父は千葉真一、兄は新田真剣佑! 眞栄田郷敦が父親から「芸能界やめろ!」と言われた理由


眞栄田 郷敦(まえだ ごうどん、英語: Gordon Maeda、 2000年〈平成12年〉1月9日 - )は、日本の俳優。所属事務所はユニバーサル ミュージック アーティスツ合同会社。本名は前田 郷敦(読み同じ)。 父は千葉真一、兄は新田真剣佑、異母姉は真瀬樹里、叔父は矢吹二朗。 ファンクラブ名は…
19キロバイト (2,152 語) - 2022年11月28日 (月) 05:41


どんどん良い俳優さんになっていきますね。

 “強烈な目力”が一転、“生気の消えた目”に――。

 長澤まさみ主演のドラマ「エルピス」(フジテレビ系)で、冤罪事件の真相を追う若手ディレクター役を熱演しているのが、眞栄田郷敦(まえだごうどん)(22)だ。

◆ ◆ ◆

父は千葉真一、兄は新田真剣佑

 ドラマ関係者が語る。

「重いテーマドラマですが、現場は明るい。郷敦も、鈴木亮平から『どんどん』というあだ名ツッコミを受けたりしています」

 そんな郷敦の父は、アクション俳優の草分け的存在として知られる故・千葉真一だ。千葉は1994年に野際陽子と離婚後、96年に28歳年下の京都の元芸妓と再婚。2人の間にはこの年に長男で俳優の新田真剣佑(あらたまっけんゆう)が、2000年に次男の郷敦が生まれた。

 千葉親子と交流が深いJAC(ジャパンアクションクラブ)現代表の西田真吾氏が振り返る。

千葉さんは当時、ハリウッドを目指しており、郷敦もロスで育ちました。だから英語はペラペラ。運動神経も抜群です。父親に教わったという極真空手は、全米体重別選手権で2位になるほどの実力でした。今も筋肉はムキムキですよ」

大不合格、両親の離婚…兄に相談すると

 その後、ロスに残った兄とは異なり、12年、中学進学のタイミングで母と帰国。サックスの演奏にのめり込み、音楽の名門高校へ進んだ。プロを目指し、18年、東京藝術大学を受験したものの、不合格に終わってしまう。この間、15年に両親は離婚していた。

「失意の彼が相談した相手は、日本に戻っていた千葉さんと真剣佑でした。既にデビューしていた真剣佑に『試しに役者をやってみたら』と言われ、演技の道に踏み出した。お母さんの理解もあって、デビュー前には千葉さんと2人で千葉県君津市の自宅で暮らし始めます」(同前)

が「芸能界をやめろ!」と言った理由

 父が息子に繰り出したのは、“仁義なき指導”だった。千葉が生前、「女性自身」などのインタビューに語ったところによれば、

「芸能界をやめろ!」

 と、郷敦に檄を飛ばし続けたという。

「千葉は『俺も真剣佑も超える覚悟でやれ! それが出来ないようならすぐに芸能界をやめろ!』と。千葉は『厳しい条件をつけた』と言っていましたが、この言葉に郷敦も奮起したといいます」(芸能関係者)

 そして、19年5月公開の映画「小さな恋のうた」でデビューを果たした郷敦。同年12月公開の映画「午前0時、キスしに来てよ」の新城毅彦監督が語る。

「まだ芸能界に慣れてなくて、まっさらという感じでした。でも眼力はあるし、華があった。演じてみたらどうなるんだろうと興味をそそられました。郷敦はストイックで素直。演技で分からないことがあれば『どうすればいいですか?』とどん欲に聞いてくる。撮影中も凄いスピードで成長していきました。それでいて人として魅力的だから、可愛がられる。共演した(橋本)環奈からも弟みたいにイジられていました(笑)

一方的に交わした父との約束

 以降も相次いで話題作に出演。キャリアを重ねる郷敦に突然の別れが訪れたのは、昨年8月のことだった。父が新型コロナによる肺炎で帰らぬ人となったのだ。

「仕事の合間を縫って駆けつけた郷敦は最後、千葉さんと病室で2人きりになり、『一方的に(父と)約束をしてきました』と言っていました。色んな決意を伝えたんじゃないですかね。今年も、お母さんと真剣佑と3人でお墓参りに来ていました」(前出・西田氏

「最終的にはアメリカで認められたい」と公言している郷敦。父を超える覚悟で役者の道を歩んでいる。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2022年12月1日号)

サックスは全国大会に出場する腕前の眞栄田郷敦


(出典 news.nicovideo.jp)


エルピスの演技も注目ですよね。


「エルピス」重要人物の存在が浮かび上がる “拓朗” 眞栄田郷敦の「演技が際立っていて目が離せない」

 大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤)は、元新米ディレクターの岸本拓朗(眞栄田郷敦)と共に、かつて世間を騒がせた連続殺人事件で犯人とされた松本良夫死刑囚…
(出典:エンタメOVO)