エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!

俳優


佐藤健

俳優の佐藤健が23日、自身の公式YouTubeチャンネル佐藤健Satoh Takeru』を更新。うどんを食べている自身の動画を公開し、反響が寄せられた。

【動画】香川県でうどんを堪能


■うどんを口いっぱいに頬張る

この日、更新された「うどん VLOG in 香川」と題した約4分の動画には、本場の香川県うどんを楽しむ佐藤の姿が早送りで映されていた。

目の前に置かれたうどんに薬味と出汁を入れて「いただきます!」と食べはじめた佐藤は「ふーふー」しながら口いっぱいにうどんを啜っていく。頬張りながら「んー」と漏れる声から美味しさが伝わってくるようだ。

1杯目を食べ終えると、2杯目で天ぷら付きのうどんへ。味わいながらもあっという間に完食し、本場のうどんを堪能する佐藤だった。


関連記事:山下智久、坦々うどんを食べる姿に反響 ファン「もぐもぐをありがとう」

■カレンダーの撮影地

今回佐藤は香川の直島と高松、瀬戸内を舞台とする自身の来年度のカレンダー佐藤健 2023年“TRAVELOGUE CALENDAR”(トラベローグカレンダー)「Origin」の撮影で香川県を訪れたようだ。

36ページのカレンダーには香川県を旅する佐藤の姿が収められており、本動画とは違った一面を見られるだろう。


■反響が殺到

佐藤がうどんを食べているだけの4分間の動画に「ただ食事してるだけなのにかっこいいなぁ」「食べる姿も美しすぎる」「ずっと見ていられるなぁ」と反響が殺到。

また、2杯のうどんを食べたことにも「意外に量を食べる姿にびっくりしてます」「ほっそりしてるのによく食べるんですね」「たくさん食べるんだ」と意外だったというコメントも多く寄せられていた。


■「うどん食べたくなってきた」


・合わせて読みたい→芳根京子、『オールドルーキー』の舞台裏明かす 「これはなんと7年前の…」

(文/Sirabee 編集部・一ノ瀬あさみ

佐藤健、ただ食べているだけの動画に反響 「ずっと見ていられる」


(出典 news.nicovideo.jp)

佐藤 (さとう たける、1989年〈平成元年〉3月21日 - )は、日本の俳優、YouTuber。本名同じ。 埼玉県岩槻市(現在のさいたま市岩槻区)出身。Co-LaVo所属。 埼玉県立越谷北高等学校卒業。高校2年時に初めて訪れた原宿でスカウトされ、アミューズに所属。2006年、テレビドラマ『プリン…
82キロバイト (10,187 語) - 2022年9月19日 (月) 17:47


こうゆうの見ると食べたくなりますね。



【【ずっと見ていられる】佐藤健、ただ食べているだけの動画に反響 】の続きを読む


福山雅治 柴咲コウ 「実におもしろい」ポーズツーショットに歓喜の声


ガリレオシリーズ』は、日本の推理作家東野圭吾原作の推理小説で、物理学者・湯川学を主人公とした連作ミステリーシリーズの総称。 初出は『オール讀物』1996年11月号。天才物理学者・湯川学が大学時代の友人である刑事・草薙俊平の依頼を受けて、一見超常現象とも取れる不可解な事件を科学によって解決していく。…
35キロバイト (4,992 語) - 2022年9月11日 (日) 15:44



 俳優、歌手の福山雅治が17日、自身のインスタグラムを更新し、女優の柴咲コウとの2ショットを公開。福山が主演する『ガリレオ』(フジテレビ系シリーズ主人公・湯川学おなじみのポーズを披露すると、ファンからは「ガリレオといえばこのポーズですね」「素敵なお二人 」といった声が寄せられている。

【写真】北村一輝を交えての3ショットも



 16日より劇場版第3弾『沈黙のパレード』が公開されている同シリーズ。福山が不可思議な事件を科学的な検証と推理で見事解決していく天才物理学者・湯川学を演じ、警視庁捜査一課の刑事・内海薫役の柴咲コウ、湯川の大学時代の同期であり、内海の上司でもある草薙俊平役の北村一輝が復帰している。

 さらに17日21時からは、『沈黙のパレード』の事件の4年前の出来事が描かれるスペシャルドラマガリレオ 禁断の魔術』が放送。新作ドラマとしては、『ガリレオXX』(2013年)以来9年ぶりとなる。

 19時放送の『新しいカギ』(フジテレビ系)から出演する福山は、「この後は『新しいカギ』からの『禁断の魔術』。実に、いい流れ。福」と湯川の口癖である「実におもしろい」を文字って告知。投稿には、今回9年ぶりにタッグを組んだ柴咲と湯川学おなじみの眉間あたりに人差し指をつける仕草をおそろいで披露する2ショットのほか、北村を交えての3ショットも公開している。

 『ガリレオファンにはたまらない3人のオフショットに、コメント欄には「湯川先生も草薙さんもかっこいい 内海さん綺麗 楽しみ」「ガリレオといえばこのポーズですね」「素敵なお二人 いい流れ 楽しみます」といった声であふれている。

引用:「福山雅治インスタグラムmasaharu_fukuyama_official)
柴咲コウとおなじみポーズ2ショット ※「福山雅治」インスタグラム


(出典 news.nicovideo.jp)

【福山雅治 柴咲コウ 「実におもしろい」ポーズツーショットに歓喜の声】の続きを読む


大泉洋、昨年のクリスマス一緒に過ごしたのは…よくモノマネするあの方


大泉 (おおいずみ よう、1973年4月3日 - )は、日本の俳優、タレント、声優、コメディアン、作家、歌手、司会者。愛称は「ちゃん」。所属事務所はCREATIVE OFFICE CUE、業務提携先はアミューズ。以前は、音楽ユニット・FAN TANにも所属していた。北海道江別市大麻出身。北海学…
160キロバイト (19,602 語) - 2022年8月21日 (日) 08:46


大泉洋さんは、福山雅治さんやマイケル・ジャクソンの歌マネが好きです笑。

俳優・大泉洋(49歳)が、9月15日に放送された音楽番組「SONGS」(NHK総合)に出演。歌手・俳優の福山雅治(53歳)と、昨年のクリスマスを一緒に過ごしたと語った。

福山と女優・柴咲コウが、音楽ユニットKOH+として番組に出演し、大泉が「福山さんと、年末にお食事をした時に、柴咲さんのお話しました。(福山の真似で)『あ、そう、コウちゃんね』って。クリスマス一緒だった」と話すと、福山は「ああそうだ、クリスマスだ。クリスマスを共に過ごしたんですよ」と語る。

福山によると、以前からクリスマスに素敵なお店を予約しており、紅白歌合戦の司会を控えて多忙な大泉に声を掛けたところ、たまたま都合がついたため、一緒に食事をすることができたという。

大泉は「申し訳ないですけど、私の妻と娘もご一緒させていただいて。娘なんか福山さんからクリスマスプレゼントまでいただいて」と語った。


(出典 news.nicovideo.jp)

【大泉洋、昨年のクリスマス一緒に過ごしたのは…よくモノマネするあの方】の続きを読む


【Web限定予告】松下洸平の怒号シーンも “迷惑男”阿部サダヲを紹介「アイ・アム まきもと」


松下 洸平(まつした こうへい、1987年3月6日 - )は、日本の俳優、シンガーソングライター。 東京都八王子市出身。専門学校東京ミュージックアンドメディアアーツ尚美ヴォーカル学科卒業。所属事務所はキューブ、所属レコード会社はビクターエンタテインメント、所属レーベルはVictor。以前は「ペイン
60キロバイト (6,669 語) - 2022年9月11日 (日) 21:04



 俳優の阿部サダヲが主演を務める映画『アイ・アム まきもと』より、神代刑事役を演じた松下洸平のナレーション付きWEB限定予告映像が解禁された。

【動画】迷惑と優しさを併せ持った牧本を松下洸平が語る予告映像

 本作は、ちょっと迷惑な男が“まき”起こす “迷惑系”ヒューマンストーリー。監督は、映画『舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』『謝罪の王様』に続き、阿部とは今回4度目のタッグとなる水田伸生。

 主人公の牧本は“おみおくり係(=お一人で亡くなった方を埋葬する)”として小さな市役所で働いているが、全く空気が読めない、人の話を聞かない、なかなか心を開かない、周りからするとちょっと頑固で迷惑な存在。そんな牧本は、つい周囲のルールより自分のルールを優先してしまい、同じ市役所で働く同僚たちや上司、警察や葬儀屋さんにもご迷惑をおかけしてしまう日々を送っていた。ある日、人知れず亡くなった蕪木の身寄りを探すため、彼のかつての友人や知人を訪ね歩くうちに、唯一の身寄りである娘・塔子にたどり着き、蕪木の知られざる思いと共に彼の人生をたどることとなる。“亡くなった人の思い”を大切にするがゆえに、ちょっと迷惑な牧本の行動は、やがて人と人をつなぎ、自らも変えていく―。

 WEB限定予告映像のナレーションを務めたのは、牧本の迷惑にほんろうされる刑事・神代亨を演じた松下洸平。「空気が読めない」「人の話を聞かない」阿部演じる牧本を“まさに迷惑な男”と神代さながらのあきれた様子で紹介している。

 さらに、「電話を途中で切る」「話が通じない」といった牧本が引き起こす迷惑の実例を本編映像に合わせて紹介。その度に、神代が牧本に対して怒号を浴びせ、怒りをあらわにする様子も収めている。

 しかし、予告の終盤では、松下が「まさかの感動がラストに待っているかも…」と締めくくっており、迷惑千万なだけでなく、優しさを併せ持った牧本が生み出す奇跡を予感させる予告映像に仕上がった。

 松下は怒りの演技について、舞台明けの撮影だったということもあり、自身でも驚くほどの“大きな声”が出た上、水田監督が自由に演出してくれたことで“動き回った”と振り返っており、共演した阿部も「こんなに怒られるんだってくらい楽しかった」と称賛を送るほど、全力の怒りの演技を披露している。

 映画『アイ・アム まきもと』は、9月30日より全国公開。

映画『アイ・アム まきもと』場面写真 (C)2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

【【Web限定予告】松下洸平の怒号シーンも “迷惑男”阿部サダヲを紹介「アイ・アム まきもと」】の続きを読む


ユースケサンタマリア(1971年3月12日 - )は、日本の俳優、声優、歌手、タレント、司会者。本名は中山 裕介(なかやま ゆうすけ)。大分県出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。愛称はユースケ。 ラテンロックバンド・BINGO BONGOのボーカル&MCでデビューし、現在は俳優、
60キロバイト (7,824 語) - 2022年9月14日 (水) 08:58

(出典 dot.asahi.com)


あれ?デジャブじゃないよね

1 ひかり ★ :2022/09/14(水) 16:38:24.18ID:CAP_USER9
 俳優、タレントのユースケ・サンタマリア(51才)が再婚していたことがわかった。10月下旬には、東京湾を望む高級ホテルの結婚式場で「愛を誓い合う」こととなる。

 ユースケは2004年に2才年上の女性と結婚したが、10年間の別居を経て2018年6月に離婚している。彼にとっては再婚となるが、そのお相手というのが20才年下の小西真奈美似の美女だという。

「知人が主催した食事会で知り合った一般のかたのようですね。交際期間は3年ほどですが、当初から結婚を意識していたようで、すぐに同棲されていました」(芸能関係者)

 交際を隠すこともなく、2020年6月にはふたりでいるところを『フライデー』の記者に直撃されたが、「(再婚は)将来的にはできたらいいなって思っています」と答えていた。ユースケの知人が、結婚式を控えた幸せそうなふたりの様子をこう話す。

「以前のユースケさんは、家ではグータラ者で、姉さん女房の尻に敷かれるくらいがちょうどよかったんです。でも離婚を経験して年を重ねていくなかで、包容力が出てきたようです。いまは彼が彼女をリードしているようですよ。あ! そういえばもう“彼女”じゃないんですよ」

 知人がうれしそうに続ける。

「今年の春頃、ふたりは入籍しているんです。そのタイミングで、ユースケさんは故郷の大分県からお母さんを呼び寄せて顔合わせもしたようです。そのあと“夫婦”で大分の実家も訪ねています」

 顔合わせを終えると、ふたりは結婚式について話し合いを重ねていった。当初、ユースケは式には乗り気ではなかったという。

「再婚のユースケさんは、2回目なので結婚式はやらなくてもいいという考えだったようです。ですが初婚の奥さんとしては、ウエディングドレスが着たかった。そんな奥さんの気持ちに応えて、結婚式をすることになったそうです。ただコロナ禍ということもあって、出席者は20人弱のこぢんまりとした式になるようです」(前出・ユースケの知人)

 ユースケの母親は息子の再婚を知人に目を細めて報告している。母親はユースケの仕事が軌道に乗り始めた頃、上京して身の回りの世話を焼いていた時期がある。しかし、ユースケは忙しさに追われるあまり、母親に八つ当たりしたこともあったという。今年2月放送の『ナゼそこ?』(テレビ東京系)に出演したユースケは、当時の行いを「本当にあのときは悪かった」と口にした。そうした後悔もあってか、ユースケの親孝行ぶりは周囲も認めるほど。

「古い集合住宅暮らしだったお母さんのために、大分市内に新築の一戸建てをプレゼントしています。愛犬家のお母さんが散歩しやすいようにと、大きな公園の近くを選んだようです」(前出・ユースケの知人)

 ユースケにはもう1つ親孝行したいことがある。

「前妻との間にはお子さんがいなかったこともあり、お母さんはユースケさんに“お前の子供が見たい”と話すこともあるようです。そればかりはコウノトリが運んでくることですが、お母さんとしては楽しみにしているようですよ」(前出・ユースケの知人)

 ただ、母親には心配事があるようで。

「実は、ユースケさんはいまも欠かさずお母さんに仕送りを続けているんです。でもお子さんが生まれたら何かと入用になるでしょうから、“仕送りを止めないでよって、ユースケに言っておかなくちゃ!”と冗談を飛ばしていますよ」(母親の知人)

 母親も巻き込んだ幸せな新婚生活は、もうスタートしている。

※女性セブン2022年9月29日・10月6日号

https://news.yahoo.co.jp/articles/b8759ef9f22c0c9a3cbce3e70b80085172d12abc
https://news.yahoo.co.jp/articles/b8759ef9f22c0c9a3cbce3e70b80085172d12abc?page=2

【ユースケ・サンタマリア、20才年下女性と再婚していた】の続きを読む


佐藤 (さとう たける、1989年〈平成元年〉3月21日 - )は、日本の俳優、YouTuber。本名同じ。 埼玉県岩槻市(現在のさいたま市岩槻区)出身。Co-LaVo所属。 埼玉県立越谷北高等学校卒業。高校2年時に初めて訪れた原宿でスカウトされ、アミューズに所属。2006年、テレビドラマ『プリン
82キロバイト (10,187 語) - 2022年9月6日 (火) 12:46
井上 真央(いのうえ まお、1987年1月9日 - )は、日本の女優。神奈川県横浜市磯子区出身。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業。アン・ヌフ所属。 4歳の時、母親の薦めで劇団東俳に入り、5歳から子役としてキャリアを開始する。 デビュー作は1992年の『真夏の刑事』(テレビ朝日)で、パトカーにはね
35キロバイト (4,342 語) - 2022年9月4日 (日) 01:59
どんなドラマか今から楽しみですね

1 ひかり ★ :2022/09/15(木) 08:39:12.52ID:CAP_USER9
 分刻みのスケジュールをこなす人気俳優ともなれば、数年先まで仕事が詰まっているというのも珍しいことではない。それだけに、ドラマ制作に携わる人にとって、キャスティングは超重要事項だ。最近、そんなドラマ制作の関係者をザワつかせる事態が起きたという。

「来年1月クールのTBSのドラマに、佐藤健さん(33才)の出演が決まったそうです。本格的な恋愛ドラマで、過去の作品を超えるような胸キュンシーンが盛り込まれるそうです」(ドラマ制作関係者)

 佐藤の連ドラ出演は、2020年1月クールの『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)以来3年ぶりだ。その期間、満島ひかり(36才)とのダブル主演で、宇多田ヒカル(39才)の楽曲に着想を得たNetflixオリジナルドラマ『First Love 初恋』や、長澤まさみ(35才)と共演する映画の撮影などに追われていた。

「クイズバラエティーなどで目にすることは多かったので、佐藤さんほどの俳優が、連ドラが3年ぶりと聞くとちょっと意外でしたね。ただ、それよりも驚かされたのは、そのドラマの共演相手が井上真央さん(35才)だったことです」(前出・ドラマ制作関係者)

 佐藤は10代の頃から、井上は子役時代から芸能活動を続けているが、意外なことに今回のドラマが初共演だ。一方で、佐藤と井上は、1人の男性を起点に“因縁”を抱えている。

「井上さんは、長らく松本潤さん(39才)との関係が取り沙汰されてきました。始まりは2005年のドラマ『花より男子』(TBS系)での共演。一般家庭で育った正義感の強いヒロインが、セレブ高校一のイケメン御曹司と恋に落ち、困難を乗り越えて結ばれる。ドラマでのふたりがあまりにもお似合いだったことから、“実際につきあっているのでは”という噂が囁かれるようになりました」(芸能関係者)

 2014年に写真週刊誌が焼き肉デートを報じたのを機に、ふたりの交際報道は過熱し、「婚約」「結婚間近」といった言葉が飛び交うようになった。

「その後、井上さんが突然、表舞台から姿を消し“寿引退報道”も出ました。しかし、休業状態にあったのは事務所を移籍した際の充電期間で、井上さんは終始交際を否定。いまとなっては真偽不明の情報で、ファンの間では、“都市伝説”と言う人までいます」(前出・芸能関係者)

 一方の佐藤も松本とはただならぬ関係にある。

「2人は、親友と言っていいほどの仲です。プライベートをほとんど明かさない佐藤さんが、松本さんと『謎解きゲーム』の施設に出かけたことを明かしてファンを驚かせたり、バラエティー番組での共演相手に指名したこともありました」(別の芸能関係者)

 初共演にもかかわらず、佐藤と井上はすでに“フクザツな関係”で結ばれている。

「『花男』には熱狂的なファンがいて、井上さんと松本さんが現実で結ばれていてほしいと願っている声もあるようです。そんな中、井上さんと佐藤さんが初共演。しかも、『花男』と同じTBSの金曜22時枠ですから、周囲がなんとなくやりにくさを覚える“タブーな初共演”なんですよね。もちろん、佐藤さんと井上さんは共演を快諾していますし、何のわだかまりもないでしょうが」(前出・ドラマ制作関係者)

 奇しくも、松本主演の大河ドラマ『どうする家康』(NHK)も来年1月にスタートする。新年早々、ファンの妄想が止まらない。

※女性セブン2022年9月29日・10月6日号

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e63eb924c386761baef3173824d2a76d75cbfa3
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e63eb924c386761baef3173824d2a76d75cbfa3?page=2

【佐藤健、来年1月期に3年ぶり連ドラ出演 共演は井上真央と“本格的な恋愛ドラマ” ⁈】の続きを読む

このページのトップヘ