上白石萌音、療養で舞台「千と千尋」大千穐楽を休演に思いを綴る


Away』(英語)訳:spirit away=「誘拐する、神隠しにする、忽然と連れ去る」 『千尋』(中国語、簡:寻、繁:千尋、ピンイン:Qiānyǔqiānxún、中国大陸香港の題名)直訳:「千と千尋」 『神隠少女』(中国語、簡:神隐少女、繁:神隱少女、ピンイン:Shēnyǐnshǎonǚ、台湾の題名)直訳:「神隠しの少女」
221キロバイト (31,277 語) - 2022年7月1日 (金) 08:49



 俳優の上白石萌音が4日、自身のインスタグラムを更新。新型コロナに感染して療養中のため、出演予定だった、同日に名古屋・御園座で行われた舞台『千と千尋の神隠し』の大千穐楽を休演したが、代役を務めたW主演の橋本環奈はじめ、キャストスタッフたちへの思いをつづった。

【写真】驚きの再現率…舞台『千と千尋』で千尋を演じる橋本環奈

 上白石は「舞台『千と千尋の神隠し』本日、奇跡のような大千穐楽により、幕が下りました。簡単には言葉にできない気持ちで今日を迎えました。でも、大好きな仲間たちの最高にかっこいい姿を観て、全てを背負って立ってくれた頼もしい相方の言葉を聞いたら、自分でも驚くほど心が晴れました。本当に不思議。釜爺さん、これが愛なのでしょうか?」と胸中を吐露。

 続けて「お客様方におかれましては、度重なる中止や変更にご理解いただき、それでも心を寄せていただき、ありがとうございました。お会いすることが叶わなかった方々に、いつかはきっと会えますように」とつづった。

 その上で「思い返せば試練続きだった7ヶ月間。どんな逆境も志高く朗らかに乗り越えるカンパニーの一員でいられたことを、心から幸せに思います。すべての出会いにありったけの感謝を込めて。ありがとうございました!」と呼びかけた。

 橋本も同日、自身のツイッターを更新。「12月の稽古から始まり今日まで千尋として走り抜けてきました。本当に良いカンパニー恵まれて幸せです。みんなとともに舞台『千と千尋の神隠し』を作り、お客様に観て頂けてとてもうれしかったです。劇場に足をお運び頂いた方、配信を観て下さった方、本当にありがとうございます」と伝えていた。

(左から)上白石萌音、橋本環奈 photo:田中達晃/Pash(C)oricon ME inc.


(出典 news.nicovideo.jp)

(上白石萌音さんのインスタグラムより)