エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ブログ歴浅い新参者ですが、どうぞ温かく見守っていただけたら嬉しいです♫ ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!


「日本沈没」好調 TBS「日曜劇場」の歴史と「大河ドラマ」との類似点や相乗効果


日曜劇場』(にちようげきじょう)は、1956年12月2日よりTBS系列で、毎週日曜日の21:00 - 21:54(JST)に放送されているテレビドラマ枠である。ステレオ放送、連動データ放送(2009年4月より)を実施している。 1956年12月に放送を開始した、60年以上の長い歴史を持つ民放ドラマ番組枠である。
69キロバイト (7,109 語) - 2021年10月10日 (日) 12:46


やはり日曜枠は「半沢直樹」や「仁」などが印象的ですね。

「日曜劇場」の新作「日本沈没-希望のひと-」(TBS系)が好調です。初回平均視聴率は15.8%。前作「TOKYO MER~走る緊急救命室~」や前々作「ドラゴン桜」に続き、クールを代表する連続ドラマになる予感がします。

 とはいえ、ヒット作を連発する枠だけに、出演者やスタッフプレッシャーはかなりのもの。主演を務める小栗旬さんも「A-Studio+」(同)で、その胸中を明かしました。

 友人でもある鈴木亮平さんの主演作「TOKYO MER」が当たったことについて、「すごくうれしい半面、何やってくれとんねんと。チョー比較の対象になるじゃないですか」と苦笑していたのです。それほど強い枠になっているということでしょう。

転機となった「半沢直樹

 ではなぜ、「日曜劇場」は強いのでしょうか。枠としての歴史は古く、誕生したのは1956年。当初は1話完結の単発スタイルでした。内容もさまざまでしたが、石井ふく子さんが手掛ける女性向けホームドラマが印象に残っています。

 それが、1993年リニューアル。1クールの連ドラスタイルに変わりました。男性も楽しめるような作品を、という方向性が打ち出され、初期には田村正和さん主演の「カミさんの悪口」がヒットします。

 ただ、この路線はなかなか定着しませんでした。その後、2000年2003年に視聴率30%超えの大ヒット作が生まれますが、その2作はともに木村拓哉さん主演の「ビューティフルライフ」と「GOOD LUCK!!」です。いわば、キムタク人気によるところも大きく、枠としてのカラーはまだ確立しておらず、しばらくは何でもあり的な状況が続きました。

 しかし、2013年に大きな転機が訪れます。堺雅人さん主演の「半沢直樹」が大ヒット最終話の視聴率は、平成の民放連ドラマで最高の数字を記録しました。原作は池井戸潤さんの小説で、これを機に池井戸モノが「日曜劇場」の柱の一つになります。

 また、「半沢直樹」の次に放送されたのは木村さんの「安堂ロイドA.I.knows LOVE?~」でした。これがいつもほど伸びなかったことで、この枠の方向性が定まったと言えます。

 ちなみに「半沢直樹」が大ヒットした理由としてよく言われるのが、現代の「水戸黄門」だという見方です。かつての時代劇が担っていた、勧善懲悪の痛快さを現代劇において楽しませてくれるのだと。確かに、それも一理あるでしょう。

 ただ、「半沢直樹」には“もう一つの大河”という側面もあります。同じ日曜夜の人気枠であるNHK大河ドラマと通じる魅力、実はそこにこそ、近年の「日曜劇場」の強みを感じるのです。

大河の悩みをクリアした「日曜劇場」

 1963年から放送されてきた大河ドラマは国民的なドラマ枠としての伝統を誇りつつ、慢性的なマンネリという悩みも抱えています。描かれる時代が数字の取りやすい戦国や幕末に偏りがちで、他の時代、特に、近現代をこなしきれていない印象です。

 おととしの「いだてん~東京オリムピック噺~」は意欲作で、熱狂的なファンも生んだものの、数字的には低迷しました。複雑なストーリー展開が災いしたとも言われています。

 そんな大河の抱える悩みを見事にクリアしているのが「日曜劇場」なのです。その成功例が「華麗なる一族」と「南極大陸」。ともに木村さんが主演で、昭和中期に実際に起きた出来事がモチーフとなり、ヒットしました。

 さらに、この2作品の間には「JIN-仁-」もヒット。幕末にタイムスリップした医師が主人公で、歴史上の人物も多数登場するという、まさに“もう一つの大河”を地で行くドラマでした。

 こうした流れの中で「半沢直樹」のような池井戸モノも生まれるわけです。男たちの夢と葛藤を主軸にした骨太な物語。それはまさに、大河のテーマとも重なります。また、「日曜劇場」がリニューアル時に打ち出した、男性も楽しめるような作品を、という方向転換も達成されました。

 一方、大河においては、年間1作と実話重視という縛りがネックになってもいます。どうしても、冒険がしづらいのです。その点、「日曜劇場」は1クールで実話にとらわれずに済むところを生かし、どんどん攻めていくことができました。勧善懲悪というテイストも、フィクションの方が入れやすいものです。

 そうこうするうち、枠としての評価が高まり、ますます豪華なキャスティングが可能に。大物役者を集めて、演技力バトルのような派手な芝居を繰り広げさせるという、大河のお株を奪うような展開も実現したわけです。

 ちなみに「日本沈没」の小栗さんは来年の大河でも主人公を演じますし、準主役として共演中の松山ケンイチさんも大河の主役を経験しています。さらに「TOKYO MER」の鈴木さんや「危険なビーナス」の妻夫木聡さんら、昨年以降の「日曜劇場」の主演は小栗さんを含めて、7人中5人が大河主役組です。

 かと思えば、「日曜劇場」の影響を感じる大河ドラマも生まれました。2016年の「真田丸」です。堺さんが主演し、大泉洋さんや草刈正雄さんらが繰り広げるクセの強い芝居やキャッチーなせりふが話題になったものです。

相乗効果を生む「大河」と「日曜劇場」

 実は大河と「日曜劇場」はここ数年、似てきた気もします。例えば、10月10日の夜「青天を衝け」では、吉沢亮さん扮(ふん)する大蔵官僚の渋沢栄一が「いや、承服できませぬ。国にまだ金のない中、そのような巨額な支出を決めるのは甚だ危険です」と熱弁をふるいました。

 その直後、「日本沈没」では、小栗さん扮する環境省の官僚が「そんなことはどうだっていい。私は今、日本の未来の話をしているんです」と叫び、SNS上では「かぶる」「つながってるみたい」という声も上がっていました。

 この2つの枠は今、相乗効果を生める関係なのかもしれません。数字的にも意識はするでしょうが、方向性が似ているからこそ、質的なものでも高め合える、ライバル的構図を感じます。

 これからも両者が刺激し合って、日曜の夜を面白くするドラマを作り続けてほしいものです。

作家・芸能評論家 宝泉薫

小栗旬さん(2019年6月、時事)、堺雅人さん(2017年10月、同)、鈴木亮平さん


(出典 news.nicovideo.jp)

【「日本沈没」好調 TBS「日曜劇場」の歴史と「大河ドラマ」との類似点や相乗効果】の続きを読む


#新垣結衣、新CMでのすこーしぽっちゃりボディに飛び交う「ご懐妊」憶測⁈


新垣 結衣(あらがき ゆい、1988年〈昭和63年〉6月11日 - )は、日本の女優、歌手、ファッションモデル。愛称はガッキー。沖縄県那覇市出身。 大里村(現在の南城市)の村立中学校に在学していた2001年、女子小中学生向けファッション誌『ニコラ』(新潮社)の読者であった姉に「私は(年齢的に)もう
72キロバイト (8,711 語) - 2021年10月16日 (土) 10:57


もしそうであればおめでたいけれど、フライングだとご本人としては迷惑かしら・・

 女優の新垣結衣が出演する明治チョコレートの新テレビCM「大切なのはカカオポリフェノール篇」が10月15日から公開され、話題になっている。

 新CMでは、カカオグッズ収集が趣味という設定の新垣が、全長130センチの特大カカオ実のオブジェを制作。特大カカオを抱きかかえながら全身で持ち上げるユニークな演出となっている。

 そんな中、CMを観たファンからは新垣のちょっとした“変化”に注目する声が。ネット上では「なんかガッキーちょっとポチャっとしたかな。まさかのご懐妊!?」「ガッキーが全体的に丸くなったように感じる。特に体つきが…。も、もしかして…」「顔はほっそりとしてるけど、全体的に丸くなってるような…。来年あたり二世が誕生するかもしれないぞ」といった指摘が出ているのである。

「CMを見る限りそこまで激変はありませんが、どことなく顔つきが柔らかく、全体的にふっくらとした感じがすることから、ファンから妊娠を期待する声が上がっているようですね。また、一般的に妊娠中のカカオの摂り過ぎには注意が必要と言われていることから、あえて“逆張り”予想しているファンもいるようです。いずれにしても、ちょっとした容姿の変化でファンが大騒ぎするのは、それだけ二世誕生が期待されているからでしょう。新垣は来年、NHK大河ドラマの出演があるため妊娠出産は現実的ではありませんが、楽しみに待ちたいですね」(芸能記者)

 先ごろは一部メディアに夫の星野源と別居していることが報じられた新垣だが、果たしてその時は来るのか。

(ケン高田)

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

【#新垣結衣、新CMでのすこーしぽっちゃりボディに飛び交う「ご懐妊」憶測⁈】の続きを読む


〜2話放送前に〜【日本沈没 希望の人 1話】2021年に日本沈没をやる意味とは


小松自身は、題名を「『日本滅亡』――果てしなき流れの果てに…、出発の日」とつけていたが、担当編集者であった浜井武の「『日本沈没』のほうが“滅亡”よりユーモラスだ」という主張により『日本沈没』となったという。 元々は「日本人が国を失い放浪の民族になったらどうなるのか」をテーマに据えており、日本列島沈没
109キロバイト (13,493 語) - 2021年10月14日 (木) 11:31


とてもリアルに捉えてしまう。

Twitterブログドラマの感想をつづり人気を博している、あずきごはん(@komadorama)さんによる、新連載。

TBSで始まった2021年秋の新ドラマの見どころを、あずきごはんさん独自の視点でご紹介します。

小松左京原作の小説『日本沈没』が、2021年秋にTBSドラマ化という情報を初めて聞いた時の率直な感想は「何で今?」だった。

日本沈没』は1973年刊行のSF小説。今作『日本沈没 希望の人』は五度目の映像化にあたる。

原作や過去の映像作品を知っている人も多いだろうが、私は今作で初めて『日本沈没』に触れた。

そして、今だからこそ放送する意味のある作品だと感じた。

TBS新ドラマ『日本沈没 希望の人』序盤から重々しい雰囲気

2023年、日本政府は地球物理学の権威・世良徹教授(國村隼)と協力して、環境に関する大規模な施策に取り組んでいた。

更に各省庁の若手官僚が集まる『日本未来推進会議』が発足。環境省の天海啓司(小栗旬)もその一員となった。

目標に向けて一丸となる中、官僚達はネット上で話題の『関東沈没説』に悩まされていた。

天海は事態収束のため、説の提唱者である田所雄介博士(香川照之)の元へ向かう。そして博士から「伊豆沖で起こる地震によって日之島が水没し、それが関東沈没の前兆になる」という旨の『予言』を聞かされる。

序盤から緊張感のある展開だが、嫌な重みは感じない。

その理由の1つが、登場人物の名前や所属を大きな文字で打ち出して視聴者を盛り上げる『シン・ゴジラ風の演出』だと思われる。

また、香川照之演じる田所博士の絶妙な存在感も話題となり、視聴者の関心を集めた。

その後、予言を聞いた天海は強引なやり口で関東沈没説を潰しにかかる。

まず、説を立証するためと伝えて田所博士を会議に呼び出すのだ。しかし、それは博士を失脚させるための罠。

記者の椎名実梨(杏)から田所博士に環境詐欺ビジネスへの関与の疑いがあることを聞いた天海は、その証拠に『見える』ような資料を収集し、田所博士を追い込んでいく。

過剰なほどの強引さを持つ天海を嫌いになれないのは、小栗旬の強い意志を携えた瞳と、相手を引き込むような語り口の賜物だ。

この時点で天海から出世欲以外の何かを感じ取った視聴者も多いのではないかと思う。

天海の行動によって関東沈没説が封じられるのかと思いきや、ある2つの出来事が事態を変化させる。

事態を変化させた2つの出来事とは…

1つ目は、伊豆半島沖を震源とする地震の発生。ここで天海と視聴者は田所博士の予言を思い出す。

この場面で気になるのは、田所博士以外の登場人物が地震から身を守る行動を取らなかったことだ。

大規模な施策を行ったことで、自然はある程度管理できるという驕(おご)りが生まれ、防災意識が薄れたのではないか…。そう思うと他人事とは思えない恐ろしさを感じた。

2つ目は天海の趣味であるスキューバダイビング中に起こった現象。

海底に不審な裂け目を見つけた天海。そこに近づいた瞬間、水の流れが急激に変化。裂け目の中に吸い込まれそうになった天海は「関東沈没説の真実を知りたい」という想いを抱く。

海のシーンの撮影はほぼすべてプールで行われたそうだが、そう思わせないリアルな怖さを感じた。その怖さが、天海の思考の転換に説得力を持たせているのである。

その後、天海は椎名と取引し、ある記事を書かせる。その結果、政府は再び関東沈没説と向き合うことを余儀なくされる。

頭を抱える官僚達に天海は、田所博士と世良教授を伴った海底調査で、すべてを明らかにすることを提案。そして調査中、田所博士が関東沈没の原因となり得る痕跡が見えたと主張する。

しかし乗組員の1人が突如体調不良におちいり、そのことを追求できぬまま調査は中断された。

地上に戻った天海は、世良教授から「関東沈没などあり得ない」という見解を述べられる。

戸惑う天海だったが、世良教授の語り口と圧にのまれて反論の機会を失ってしまう。

この場面は國村隼の『説得力と圧力』の演技によって、自分の主張を強引に通してきた天海が初めて黙らされる様が、強く印象付けられている。

2021年に『日本沈没』をドラマ化した意味

そして舞台は移り、調査の結果報告の場。

何の痕跡も映っていない海底映像を見て抗議する田所博士と、関東沈没説の取り下げを訴える官僚達…そして天海は葛藤の末、口を開く。

この場面の天海の語りにはこれまでのような『過剰な強引さ』はない。

真実を明らかにしようという彼の訴えは、多くの視聴者の心を動かしたことだろう。

そんな最中、会議室に「日之島が沈没した」という一報が入る。田所博士の予言が当たったのだ。

じゃあ関東はどうなるのか…視聴者が不安になったところで第1話は終了となった。

人々の不安を煽る噂は社会を混乱させる。コロナ禍でそのことを身をもって感じた人も多い。

だからこそ、関東沈没説を潰そうとする官僚達の判断も理解できる。

それが今作のポイントであり、2021年に『日本沈没』をやった理由の1つではないだろうか。

しかし、「真実に目を向けることが日本の未来に繋がる」という天海の主張もまた、今の日本に必要なもののように感じる。

本当に関東は沈むのか。他の地域はどうなるのか。そして政府や国民はどのように立ち向かっていくのか。ドラマの今後の展開を見つめていきたい。

日本沈没 希望の人/TBS系で毎週日曜・夜9時~放送


[文・構成/grape編集部]



(出典 news.nicovideo.jp)

【〜2話放送前に〜【日本沈没 希望の人 1話】2021年に日本沈没をやる意味とは】の続きを読む

このページのトップヘ