【朝ドラ】「カムカムエヴリバディ」上白石萌音、撮影裏での努力が起こした奇跡 西田尚美が明かすアドリブ秘話とは?


カムカムエヴリバディ』は、2021年度後期放送のNHK「連続テレビ小説」第105作として、11月1日から放送されている日本のテレビドラマ。京都、岡山、大阪を舞台に、昭和から令和の3つの時代をラジオ英語講座と共に生きた祖母、母、娘の3世代のヒロインの一世紀(100年)におよぶ家族の物語をハートフルコメディとして描く。藤本有紀作。
46キロバイト (5,406 語) - 2021年11月24日 (水) 01:55


本当に自然でしたね。

【モデルプレス=2021/11/24】女優の西田尚美が24日、自身のTwitterを更新。出演中のNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(総合:あさ8時~、BSプレミアム・BS4K:あさ7時30分~)での、とある“アドリブシーン”の撮影秘話を明かした。

【写真】上白石萌歌、姉・萌音と歌唱力を絶賛する人物とは?

◆西田尚美、上白石萌音らとのアドリブシーンが話題に

23日放送の第17話では、戦争が本格化する中、安子(上白石萌音)が実家「たちばな」を訪れ、橘家と娘のるいが初対面。安子と母・小しず(西田)が思い出話に花を咲かせていると、突然るいが泣き出しまう場面が。しかし、るいを抱いていた小しずが「いけんの、いけんの、お母さんいこ」と安子に預けると、ピタリと泣き止むのだった。また、父・金太(甲本雅裕)がるいと初対面した際にも泣き出してしまったが、皆でるいをあやす微笑ましいシーンとなっていた。

このハプニングとも言えるシーン視聴者からは、「本当の家族みたいなやり取りでほっこりした」「赤ちゃんが泣き出したシーンアドリブっぽい」「安子に抱かれた瞬間泣き止むのすごい」との声が多数寄せられ、話題となった。

このシーンに対し西田は、「萌音ちゃん撮影じゃない時も、るいを抱っこしていたり、おんぶしたりしていたから、昨日のあのシーンでるいが泣いた時、アドリブで安子に預けたらピタリ泣き止んだ。本当にお母さんみたいだった。その後も金太さん来た時にまたるいが泣いて、皆アドリブ交えながら繋げた。とてもとても幸せなシーン」と撮影秘話を告白。出演者のアドリブと上白石の“母親としての努力”が生んだ、まさに奇跡のシーンであったことが明かされた。

◆出演者のアドリブに反響

この撮影秘話に視聴者からは、「やっぱりアドリブだったのか」「岡山弁でアドリブってすごい」「萌音ちゃんと赤ちゃん本当に親子だった」「自然なやり取りできる橘家素敵」との反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:NHK

Not Sponsored 記事】

西田尚美、上白石萌音(C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)




ひゃくようばこ
@Gh5gPKcc8N9EGmr

昨日のカムカム。るいちゃんが泣き止んだシーンはアドリブだったのね(泣)比べたくはないけど、2年ほど前に取り分け皿と共にアイスクリーム出されて、子供達は無視で自分がアイスにスプーン突き立てたヒロインを思い出してしまった。乳児は肌感覚で分かるんだろうなぁ😊

2021-11-24 18:09:56

(出典 @Gh5gPKcc8N9EGmr)

けいこ
@1687keiko

カムカム。もねちゃんとるいちゃんの絆💛撮影ではない時もるいちゃんを抱っこしたり、おんぶしたり撮影中るいちゃんが泣いたときはアドリブで安子ちゃんに預けたらピタリ泣き止んだ本当にお母さんみたいだったアドリ… https://t.co/IqGDVREbyg

2021-11-24 16:01:32

(出典 @1687keiko)

シナモン山椒
@0b3xrp2Wssr3nQ1

カムカム。赤ん坊るいちゃん、萌音ちゃんに抱っこされるとすぐ泣き止むので、アドリブがうまくいったとか。萌音ちゃんも休憩中おんぶひもでおんぶしたり、努力されたよう。しかし。赤子さまも幼児も、ピュアーに若くて可愛い娘が好きというのも大きいぞ~🐼あいつらげんきんだぞ~🐼

2021-11-24 14:11:58

(出典 @0b3xrp2Wssr3nQ1)

焼き林檎+393
@bda9Sl5mxa1P4Gg

カムカム17話感想3安子帰省の場面で、泣きやむるいちゃんに萌音ちゃんが「大丈夫よ」って小声で言ったのが気になる。いつもの安子のトーンじゃないし、アドリブっぽいなって。演技で言ってる感じじゃなかった。でも、お汁粉は水か白湯だったね。ま、しょうがないけど。

2021-11-23 13:20:43

(出典 @bda9Sl5mxa1P4Gg)