#DEAN FUJIOKA ファッション誌Oggiでマルチタスクな生き方を語る


ディーン・フジオカ(英語: Dean Fujioka、中国語: 藤岡靛、本名:藤岡 竜雄(ふじおか たつお)、1980年〈昭和55年〉8月19日 - )は、俳優、シンガーソングライター、映画監督、モデル。福島県須賀川市生まれ。所属芸能事務所はアミューズ。所属レコード会社およびレーベルはA-Sketc
104キロバイト (10,375 語) - 2021年11月22日 (月) 11:38



ファッション誌『Oggi』1月号に、ミュージシャン、俳優、モデルと、マルチな活躍をするDEAN FUJIOKAさんが登場。同誌の音楽連載「働く私にMusik」(Musikドイツ語で音楽の意味)で、ナビゲーター役を務めるラジオDJ・サッシャさんが、アーティストDEAN FUJIOKAさんの魅力に迫ります。
NHK大河ドラマ青天を衝け』では実業家・五代才助(友厚)役を好演。五代役は、俳優としてブレイクのきっかけとなったNHK連続テレビ小説あさが来た』(2015~16年)以来2度目とあって話題ですが、一方で、音楽活動や映画の監督・プロデュースなどマルチな才能を発揮してきました。
ミュージシャンとしては、12月8日3rdアルバムTransmute』をリリース。1月号では、新作アルバムのこと、そして、Oggi世代に向けた“マルチタスクな生き方”について語ってくれています。
  • 多彩な才能が生むシナジー
「僕って重層的に仕事を組み立てる人間なんです。音楽の話だけしているようで、実は違うキャリアが関わっていたり、その逆も然り。そういったシナジーをどう組み立てていくかを強く意識するようになりました」
中華圏でモデル、俳優として活躍し、その後ジャカルタを拠点に音楽活動を始め、2011年に日本で芸能をスタート2019年には初のアジアツアーで約3万人を動員するなど、アーティストとして積み重ねてきたキャリアは10年以上。俳優業のほかに映画の監督やプロデュースも手掛け、その活動は、“マルチタスク”そのもの。多彩な才能から生み出されるシナジーに、サッシャさんは「それこそが、DEANさんの最大の強み」と言います。
本人が「アカウントの切り替え」という仕事の切り替え方もDEAN流。「まだまだ修行途中」と言いながらも、そこでは、働く多くのOggi世代にとっての“学び”が語られます。 対談では、サッシャさんからの質問に、「言いたいことを質問してくださっている。やっぱりすごいですね!」と、リスペクト。これには、サッシャさんも「どうしたんですか!」と笑みがこぼれえるひとコマも。マルチな才能はサッシャさんも同じ。マルチタスクなふたりの対談は、読み応え十分です。
Oggiスタイリングで撮り下ろした写真は、どこまでもかっこよくスタイリッシュ。また、多彩な顔の“素顔”に迫る5つQuestionも聞いています。
アーティストDEAN FUJIOKAさんを知り尽くす8ページは、『Oggi』1月号で。発売は11月27日(土)です。

配信元企業:株式会社小学館

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ



(出典 news.nicovideo.jp)



マルチタスクな生き方がスマートな、ディーン・フジオカさんの画像です♡