#玉置浩二、オーケストラ公演の映像作品 化が決定!


玉置 浩二(たまき こうじ、1958年〈昭和33年〉9月13日 - )は、日本のミュージシャン・俳優。ロックバンド『安全地帯』のボーカリスト。日本コロムビア所属。 北海道旭川市出身。北海道旭川農業高等学校中退。身長177cm。血液型はA型。現在の妻はタレント・女優の青田典子。
79キロバイト (7,072 語) - 2021年10月17日 (日) 05:25


あげるのが少し遅かったですね・・💦

孤高のヴォーカリスト 玉置浩二 が、12月8日(水)にファン待望となるオーケストラ公演の映像作品をリリースすることが発表され、ダイジェスト映像も公開された。

本作品は、7月20日(火)に東京・東京ガーデンシアターで行われた『billboard classics PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2021『THE EURASIAN RENAISSANCE “КАПЕЛЬ”』』の公演映像を収録。「PREMIUM SYMPHONIC CONCERT」は、2015年2月の初演以来、コロナ禍で中止となった2020年を除き、毎年行われてきた玉置浩二×billboard classicsのオーケストラ公演で画期的なシリーズとして非常に人気が高く、1月には、「ОТТЕПЕЛЬ(オーチェペリ:雪解け)」と題し、全6公演を行い全て満席となる盛況振りで、先の見えないこの世界に圧倒的な迫力と存在感で雪解けを予感させる希望の光を灯した。さらに鳴りやまぬアンコールに応え、新たな命の源として、大地に希望の大河を紡ぐべく、「КАПЕЛЬ(カペーリ:雪解けの雫)と題し、今年初夏から再び 7 都市で公演を開催。

本作品に収録された東京ガーデンシアターでの公演は、7都市での最終公演となっており、2015年の幕開け公演でタクトを振った指揮者大友直人が登場、玉置浩二の唯一無二の素晴らしい歌声と東京フィルハーモニー交響楽団ダイナミックで繊細な演奏が調和したステージは、billboard classics公演の集大成として相応しい奇跡のステージとなっている。また、本作品には、この公演に向ける思いを語ったシーンファン必見の特典映像なども収録されているので、ぜひそちらも注目したい。

Blu-ray&DVD『「billboard classics PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2021『THE EURASIAN RENAISSANCE “КАПЕЛЬ”』LIVE』

2021年12月8日(水)発売

Blu-ray
COXA-1284/¥8,800(税込)
DVD
COBA-7255/6/¥7,700(税込)
<収録曲>
1.歓喜の歌
2.ロマン
3.祈りの鐘〜Sacred Love
4.いつもどこかで
5.キラキラ ニコニコ
6.メドレーMR.LONELY~プレゼントサーチライト
7.FRIEND
8. 歌劇「フィガロの結婚」序曲
9.GOLD
10.行かないで
11.メドレーワインレッドの心~じれったい~悲しみにさよなら
12.JUNK LAND
13.夏の終りのハーモニー
14.田園
15.メロディー
他、特典映像あり

※収録日・収録場所: 2021年7月20日(火)東京ガーデンシアター

◎予約URL
https://lit.link/tkkj

『玉置浩二 Concert Tour 2021 故郷楽団~Chocolate cosmos』

10月18日(月) 東京・Bunkamura オーチャードホール
18:00
10月19日(火) 東京・Bunkamura オーチャードホール
18:00
10月24日(日) 静岡・菊川文化会館アエル
17:00
10月28日(木) 兵庫・神⼾国際会館こくさいホール
18:00
10月29日(金) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
18:00
10月31日(日) 広島・広島文化学園HBGホール
17:00
11月04日(木) 宮城・東京エレクトロンホール宮城
18:00
11月05日(金) 福島・とうほう・みんなの文化センター
18:00
11月09日(火) 東京・府中の森芸術劇場 どりーむホール
18:00
11月13日(土) 茨城・ザ・ヒロサワ・シティ会館 大ホール
17:00
11月15日(月) 大阪・大阪フェスティバルホール
18:00
11月16日(火) 大阪・大阪フェスティバルホール
18:00
11月22日(月) 東京・東京国際フォーラムホールA
18:00

各公演詳細:https://columbia.jp/tamakikoji/#live

玉置浩二&安全地帯 オフィシャルHP
玉置浩二 日本コロムビアオフィシャルアーティストページ
この記事の画像をもっと見る
玉置浩二(okmusic UP's)


(出典 news.nicovideo.jp)