【心理テスト】香水をつけるならどの香りを選ぶ? 「あなたの話し上手度」


心理検査(しんりけんさ)とは、人間の心理の検査である。雑誌、一般向け書籍などに掲載されている、いわゆる「心理テスト」については通俗心理学を参照のこと。 心理検査は被験者の環境や心理状態などによって影響されて結果が違ってくるものである。そういった原因によるぶれを少なくするため、検査前には被験者と検査者
8キロバイト (1,236 語) - 2021年3月5日 (金) 15:45


気分で選んだらBでしたわ

QUESTION
香水をつけるとしたら、以下のどれがいいですか?

A:フローラル系
B:シトラス
C:ムスク系
D:スパイシー

あなたはどれを選びましたか? それでは結果をみてみましょう。

この心理テストで分かることは?

「あなたの話し上手度」

香水は、あなたの魅力を瞬時に伝えられる物です。あなたが選んだ香水のタイプから、どんな風に自分を演出したいのかがわかり、そこからあなたの会話力が探れるのです。

■A:「フローラル系」を選んだあなたは……

「話し上手度30%」

ふんわり柔らかな香りのフローラル系の香水を選んだあなた。会話では優しい雰囲気を演出しようとするでしょう。会話の相手を立てて、自分が話すよりも、相手の話をひたすら聞いてあげます。肯定も否定もせずに、うなずきながら、うまく相槌を打つでしょう。話し上手度は低めですが、聞き上手なので、会話の相手からは好感を持たれるはずです。

■B:「シトラス系」を選んだあなたは……

「話し上手度70%」

すっきりさわやかシトラス系の香水を選んだあなた。会話では相手から好感を持たれるように、さわやかな自分を演出するでしょう。自分を相手に理解してもらうために、論理的で筋道の通った話し方をします。時に共感しつつ、反論する時にはやんわりと諭すようにするはず。話し上手度は高めです。

■C:「ムスク系」を選んだあなたは……

「話し上手度10%」

色っぽい雰囲気のムスク系の香水を選んだあなた。会話は苦手なので、匂い立つような雰囲気で自分を演出するタイプです。話し下手を自覚しているので、無理に話そうとはしません。その代わり、分かって欲しい相手には、熱い視線を送ったり、何らかのしぐさで相手にアプローチします。話し上手度は低いですが、言葉以外の方法で相手に思いを伝えることができるはずです。

■D:「スパイシー系」を選んだあなたは……

「話し上手度90%」

刺激的で強い、スパイシーな香りを身にまといたいあなた。会話では理論派で強い自分を演出するでしょう。合理的で論理的、知識量も多く弁が立ちます。問題が起こったら、論議で解決しようとするはず。相手が答えられなくても、混乱してもおかまいなしに話の筋道を作って、ガンガン強気で攻めていくでしょう。話し上手度はかなり高いです。

(紅たき)

※画像はイメージです

【心理テスト】香水をつけるならどの香りを選ぶ? 「あなたの話し上手度」


(出典 news.nicovideo.jp)