【思わずほっこり】上白石萌音、“きゅんです”ポーズのオフSHOT


カムカムエヴリバディ』は、2021年度後期放送のNHK「連続テレビ小説」第105作として、11月1日から放送されている日本のテレビドラマ。京都、岡山、大阪を舞台に、昭和から令和の3つの時代をラジオ英語講座と共に生きた祖母、母、娘の3世代のヒロインの一世紀(100年)におよぶ家族の物語をハートフルコメディとして描く。藤本有紀作。
57キロバイト (7,450 語) - 2021年12月6日 (月) 14:10


インスタグラムに癒されます。

12月4日NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の番組公式Instagramが更新され、上白石萌音らのオフショットが公開された。

【写真】幸せそうな笑顔を見せる『カムカム』オフショットを公開

Instagramアカウントでは、「みんなで一緒に〜、『きゅんです』」「#上白石萌音 #若井みどり #中野翠咲 #朝ドラ #カムカムエヴリバディ #カムカム #オフショット #岡山」といったコメントハッシュタグと共に、上白石萌音らがちゃぶ台を囲んで“指ハート”でポーズをした笑顔の写真を公開。



この投稿に、ファンからは「ほっこり」「素敵な笑顔」「仲良し3人」「こんな笑顔をずっと見ていたいな」「天使がいっぱい」などのコメントが集まっていた。

11月1日より放送が開始されたNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』は、三世代の女性たちが紡いでいく100年のファミリーストーリー。上白石は、あんこの甘い香りに包まれたあたたかい家庭で育った一代目ヒロイン・安子を演じている。

上白石萌音、“きゅんです”ポーズの『カムカム』オフSHOTに反響「ほっこり」「素敵な笑顔」


(出典 news.nicovideo.jp)