【カムカム】るいの背中を押したベリーに「とてもいい女」


カムカムエヴリバディ』は、2021年度後期放送のNHK「連続テレビ小説」第105作として、11月1日から放送されている日本のテレビドラマ。京都、岡山、大阪を舞台に、昭和から令和の3つの時代をラジオ英語講座と共に生きた祖母、母、娘の3世代のヒロインの一世紀(100年)におよぶ家族の物語をハートフルコメディーとして描く。藤本有紀作。
84キロバイト (11,736 語) - 2022年1月14日 (金) 03:52


ベリーちゃん、言葉はぶっきらぼうだけどええ女、かっこええ〜。

 女優の深津絵里が2代目ヒロインを担当する連続テレビ小説 『カムカムエヴリバディ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム土曜日は1週間の振り返り)。きょう14日に放送された第52回では、ジョーオダギリジョー)を追いかけていたベリー(市川実日子)がるい(深津)の背中を押し、反響を集めている(ネタバレあり)。

【場面写真】雨の中…ジョーを待つるい

 ドライブの帰りに錠一郎から思いを伝えられたるい。しかし、るいは額の傷を気にして錠一郎の気持ちを受け入れることができなかった。コンテストに向けて調子の上がらない錠一郎の様子から、るいがなかなか返事ができずにいることを知ったベリーは激怒。そして、錠一郎の将来のため、るいはある決心を固める…という内容だった。

 ベリーは、るいに対し「プロポーズされて返事もしいひんってどういうこと?」「なんで私が諦めた思うてんの?」「ジョーに幸せになってほしいからに決まってるやんか」と自分の気持ちを告げる。

 なにも答えない、るいにいら立つベリーだったが、るいの額の傷を知ると「なんや、やっぱり好きなんや。ごめん。でも、ちゃんと返事をしてあげて。このままだったらジョーコンテストで負けてまう」といい、その場を後にした。

 SNSでは「かっこいい性格」「とてもいい女」「ベリーちゃん、ホントに良い子」「同性にもほれられるタイプ」「ベリーちゃん最高にきれいでした」など、るいの気持ちを自然とくむ彼女の優しさに多くの声が届いている。

『カムカムエヴリバディ』第52回より(C)NHK


(出典 news.nicovideo.jp)