エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!

俳優


西島秀俊のエピソード「回転寿司の食べ方がわからない?」【格付け】でも話題


西島 秀俊(にしじま ひでとし、1971年〈昭和46年〉3月29日 - )は、日本の俳優、声優、ナレーター。東京都八王子市出身。クォータートーン所属。桐朋高等学校卒業、横浜国立大学工学部生産工学科中退。既婚。 映画好きの父親の影響で幼少期より映画に親しみ、映画界へ興味を持っていた。特に作品に向き合…
86キロバイト (11,091 語) - 2023年1月8日 (日) 13:49


ほっこりエピソード?

 1月1日に放送された、正月特番『芸能人格付けチェック!2023お正月スペシャル』(テレビ朝日系)での俳優の西島秀俊の天然っぷりが話題になっている。

 最初のワインチェックでいきなり不正解の部屋に入り、独りぼっちで「予想以上に寂しい」と呟いたり、音楽チェックでは自身と同じ部屋に入ってきた俳優の北村匠海に「大丈夫?」を連発する姿を見せていた西島。正解した時は大喜びではしゃぐ姿がネット上で大きな反響を集め、「可愛すぎる!」「めっちゃ天然」「西島秀俊さんが最高にキュートで癒された回だった」という声が寄せられていた。

 ​>>『笑コラ』ゲストの西島秀俊の爆弾発言に嵐・二宮ファンが悲鳴?「実話なの?」「聞きたくなかった」の声<<​​​

 そんな西島だが、実は以前から天然の性格で知られていたという。
 「今でも語り継がれているのは、西島が2012年に出演したバラエティ番組『リアルスコープ』(フジテレビ系)での一幕。回転寿司芸能人が一番好きなネタを調査するという企画に出演し、回転寿司を初体験しました。しかし、回る寿司を前にどう取ったらいいか分からず、レーンのスイッチを切るという行動に。『こういうことですか?』と迷言を残し、共演していた女優の竹内結子さんから猛ツッコミを受けていました」(芸能ライター)

 また、2019年5月には映画『空母いぶき』の初日舞台に出席した際、昼間の舞台挨拶にも関わらず、「みなさん、こんばんは」と挨拶。その後、「あ、違う、こんにちは」と言い直し、共演していた佐々木蔵之介にも真似されてイジられたこともあった。

 「さらに、昨年3月13日放送の『シューイチ』(日本テレビ系)では、西島が主演ドラマ真犯人フラグ』(同)の番宣で出演。番組では、共演者で女優の香里奈からのメッセージVTRが放送され、その中で西島の印象について、『天然と言うか、抜けてるところもあって、かわいらしい一面もある大人の男性』と話していました。これに西島は『全く思い当たらない』と苦笑いしながら天然を否定。一方、『現場で笑っちゃうと止まらなくなる』と言い、現場では共演者の芳根京子と2人で笑い転げ、全く本番に行けないことも告白していました」(同)

 大人の男性の魅力が評価されている西島。しかし、実はその天然っぷりで新たなファン層を獲得しているようだ。

西島秀俊


(出典 news.nicovideo.jp)

【西島秀俊のエピソード「回転寿司の食べ方がわからない?」【格付け】でも話題】の続きを読む


ドラマ「半沢直樹」の続編は絶望的? 堺雅人が大手事務所を退社、影響は大きい?


雅人(さかい まさと、1973年10月14日 - )は、日本の俳優。血液型O型。身長172cm、体重60kg。靴のサイズは27cm。3人兄弟の長男。2022年末まで田辺エージェンシーに所属していた。妻は菅野美穂。 出生したのは兵庫県神戸市垂水区だが「宮崎県宮崎市出身」としている。2歳まで舞子浜の…
53キロバイト (6,454 語) - 2023年1月5日 (木) 18:33


独立を理由に、続編作れないなら事務所退社している俳優さんたくさんいますよね。続編観たいなあ。

 俳優の堺雅人が、昨年12月いっぱいで所属事務所・田辺エージェンシーを退社していたことを、一部スポーツ紙が報じた。

 記事によると、同事務所話し合いを重ねた末、独立を決断した。今後は個人事務所を設立し活動していくという。
 もともと、堺は1992年、早大の演劇研究会から劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加し、看板俳優として活躍。大学在籍中(後に中退)から同事務所預かりとなり、数年後に正式契約。そこから20年以上にわたって在籍していたという。

 >>堺雅人と東京03は同じファミレス仲間だった<<

 今年10月に50歳の節目を迎えるが、役者としてさらなる高みをめざして、新たな環境に身を置くことを選んだ模様。堺は周囲に「20代からお世話になっているので、田邊(昭知)社長には大変感謝しています」と話しているという。

 「表向きには円満退社のように思われるが、ここまで所属して来て退社を決断したということは、よほどの理由があったと思われる。今までは大きな力に守られていたが、今後、独立独歩でやらなければいけなくなった。妻で女優の菅野美穂も仕事量を増やすことになるのでは」(テレビ局関係者)

 堺の代表作といえば、TBS系ドラマ半沢直樹シリーズ2013年版での決め台詞「やられたらやり返す! 倍返しだ!」は流行語にもなり、ファンの期待に応えて2020年には続編も放送された。

 一部報道によると、近年、堺は自分の思い描く役者像と事務所が思う仕事の進め方で方向性が異なることもあったそうで、そうした“すれ違い”が増えていった結果が、契約終了の一因なのだとか。

 この夏にはTBSにて堺が主演で、半沢シリーズで演出を務めた福澤克雄氏とのタッグでの大型ドラマも決まっているというが、どうやら、「半沢」の続編はなさそうだというのだ。

 「おそらく、TBS以外の局は事務所に忖度してしばらく堺の起用を控えることになるのでは。となると、映画を中心に仕事をこなすことになりそうだ」(芸能記者)

 事務所退社で堺の〝働き方〟が変わりそうだ。

堺雅人


(出典 news.nicovideo.jp)

【ドラマ「半沢直樹」の続編は絶望的? 堺雅人が大手事務所を退社、影響は大きい?】の続きを読む


【インタビュー】藤木直人、50歳を迎えた自分の在り方「今あることを精いっぱい頑張る 」


藤木 直人(ふじき なおひと、1972年〈昭和47年〉7月19日 - )は、日本の俳優、歌手、ミュージシャン、タレント。 千葉県佐倉市出身。所属事務所はキューブ、所属レコード会社はポニーキャニオン。早稲田大学理工学部情報学科卒業。二卵性双生児の弟。愛称は「フジッキー」「オジキ」。既婚。…
62キロバイト (8,318 語) - 2022年12月10日 (土) 04:46


藤木直人さん、50歳にはみえないです。これからもご活躍を期待します。

 NHK朝の連続テレビ小説あすか」や「ナースのお仕事」シリーズフジテレビ系)、「ホタルヒカリ」(日本テレビ系)など数多くの人気作に出演し、活躍してきた藤木直人12月15日から上演される「奏劇 vol.2『Trio君の音が聴こえる』」には、三宅健演じるサムと共に人の心を癒やす手伝いをするトム役で出演する。藤木に、本作への意気込みや音楽への思い、さらには50歳を迎えた心境などを聞いた。




-本作は、数々の映画音楽を手掛けてきた岩代太郎さんが、演劇と音楽による新たな舞台芸術を目指し、2018年に初上演した“奏劇”シリーズの第2弾となります。孤児院で兄弟のように育ち、大人になって再会したサムとトムとキムを中心とする物語が描かれていますが、今回の“奏劇”というプロジェクトを聞いてどんな感想を持ちましたか。

 正直、全くイメージが湧きませんでしたが、説明を聞いて岩代さんらしいなと思いましたし、面白そうな企画だと思いました。ただ、生い立ちや育っていく環境など、社会的な問題も描いている作品ですし、お互いの心の中にあるものがぶつかり合う話なので、難しい作品になりそうだとも感じました。

-トムという役をどのように演じたいですか。

 (取材当時)まだ台本を頂いていないので具体的なことは考えてはいませんが、ただ、今回はいわゆる朗読劇になり、お客さんは声からの情報だけで想像して見るので、それを表現する難しさを今は感じています。今回は、生演奏もあるので、そうしたものに助けていただきながら世界を作っていこうと思っています。

-自分の声に対してはどんな思いがありますか。

 僕の子ども時代は、今ほど自分の声を聞く機会がなかったので、初めて自分の声を聞いた時には驚きましたし、デビュー作の撮影のときに、音声さんが僕の声を聞いて「こんな声なの?」ということを言っていて…劣等感しかなかったです。もちろん、自分に足りていないところがあったからだと思いますし、自分なりに努力もしてきましたが、いまだに(劣等感は)ありますし、谷原章介みたいな低い声に憧れます(笑)。とはいえ、声も演技もその人のオリジナリティーではあると思いますし、みんな同じである必要もないもの。ただ、だからといって「これが自分らしさ」だと開き直るのではなく、求められることを表現していく必要もあると思うので、芝居は本当に難しいですよね。

 昔、広末涼子さんがあるインタビューで「演技も点数が出ればいいのに」という発言をしていたことがあったんです。確かに、そうすれば結果がはっきり分かるし、自分に足りていない部分も分かる。スポーツが潔いのは、はっきりと結果が出るからですよね。

-実際に、点数が出たらいいのにと思ったことはありますか。

 思わないです。もし点数が出ていて、いい点だったらそのときだけ教えてほしい(笑)。(点数を)見た方が、自分には向いてないんだと思って諦めがつくかもしれないですが、それがないからこそ自分は、今もまだ俳優を続けていられるのかもしれません。

-年の瀬が迫ってきましたが、2022年は、藤木さんにとってはどんな1年でしたか。

 50歳になる節目の年でした。それに向けてライブをしたいという思いがあったので、無事に終えられて、大きな山を乗り越えたかのような安堵感があります。

-50歳になったことで、何か変化はありましたか。

 何かが変わったわけということはないです。変化ということであれば、子どもが産まれたときの方が感じました。それまではこうした仕事を選んでいることもあり、ずっと“一人称”だったのですが、一つバトンを渡したような感覚がありました。俳優の仕事は、(50代になって)劣化していく自分を今後もさらし続けていかなければならないのがつらいですが、そんなことまで想像もせず、好きで飛び込んだ世界なので、折り合いをつけながらやっていくものだと思います。

-デビューした当時には、どんな将来像を想像していたのですか。

 その頃は、自分が年を取ったときのことまで全く想像していなかったですね。単に成功したいとか、売れたいという思いだけでした(笑)。売れるということは、そこに当然責任も出てくるものですし、作品を背負うことにもなるという、当たり前のことすら深く考えずに、ただそう思っていたように思います。

-実際に売れたときは、どんな思いだったのですか。

 (売れたという)それもまた、あいまいなものだと思います。初めて作品に参加できた、番手が上がった、世間の方に知っていただいたとか、細かいことではたくさんうれしいことがありましたが、その分、求められるものややらなければいけないことがあるので。グラデーションでどんどん変わっていく感じはありました。

-これから先は、どんな姿を思い描いていますか。

 子どもたちのことはもちろん考えますが、自分のことは具体的にどうこうというのはないですね。今あることを精いっぱい頑張ること。それが後につながると思っています。あとは、50歳でライブをやったので、60歳のときには、赤いちゃんちゃんこを着てライブをやろうとか(笑)。そうした漠然としたことぐらいしか考えていないです。

-2023年にやりたいことは?

 人生で1回だけでいいので、フルマラソンを走りたいと思っています。本当は2020年に走る予定だったのですが、コロナ禍になってしまい、今は走るのをやめてしまっているんです。どこかでやらないと悔いが残ると思っているので、また走りたいですね。実は、ラジオ番組の企画でハーフマラソンは走ったことがあって。

-いかがでしたか。

 大変でした(笑)。もちろん、走り切った達成感はありました。3回走ったんですが、走るたびに前の自分のタイムを超えたいと思うようになってしまって、レース中にも無理をしてしまって。そうすると、走っている途中は苦痛ばかりになるのでつらさも大きかった。フルマラソンも、ただ完走するだけだったらできるかもしれませんが、人生に一度だと思うと、やっぱり4時間は切りたいと思ってしまう(笑)。1回だけと決めなければいいんだけど、そんなにつらいことは1回しかやりたくないと思っているので(笑)。なるべく早くやらないと、と思っているところです。

-最後に、公演を楽しみにしている人たちにメッセージを。

 今回は、生の演奏があるのですごくゴージャスな作品になると思いますし、朗読劇とはいえ、視覚的にも見せる要素も多いと思うので、いろいろな方に楽しんでいただけると思います。皆さんがそれぞれ自分自身に置き換えて考えることができると思いますし、世界情勢などを考えるきっかけにもなると思います。

(取材・文・写真:嶋田真己)




 「奏劇 vol.2『Trio君の音が聴こえる』」は、12月15日~24日に都内・よみうり大手町ホールで上演。
公式サイト https://tspnet.co.jp/whats-ons/sougeki-2022/

藤木直人 (ヘアメーク:大渡八千代/スタイリスト:古田ひろひこ) (C)エンタメOVO


(出典 news.nicovideo.jp)

【【インタビュー】藤木直人、50歳を迎えた自分の在り方「今あることを精いっぱい頑張る 」】の続きを読む


ディカプリオ、「タイタニック」出演を逃しそうだった意外なエピソード


レオナルド・ウィルヘルム・ディカプリオ(英: Leonardo Wilhelm DiCaprio [liːəˈnɑːrdoʊ dᵻˈkæprioʊ], 1974年11月11日 - )は、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー、脚本家、環境活動家。 カリフォルニア州ロサンゼルスにて、父ジョージ・デ…
37キロバイト (2,679 語) - 2022年11月14日 (月) 12:49


昔どこかで読みましたが、タイタニックに出演することを躊躇していたようで、もしかしてそれもあったのかな。いずれにせよディカプリオの出世作ですものね!

レオナルド・ディカプリオは、映画「タイタニック」の役を逃しそうになっていたという。


ヒットを記録した同1997年作でジャック役を演じたディカプリオだが、オーディションでの態度が悪かったことから、出演が危ぶまれていたことを監督のジェームズ・キャメロンが明かした。

キャメロン監督はGQ誌でこう振り返っている。

「レオとミーティングをして、その後レオとスクリーンテストをした」
「可笑しなことに、会議室に座り1人の俳優と会うために待っていたわけだけど、見回してみるとオフィスの女性全員がミーティングに来ていたんだ。皆レオに会いたかったんだよ。大騒ぎだったね」


最初のミーティングは上手くいき、ディカプリオは「皆を魅了」をしたものの、相手役ケイトウィンスレットとのスクリーンテストはそうはいかなかったそうだ。

「数日後に彼を呼び戻し、私はビデオを撮るためにカメラを設置した」
「彼はテストがあるって知らなかった。ケイトとのミーティングだと思っていたんだ。『OK、隣の部屋へ行って、台詞を何行か読んもらって、私がビデオを撮るよ』って私は言った」
「すると彼は『僕が読むんですか?』って言ってきたから『そうだ』と私は答えた。そしたら彼は『僕は読みませんから』ってね」
「私は彼と握手して『来てくれてありがとう』って言ったんだ。そこで彼は『待って下さい。読まなかったら、役を貰えないってことですか? これっきりってことですか?』って聞いてきた」
「だから私は言ったんだ。『そうだ。分かるだろう。これは私が2年を費やす大作映画だ。私がポストプロダクションをしている間、君は別の作品を5本くらいやりにいってしまうだろうが。だからキャスティングで間違った決断をして、それを台無しにはしない。だから君は読むか、もしくは役を逃すかだ』ってね」


(出典 news.nicovideo.jp)

【ディカプリオ、「タイタニック」出演を逃しそうだった意外なエピソード】の続きを読む


【びっくり】要潤、皆既月食の撮影中にUFOを激写⁈ 「連続で見ると移動してる…」


(かなめ じゅん、1981年2月21日 - )は、日本の俳優、タレント。 香川県三豊郡三野町(現・三豊市)出身。フリップアップ所属。香川県立高瀬高等学校卒業。 幼少期は関西テレビ放送製作の番組を見て育ち[検証 – ノート]、毎週土曜日には吉本新喜劇を見ていたことから、ボケの意識が体に染みついているという。…
46キロバイト (6,296 語) - 2022年11月3日 (木) 00:49


そんなことがあってもおかしくないですね。UFOは🛸まだ見たことがないです〜。星空をゆっくり眺める時間も持ちたいな。

要潤

俳優の要潤が、9日に自身の公式ツイッターを更新。月を撮っていたところカメラに写ったのは…まさかのUFO? 2枚の写真がファンのあいだで話題に。

【画像】移動する発光体の正体は…


■「謎の飛行物体が…」

地球の影に月が隠れる「皆既月食」が起こった8日夜。月が遠く離れた天王星を隠す「天王星食」も同時に発生し、このことがじつに442年ぶりだと話題に。ツイッター上では関連ワードが軒並みトレンド入りし、夜空の写真を投稿するユーザーが続出した。

この日、同じようにカメラを向けた要。投稿された写真には赤々と浮かぶ月の表面が大きく写るのだが、よく見ると小さな発光体が見える。2枚のそれを見比べてみると、光の位置がわずかに異なっているようだ。

「謎の飛行物体が(赤丸部分)…連続で見ると移動してるし」と本人も気になっているようで、最後は「U…UFOですかね…これ」とファンに問いかけた。


関連記事:「UFOが出た」と住民ら騒然も… 50代男性が真相打ち明け夢をぶち壊す

■「専門家に」の声も

要のこの投稿に、ネット上では「未確認飛行物体かもしれないですね。専門家に見てもらいましょう」「こ、これはスクープ写真じゃないですか!」「すごい。たしかに移動してる…」「間違いないかと思われます」と驚きの声が。

一方で、香川県出身であり、さまざまな媒体で「うどん」をPRしてきた要だけに、ファンからは「この点は天かすかもしれませんね」「UFOではなく、UDONでしょう」とイジるような声も多数寄せられていた。

■UFOを見たことがある?

ちなみに以前、Sirabee編集部が全国の10~60代の男女1,721名を対象に調査を実施したところ、全体で10.0%の人が「UFOを見たことがある」と回答する結果に。じつに10人に1人が経験しているようだ。

UFOを見たことがある人の割合

光っているだけでなく、動いている様子の謎の物体。「プラズマ?」「人工衛星かな」「大気のせいで周囲が輝いて見えるってことも」とさまざまな反響を呼んでいる。


■移動する発光体の正体は…

・合わせて読みたい→ムロツヨシ、初めて見た“謎の物体”の写真を紹介 「なにかわかります?」

(文/Sirabee 編集部・東水 壮太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ 調査期間:2019年8月9日2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1,721名 (有効回答数)

要潤、皆既月食の撮影中にUFOを激写? 「連続で見ると移動してる…」


(出典 news.nicovideo.jp)

【【びっくり】要潤、皆既月食の撮影中にUFOを激写⁈ 「連続で見ると移動してる…」】の続きを読む


9カ月ぶりに帰国、新田真剣佑シャツのボタンとネクタイ… 色気あふれる演技を新CMで披露 


久しぶりに見ましたね。

 俳優の新田真剣佑さんが出演するコスメブランドSPICARE(スピケア)」の新CMが11月1日から放送されています。新田さんは、現在、米国に拠点を移し、ハリウッド作品の撮影中で、今回、9カ月ぶりに帰国し撮影に臨みました。

 新CMは、新田さんがホテルスイートルームで、シャツのボタンを留めたり、ネクタイを締める演技を披露しており、新田さんの色気あふれる魅力が詰まった内容です。

 新田さんは、表情やしぐさにこだわりながら「もっとこうした方がいいかな……」と演技に専念。撮影の感想として「9カ月ぶりに日本に帰ってきて、一発目の撮影だったので楽しめました」とコメントしています。

オトナンサー編集部

新田真剣佑さんが出演するCMのワンシーン


(出典 news.nicovideo.jp)





【9カ月ぶりに帰国、新田真剣佑シャツのボタンとネクタイ… 色気あふれる演技を新CMで披露 】の続きを読む

このページのトップヘ