【海外】第78回ゴールデン・グローブ賞、久々の晴れ舞台で魅せたベストドレッサーのセレブたち ★


ゴールデングローブ賞(ゴールデングローブしょう、(英: Golden Globe Awards)は、アメリカ合衆国における映画とテレビドラマに与えられる賞。ハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)の会員の投票により選定される。毎年1月に発表され、アカデミー賞の前哨戦としての注目度も高い。
9キロバイト (486 語) - 2021年2月28日 (日) 06:07


綺麗✨

コロナ禍で延期されていた第78回ゴールデン・グローブ賞授賞式が、現地時間2月28日に開催された。初のリモート開催で自宅から普段着で登場する候補者もいた一方で、先が見えないながらもワクチン接種が始まり、昨年3月のパンデミック以来の大掛かりなイベントとあって、バーチャルの世界にも光を見出そうとする人々も。久しぶりのドレスアップに気合が入ったセレブたちも多く、今思えば夢のようだったコロナ前の世界を思い出させてくれる、ゴージャスなファッションに身を包んだセレブたちを見て、心躍らせる人々も多かったよう。

【写真を見る】リモート参加でも華やかに!総勢20名の美しきゴールデン・グローブ賞ベストドレッサーたちを一挙紹介


ここからは、「Daily Mail」「E!」「People」など多数のメディアが選んだベストレッサーたちをご紹介。


透き通るような肌がより強調される、ミントグリーングッチのサテンドレスに見事なケープ使いで、「まるで妖精」と称されたエル・ファニング。コーラルカラーオスカー・デ・ラ・レンタのドレスで背中とショルダーラインの美しさを見せた、アマンダ・サイフリッド。そして、自宅から大勢の家族とリモート出演したケイトハドソンルイ・ヴィトンの黒白のドレスの着こなしは、さすがベストレッサーの常連といえる貫禄と評判だった。


ケイト・ハドソン

 リリー・コリンズ


また、ソフィア・カーソンのワンショルダーにツートンカラーの、シルエット美しいジャンバティスタ・ヴァリのドレス、アニャ・テイラージョイビビッドなディオールのオートチュードレスが、2011年ゴールデン・グローブ賞授賞式で、アンジェリーナ・ジョリーが着ていたアトリエヴェルサーチのグリーンドレスを彷彿させると話題に。


リリー
コリンズゴールドベースの青、グリーンがゴージャスなサンローランドレスは、ゴージャスなヘアスタイルと相まって、これまでと違った大人の雰囲気に注目が集まった。プランネックのベージュと黒のコラボレーション美しいプラダドレスをまとったジュリアガーナーや、黒とシルバーコントラストとボディライン美しいルイ・ヴィトンドレスを選んだレジーナキング

レッドカーペットにも登場した、ワンショルダーで左脚の美脚のコントラストが映えるパープルドルチェ&ガッバーナドレスを着こなしたアンジェラ・バセットや、フリルと左腿のスリットがキュートさと大人っぽさを程よくミックスした、シャネルドレス姿のマーゴット・ロビーなども、完璧なメイクと着こなしでベストレッサーに選ばれている。

セシル・B・デミル賞を受賞した御年83歳のジェーン・フォンダは、プライベートからの見事な変身ぶりと抜群のスタイルで、白のパンツスーツを着こなす大女優の出で立ちが圧巻。思わず視線が注がれてしまう、大胆に胸元を開けた黄色い華やかなアレックスペリードレスで登場した、62歳のジェイミー・リー・カーティスや、黒いシンプルジバンシィのパンツスーツでシックに決めたローラ・ダーンなど、実力派女優たちが大人の色気あふれるドレスアップ姿を見せてくれた。

しゅうが施された、オスカー・デ・ラ・レンタのAラインドレスで参加したケイリー・クオコ、黒いプラダドレスパープルのギブスをもおしゃれに着こなしたサラ・ポールソン、美脚が強調されるシンプルな白いジバンシィのドレスで、このたび妊娠も明らかとなったガル・ガドット、さらにニコールキッドマンのゴールドチェーンデザインがアクセントのルイ・ヴィトンのホルターネックドレスは圧巻で、「ミューズの地位を不動のものとしている」と絶賛されている。


男性では、個性的なヴァレンティノの黄色いスーツを着こなしたダン・レヴィ、ロエベのモノクロスーツミステリアスな雰囲気をまとったジョシュオコナーケヴィンベーコンの渋いディオールのブラックスーツなどの評判が良かったようだ。

文/JUNKO


第78回ゴールデン・グローブ賞出席者たちのファッションをチェック/HFPA Photographer


(出典 news.nicovideo.jp)