【保湿についてまとめました】「乾燥」は美容の大敵!頭のてっぺんからお顔まで保湿しましょう


美容(びよう)とは、身体や容姿を理想的な美しさに近づけるために行われる試みや行為である。美容に含まれる範囲には化粧やヘアスタイリングなどのファッションとしての外見操作から、アンチエイジングや美容整形といったヘルスケアやウェルネスの領域にまで及ぶ。狭義には美容師の業務や技能を「美容
11キロバイト (1,550 語) - 2021年4月27日 (火) 08:51


これからますます乾燥しますから、気をつけていきましょう!

「乾燥」は美容の大敵!頭皮もお肌も保湿が大切!効果的な乾燥対策とは
美容の大敵「肌の乾燥」について

女性なら一度は「お肌の乾燥」に悩んだことがある方が多いのではないでしょうか。

お肌の保湿には注意している方が多いかと思いますが、実は頭皮の保湿も重要なのです!

お肌の乾燥を放っておくと、シミやシワの発生にもつながります。

また、頭皮が乾燥すると頭皮はダメージを受けやすくなります。

ダメージを受けることにより、髪と頭皮が痛み、抜け毛・薄毛の原因にもなりかねません。

更に、頭皮が乾燥していると肌を守ろうと皮脂の分泌が活発になり脂ぎった頭皮となり、べたつき、臭い、抜け毛の増加、髪のボリュームダウンに繋がります。

そんな乾燥の原因とは、主に間違ったケア、湿度、などがあげられます。

お肌や頭皮の乾燥の原因をしっかり把握して、効果的な対策を行いましょう!

お肌の乾燥を防ぐ正しいスキンケア方法

洗顔

洗浄成分が強い洗顔料を使うと、肌を保護する天然のクリームである皮脂まで落としてしまいます。

皮脂がなくなると内側の水分が蒸発するので、乾燥に繋がります。

洗顔後に肌が突っ張った経験がある方も多いのではないのでしょうか。それは、皮脂がなくなり乾燥を訴えているサインなのです。

ですので、まず、手のひらいっぱいに泡を作ります。

そして、1.Tゾーン 2.顎 3.頬の順に泡を乗せます。全体に泡を転がすイメージで洗いましょう。

このとき、ごしごしとこすって洗うのはNGです!

最後に、ぬるま湯(30℃~34℃)で丁寧にすすいでください。また、泡を乗せたまま1~2分ほど時間を置く泡パックもお勧めです。

保湿

乾燥しているお肌にはクリームを塗ってしまいがちですが、まずは水分を補給するのがとても大事です。

化粧水がお肌に浸透するまでハンドプレスをしっかりしましょう。このとき、パッティングはNGです!

肌の繊維を切ってしまう恐れがあります。

皮脂がないと、せっかく水分を入れても蒸発してしまうので、乳液やクリームでしっかりと保護してあげましょう。

湿度

外気が乾燥すると、必然的に体の水分が奪われてしまいます。

そのため、秋から冬は乾燥で悩む方が増えるのです。

上手に湿度を調整することにより、お肌の乾燥を防ぐのはもちろん、健康管理にもつながります。

加湿器などをお持ちでない方は、濡れタオルを干す、コップに水を入れておく、観葉植物を置くなどで対策してみてください。

頭皮の乾燥を防ぐ正しい頭皮ケア方法

スカルプケアで頭皮を若く!(実践編3)

シャンプーのやり方

「シャワーのお湯は38度前後」また、1日1回までが適切です。

お湯の温度が高かったり洗いすぎたりすると皮脂を取りすぎてしまい、体は肌を守ろうと皮脂の分泌を盛んにしてしまうため逆効果になります。

また、炎症やフケ、痒みの原因にも繋がります。

シャンプー選び

タイプ別で選ぶことが好ましいのですが、悩んだときにはアミノ酸シャンプーを選ぶ事をオススメします。

成分表、水の次に「ココイル○○」、「ラウロイル○○」など表記されているものや、「ラウリル」、「硫酸」がつくシャンプーは避けたほうが無難です。

ドライヤーの使いすぎに注意

乾かし過ぎると頭皮が乾燥状態になります。かといって、自然乾燥もダメです。雑菌が繁殖してしまいます。

エアコン

これからの時期エアコンにも注意しましょう!

風が直接あたると頭皮が乾燥してしまいます。乾燥しないように風向きに気をつけましょう。

頭皮に化粧水や保湿ローションなどを使うのも有効です。

蒸しタオル

蒸しタオルは、乾燥した頭皮を潤すのに役立ちます。

更にシャンプー前に行う事で毛穴が開き、汚れも落ちやすくなります。また、お風呂なら蒸しタオルを簡単に作れます。

40度前後のお湯につけたタオルを軽くしぼり、頭を包み込むだけでOKです。

紫外線対策

紫外線が強いときには帽子や日傘など、もしくは日焼け止めスプレーも有効です。

また、朝シャンプーも危険です。頭皮を保護する庇護膜が形成される前に外に出るため紫外線の影響を受けやすくなります。

紫外線を浴びると毛母細胞やメラノサイトの働きが弱くなり、薄毛や白髪の原因になる可能性があります。

お肌も頭皮もしっかり乾燥対策を続けていると徐々に改善されるので、ぜひ試してみて下さい!

もう始まっているかもしれない!髪の老化に負けない方法


(出典 news.nicovideo.jp)