る人にとってそれは損で、俺ついていけないですもん。テレビで愛想笑いしかしてない」とし、自身について博学タイプではなく、特定の分野に特化した知識を持つタイプだと分析した。

 すると共演者が、元お笑い芸人2011年に吉本を退所した島田紳助氏の格言だという「広く全部を見ておく必要はなくて、みんなが知らなそうなやつだけ1個すごく詳しいと“物知り”って思ってもらえる」との言葉があったと紹介。知識の偏りを逆手に取り、むしろ博学だと思われるようにするテクニックだが、兼近はこの“大先輩”の格言について「ダメです。その人、消えた芸人じゃないすか」と一蹴したのだ。

「現在の島田氏は一般人の身ではあるものの、吉本興業の大崎洋会長とは定期的にゴルフを楽しむ仲であり、同期のオール巨人からM-1グランプリの審査員代役を直々に要請されるなど、その影響力は絶大です。2011年の引退発表時にも6本のMC番組を抱え、人気絶頂期での幕引きは多くの芸人に衝撃を与えました。そんな島田氏を『消えた芸人』呼ばわりした兼近ですが、ネット上ではこの大胆発言に『兼近よく言った!』『良いね!そうでないとダメだ』『今の若いタレントにとっては消えた芸人としか思われてない。あと数年したら紳助忖度もだいぶ減るであろう。というか減ってほしい』『すっきりしました』などと絶賛する声が続出。最近では、モデルのマリエがかつて島田氏から枕営業を求められたと告発するなど、真偽不明でありながら、ネガティブな情報が飛び交っていることもあり、世間の抱く島田氏へのイメージは悪化してしまっているようです」(テレビライター

 従来の芸人コメンテーターにはない切り口と発想で攻めた発言をすることでも好評の兼近。とりわけ、今回の島田氏に関する発言は、視聴者の気持ちに大きく響いたようだ。

(木村慎吾)

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)

【〜EXIT兼近〜があの元“大物”を「消えた芸人」呼ばわりで称賛の声 !】の続きを読む

このページのトップヘ