エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!

映画


映画『トップガン マーヴェリック』サントラ詳細発表!ケニー・ロギンスやガガの曲も


トップガン』(原題: Top Gun)は、1986年のアメリカのアクションドラマ映画。監督はトニー・スコット、製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラッカイマー、脚本はジム・キャッシュとジャック・エップス・ジュニアが務め、3年前に『カリフォルニア』誌に掲載された「Top
41キロバイト (4,314 語) - 2022年4月27日 (水) 14:18


トップ・ガンアンセム最高♬

 2022年5月27日に日米同時公開される映画『トップガン マーヴェリック』のサウンドトラックの内容が発表された。

 
 一足先にデジタル配信されたレディー・ガガが書き下ろした主題歌に加え、ケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン」や、「トップガンアンセム 」など、映画『トップガン』でも使用され誰もが聴いた事のある往年の名曲達が収録される他、ワンリパブリックなどの書き下ろし楽曲も含まれる。

 
 日本盤CDは2形態でのリリースとなり、7インチの紙ジャケ仕様となっているデラックスCDにはアメリカの一部映画館でのみ使用された映画版ポスターと、ロゴやアイコニックモチーフレイアウトされたステッカーシートが封入される。アルバムの発売日は映画公開日でもある5月27日で、デジタルアルバム、CD共に予約販売が開始している。


リリース情報
アルバムトップガン マーヴェリックオリジナルサウンドトラック -デラックス・エディション-』
2022/5/27 RELEASE
UICS-9178 3,300円(tax incl.)
※特典:海外映画版プレミアムポスターステッカーシート付き

アルバムトップガン マーヴェリックオリジナルサウンドトラック
2022/5/27 RELEASE
UICS-1391 2,750円(tax incl.)

トラックリスト
1. メインタイトルズ(ユーヴ・ビーンコールド・バック・トゥ・トップ・ガン)
2. デンジャー・ゾーン by ケニー・ロギンス
3. ダークスター
4. グレートボールズ・オブ・ファイヤーLive)by マイルズ・テラー
5. ユア・ホエア・ユー・ビロング / ギヴ・エム・ヘル
6. アイ・エイント・ウォーリード by ワンリパブリック
7. ダガー・ワン・イズ・ヒット / タイム・トゥ・レット・ゴー
8. タリー・トゥー / ホワッツ・ザ・プラン / F-14
9. ザ・マン、ザ・レジェンド / タッチダウン
10. ペニー・リターンズ - インターリュード(ディス・イズ・パート・オヴ・ザ・ペニー・リターンズ・フィルムヴァージョン
11. ホールド・マイ・ハンド by レディー・ガガ
12. トップガンアンセム
13. キャニオン・ドッグファイト ※日本盤ボーナストラック
https://umj.lnk.to/TopGun_Preorder

 

映画『トップガン マーヴェリック』サントラ詳細発表、レディー・ガガ/ケニー・ロギンスの楽曲収録


(出典 news.nicovideo.jp)

【映画『トップガン マーヴェリック』サントラ詳細発表!ケニー・ロギンスやガガの曲も】の続きを読む


【映画】大将となったアイスマンも登場 「トップガン マーヴェリック」ファイナル予告、ポスターリリース!


トップガン (Top Gun) アメリカ海軍戦闘機兵器学校 (United States Navy Fighter Weapons School:NFWS) の通称。 トップガン (映画) - 1986年製作のアメリカ映画。 トップガン マーヴェリック - 2022年公開予定のアメリカ映画。 マヤノトップガン
547バイト (123 語) - 2021年11月20日 (土) 09:25


早く観たい!ジェニファー・コネリーとの夢の共演も楽しみ。

5月27日(金)公開の映画『トップガン マーヴェリック』から、ファイナル予告とポスタービジュアルが解禁された。

トップガン マーヴェリック』は、トム・クルーズ主演、故・トニースコット監督の映画『トップガン』の続編にあたる作品。前作『トップガン』は、アメリカ海軍エリートパイロット養成学校“トップガン”に所属するエースパイロット候補生の挫折と栄光の日々を、戦闘機によるスカイアクションと青春群像劇で描き、トム・クルーズの出世作となった映画だ。1986年公開の前作から約33年の月日を経て公開される続編『トップガン マーヴェリック』では、主人公マーヴェリック役でトム・クルーズが主演。その他のキャストとして、『セッション』のマイルズ・テラー、『ノア 約束の舟』『アリ―タ:バトルエンジェル』などのジェニファー・コネリー、『ザ・ロック』のエド・ハリスらが出演。さらに、前作でマーヴェリックライバルだった“アイスマン”ヴァル・キルマーもキャスティングされている。メガホンをとるのは、『オブリビオン』のジョセフ・コシンスキー監督。プロデューサーとして。『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジェリー・ブラッカイマーと、『ミッション:インポッシブルシリーズクリストファー・マッカリーらが名を連ねている。

 
 

解禁された予告編は、エリートパイロット養成学校“トップガン”の卒業生たちが招集されるシーンからスタート。“ベスト・オブ・ザ・ベスト”のパイロットたちをもってしても達成不可能ミッションに直面した彼・彼女らのもとに、大将となった旧友・アイスマンの特命を受けた、伝説のパイロットマーヴェリックトム・クルーズ)が教官として赴任する姿が切り取られている。また、過酷なミッションへの出撃が迫るなか、亡き親友グースの息子・ルースターマイルズ・テラー)が、「父はあんたを信じた。だから死んだ」とマーヴェリックに詰め寄る場面など、様々な場面が収められている。

トップガン マーヴェリック』は2022年5月27日(金)全国ロードショー

 



(出典 news.nicovideo.jp)

【【映画】大将となったアイスマンも登場 「トップガン マーヴェリック」ファイナル予告、ポスターリリース!】の続きを読む


横浜流星主演「嘘喰い」特別映像を解禁 ★★


に乗った上でそれを利用しての完全勝利を求める癖がある。一見すると、相手の術中にハマって窮地に陥っているように見えても、実のところすべて見抜ていたり、自身の大仕掛けを行うためのブラフであり、「相手のブラフ()を全て喰い尽す」ことから「嘘喰い
278キロバイト (50,663 語) - 2022年1月14日 (金) 12:58



2月11日公開の映画『嘘喰い』から、特別映像「倶楽部賭郎編」が解禁された。

嘘喰い』は2006年から2018年まで『ヤングジャンプ』(集英社)で連載された迫稔雄氏の漫画。「嘘喰い」と呼ばれるギャンブラー・斑目貘(まだらめばく)を主人公に、日本を裏社会から操る巨大会員制組織・倶楽部賭郎のもとで展開する、生死を賭けたギャンブルバトルを描いている。ギャンブラー同士の心理戦と、賭けを見守る“立会人”と呼ばれる強者たちの格闘戦が特徴の作品だ。49巻まで発売されたコミックスの発行部数は累計880万部を突破している。初の実写化でメガホンをとるのは、ホラー映画『リング』のほか、『インシテミル』『スマホを落としただけなのに』『事故物件 怖い間取り』などで知られる中田秀夫監督。『きみの瞳が問いかけている』などの横浜流星が班目貘役で主演。また、貘と賭けに魅了される青年・梶隆臣を佐野勇斗が演じる。そのほか、闇カジノのオーナー・鞍馬蘭子役で白石麻衣、マッドサイエンティスト・佐田国一輝役で三浦翔平、お館様こと切間創一役で櫻井海音、立会人・夜行妃古壱役で村上弘明、立会人・目蒲鬼郎役で本郷奏多が出演。さらに、森崎ウィン、木村了、鶴見辰吾がキャストに名を連ねている。

 


解禁された特別映像では、劇中に登場する組織“賭郎”をフィーチャー。1582年の本能寺の変や、1860年の桜田門外の変1968年3億円事件などの裏側に“賭郎”の存在があったことを示唆。また、賭郎の勝負を取り仕切る“立会人“や、ギャンブラーたちも次々と登場している。

(C)迫稔雄/集英社(C)2022映画「嘘喰い」製作委員会

(C)迫稔雄/集英社(C)2022映画「嘘喰い」製作委員会

(C)迫稔雄/集英社(C)2022映画「嘘喰い」製作委員会

(C)迫稔雄/集英社(C)2022映画「嘘喰い」製作委員会

(C)迫稔雄/集英社(C)2022映画「嘘喰い」製作委員会

(C)迫稔雄/集英社(C)2022映画「嘘喰い」制作委員会

「今宵は何を賭けます?」と言い放つ立会人・夜行妃古壱(村上弘明)や、銃口を向ける目蒲鬼郎(本郷奏多)、マッドサイエンティストの佐田国一輝(三浦翔平)、闇カジノオーナーの鞍馬蘭子(白石麻衣)らが映し出されていくほか、賭郎の頂点に君臨する“お屋形様”切間創一(櫻井海音)も登場。貘はかつて、賭郎の頂点を決する大勝負で創一に大敗しており、数年間の時を経て再び勝負を挑むことになる。

『噓喰い』は2022年2月11日全国ロードショー



(出典 news.nicovideo.jp)

【横浜流星主演「嘘喰い」特別映像を解禁 ★★】の続きを読む


観ましたか⁈【映画】「マトリックス レザレクションズ」ワーナー初のプレミア配信 Amazonプライム U-NEXTなどでも


マトリックス (映画シリーズ) > マトリックス (映画) 『マトリックス』(英: The Matrix)は、1999年のアメリカのSFアクション映画。 真実を知らず仮想世界マトリックスで人生を送る主人公が、外部からの介入により機械に支配された現実世界の救世主であることを知らされ、自信が持てないま
33キロバイト (3,538 語) - 2022年1月13日 (木) 19:06


あまりにも早い配信で驚きましたが、観ました!劇場の迫力には到底及ばずともありがたいです。久々にネオとトリニティー見たのは嬉しいです。

 劇場上映中の映画『マトリックスレザレクションズ』が28日午前0時より、デジタル配信サービス各社にて「プレミア配信」としてデジタルレンタルデジタルダウンロード販売がスタートした。ワーナー ブラザージャパンでは初の試みとなる上映中の作品の“デジタル配信”。あの真実が、あの衝撃が、デジタルの世界で観られる。なお、Amazonプライム・ビデオでは期間限定で冒頭から10分だけ無料で観ることができる(独占配信期間は1月28日から3月17日まで)。

【動画】キャスト陣が2人の愛と絆を語る特別映像

 同映画は、キアヌ・リーブス主演、革新的な映像とアクションで世界中に空前の社会現象を巻き起こした伝説的SFアクション超大作シリーズの約18年ぶりとなる最新作。日本では全米公開に先駆け、昨年12月17日より劇場公開され、週末興行収入・観客動員ランキングで初登場1位を獲得し、SNSメディアでも大きな反響を呼んで、現在も上映中。

 人気声優陣が名を連ねる日本語吹替えも注目度が高く、本シリーズで一貫してキアヌ演じるネオの吹替を担当する小山力也、かつてネオと共に壮絶な戦いに身を投じたヒロイントリニティー役の日野由利加ほか、諏訪部順一中村悠一津田健次郎内田真礼小野大輔らが各キャラクターを演じている。

■『マトリックス レザレクションズ』プレミア配信プラットホーム一覧(50音順)
Apple TVABEMAAmazonプライム・ビデオイッツコムオンデマンド、GYAO!ストア、Google Playクランクイン!ビデオJ:COMオンデマンド、TSUTAYA TV、DMM動画、dTV、TELASA、ひかりTV、ビデオマーケット、Microsoft 映画 & テレビmusic.jp、milplusU-NEXTRakuten TV

Amazonプライム・ビデオで観る冒頭無料10分映像
https://www.amazon.co.jp/dp/B09KBMG9JF

デジタル配信サービスの情報サイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/matrix-movie/home_entertainment/

『マトリックス レザレクションズ』劇場上映中にプレミア配信もスタート (C)2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.


(出典 news.nicovideo.jp)

【観ましたか⁈【映画】「マトリックス レザレクションズ」ワーナー初のプレミア配信 Amazonプライム U-NEXTなどでも】の続きを読む


【特別映像】『マトリックス』黒猫デジャヴも起きる!? 過去シリーズと最新作が交錯する場面も


マトリックス (映画シリーズ) > マトリックス (映画) 『マトリックス』(The Matrix)は、1999年のアメリカのSFアクション映画。ウォシャウスキー兄弟が監督・脚本を務め、キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジョー・パントリアーノらが出演する。
28キロバイト (2,795 語) - 2021年11月5日 (金) 10:32



 キアヌ・リーブス主演、人気アクション映画シリーズの新章『マトリックス レザレクションズ』(12月17日公開)と、これまでの『マトリックスシリーズ3作の印象的なシーンが交錯する特別映像が解禁となった。最新作にもネオの前で黒猫(デジャヴュ)が発生!? 過去シリーズ名場面とリンクするカットも多数あることがわかる。

【動画】『マトリックス レザレクションズ』特別映像

 『マトリックス』(1999年)は、仮想現実世界を舞台に人間とコンピューターの戦いを描いたSFアクション。驚異のVFX(視聴効果)によるかつてない映像表現で人々に衝撃を与え、2作目の『マトリックス リローデッド』(2003年)、『マトリックス レボリューションズ』(03年)のシリーズ3部作で社会現象を巻き起こした。

 18年ぶりの新作『マトリックス レザレクションズ』は、もし世界がまだ仮想世界=マトリックスに支配されていたとしたら? ネオ(キアヌ・リーブス)は、最近自分の生きている世界の違和感に気付き始めていた。やがて覚醒したネオは、マトリックスに囚われているトリニティーを救うため、何十億もの人類を救うため、マトリックスとの新たな戦いに身を投じていく。

 解禁となった映像は、キアヌ・リーブス演じる主人公ネオの前に突如黒猫が現れるシーンからスタートシリーズでは、黒猫の出現はデジャヴュ現象の発生を意味し、仮想世界「マトリックス」に異変が起きていることを示すサインとして描かれてきたが、最新作でも再びデジャヴュが起きる?

 『マトリックス』でのネオは、真実を知ることができる「赤いピル」と、何事もなかったように今までの生活に戻れる「青いピル」の選択を迫られ、「赤いピル」を飲み、人類がAIによって支配されている現実世界で目を覚ます。そんなかつてのシーンと重なるように映し出されるのは、年齢を重ねたネオが再び現実世界でプラグにつながれている最新作のシーン。一体ネオの身に何が起きているのか!?

 ほかにも、アクロバティックに弾丸を避けるアクションや、ネオと宿敵スミスの白熱バトル、口元が塞がれてしまう恐ろしいシーンなど、過去シリーズと最新作がリンクするような印象的な映像に仕上がっている。

 映像の後半には、シリーズヒロインであるトリニティーキャリー=アン・モス)がバグのように崩れ去るシーンも。現在公開中の最新本予告では、ネオが未だマトリックスに捕らわれているトリニティーを救いに行く様子がうかがえるが、果たしてネオはトリニティーを取り戻すことができるのか? そして再び“真実”のその先にたどり着き、マトリックスに支配された人類、世界を救うことができるのか!?

 なお、1作目の初IMAX上映が、12月10日(金)から16日(木)まで1週間限定で行われる。

映画『マトリックス レザレクションズ』(12月17日公開) (C)2021 WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.


(出典 news.nicovideo.jp)

【【特別映像】『マトリックス』黒猫デジャヴも起きる!? 過去シリーズと最新作が交錯する場面も】の続きを読む


【映画】『マトリックス レザレクションズ』新ポスタービジュアル公開 芸能人コメントも


マトリックス (映画シリーズ) > マトリックス (映画) 『マトリックス』(The Matrix)は、1999年のアメリカのSFアクション映画。ウォシャウスキー兄弟が監督・脚本を務め、キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジョー・パントリアーノらが出演する。
28キロバイト (2,795 語) - 2021年11月5日 (金) 10:32


またあの世界の中に入ってみたいです。CGのクオリティがバージョンアップしているだろうけれど想像出来ないから楽しみ。

アクション超大作マトリックス』の新章となる映画『マトリックス レザレクションズ』が、12月17日(金)に公開となる。この度、本作の新たなポスタービジュアルが公開され、遠藤憲一小島秀夫かまいたちひろゆきらよりコメントが寄せられた。

ポスターに描かれているのは、キアヌ・リーブス演じる主人公ネオと、キャリー=アン・モス演じるトリニティーの2ショット。「真実の先を知りたくないか」という謎めいたコピーが印象的だ。現在公開中の予告編では終始素顔の両者が映し出されているが、解禁された本ポスターでは、サングラスをかけ全身黒の衣装をまとった、まさに“『マトリックス』らしい”出で立ち。

これまでの『マトリックスシリーズでは、人類を救うために戦う同志にして、深く愛し合う恋人関係でもあったネオとトリニティー。本作の予告編では、トリニティーがネオに対し「前に会った?」と尋ねるシーンもあり、まるで初対面かのような2人の姿に、SNSなどでさまざまな考察が飛び交っていた。今回の本ポスターに描かれているのは、一体どんな関係なのだろうか。

かつての『マトリックス』では、サングラスに黒服のファッションは「仮想世界=マトリックス」における姿だったが、これは再び“マトリックス”で出会ったふたりの姿なのか?そして、彼らの背景に描かれている、マトリックスコードが降り注ぎ緑色に輝くビル群が意味するものとは─?新章への期待をさらに駆り立てる。

本作の公開を待ち望む著名人たちからの期待コメントも到着。誰も観たことが無い未曾有の映像体験で世界中を熱狂させた『マトリックス』。映画の域を超えさまざまな分野に多大な影響を与えた革命的作品なだけに、人気芸能人やトップクリエイターたちの中でも、新章となる本作は熱い注目を集めている。



遠藤憲一(俳優)・コメント
1999年マトリックスが日本に上陸し、予告のナレーションを担当させてもらいました。録音する前に映像を一度見せてもらったのですが、まず映像が衝撃でした。その衝撃を受けたままナレーションを収録した記憶があります。あれから22年、再び予告ナレーションを担当させていただきました。マトリックスの独特の美しさは健在。その世界観を壊さないように意識しました。マトリックスファンの方は昔の予告をよく覚えて下さっているので、自身の22年の垢をそぎ落としながらあの当時を思い出しながら収録しました。

小島秀夫ゲームクリエイター)・コメント
マトリックスは伝説としてそのままにしておくべきだ。ずっとそう思っていた。しかし、予告編に蘇る彼らを観て考えが更新された。今の技術での映像革命への期待ではなく、またネオたちに逢いたいという純粋な気持ち。ネットが日常になった今、もう一度あの世界にログインしてみたい。その行為こそが新たな伝説を創るはずだ。

前田真宏アニメーション監督、アニメーター)・コメント
拡大し過ぎた妄想世界とヒロイズムを突き抜けて
feed your head

認識の冒険へ
自分自身へ向かって

Fortune tellerの部屋をくぐり抜け
疑え 抗え
拡大 縮小 自由自在

知覚の格闘技
どこへ向かうの

神山健治(『攻殻機動隊 S.A.C.シリーズ・『攻殻機動隊 SAC_2045』監督)・コメント
マトリックスは20世紀末最高にクールな映像表現とアクション、そして斬新な設定のストーリーで多くのファンを魅了したSF映画だった。公開から20年以上経った今でも、多くの作品に多大な影響を与え続けているが、マトリックスを超える設定のSF映画は僕の中には存在していない。そのマトリックスが同じ監督、同じキャストで帰ってくる。どのようにアップデートされたのか、その全貌を観るのが楽しみでならない。

<小池健(『アニマトリックワールドレコード』『LUPIN THE ⅢRDシリーズ』『REDLINE』ほか監督)・コメント
またあの衝撃的な世界観やネオたちに出会えると思うとワクワクします。現実の世界と仮想世界の境界でどんな桁外れのドラマが繰り広げられるのか 新たなMATRIXビジュアルを期待しています。

<朴性厚(アニメ呪術廻戦』『ゴッド・オブ・ハイスクール』監督)
時を経て、よもや新作が観られるとは!空虚なネオに、死んだはずのトリニティ。懐かしの顔ぶれに、新キャラがどう絡むのか。数多の作品に影響を及ぼしたあのアクションの更なる進化に、期待せざるを得ない。

かまいたち:山内健司(お笑い芸人)・コメント
ネオの記憶がどうなっているのか、これはレボリューションズの続きなのか、どういう結末をこの作品で迎えるのか、興味津々過ぎます。答えを見るために必ず映画館に向かいます。

かまいたち:濱家隆一(お笑い芸人)・コメント
映像が最先端でとにかく興味深いです。何が現実で何が現実ではないのか、人間対コンピューターの戦い、凄く楽しみです。3部作をまだ見てないので、全て観てからマトリックス レザレクションズに臨みたいと思います。

カミナリ:石田たくみお笑い芸人)・コメント
前作のレボリューションズから18年。終わったと思ったシリーズの続編がまた始まるので興奮してます!モーフィアス役の俳優さんが変わったので、ここもどうなるか気になるポイントです!注目!!

BOYS AND MEN:水野勝(タレント)・コメント
不朽の名作マトリックスが帰ってくるということで映画好きはもちろんそうではない方も期待してしまうのがこの作品のチカラだと感じています!!!!当時画期的だったCGアクションも現代の技術で更にアップグレードされていると思います。壮大なスケールで届けられる 新作を僕も楽しみにしています!!

熊崎晴香SKE48 チームE)・コメント
あのマトリックスが18年ぶりに帰ってくる!映像革命と言われているだけあって初めて見た時、衝撃を受けました!VFXの完成度が素晴らしく、CGのクオリティが半端ない!映画の作品の常識を変えました。今回、日本が先行公開ということもあり、この興奮をいち早くリアルタイムで感じることができるので楽しみです。マトリックスを見る前と見た後の世界観が変わるというまたあの現象に陥ることができる喜びを噛み締めながら新作を楽しみに待っています。

ひろゆき(「2ちゃんねる」開設者)・コメント
アメリカ人よりも日本人のほうが早く劇場で見られるという画期的な機会なので、ネタバレが嫌いな人は早めに見に行ったほうがいいですよ。

映画マトリックス レザレクションズ』
12月17日(金)公開

映画『マトリックス レザレクションズ』


(出典 news.nicovideo.jp)

【【映画】『マトリックス レザレクションズ』新ポスタービジュアル公開 芸能人コメントも】の続きを読む

このページのトップヘ