エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!


【ドラマ 9ボーダー】川口春奈“七苗”、急加速する松下洸平“コウタロウ”との恋の行方は?「慎重にならないと、もう29なんだから」


見てきて面白かったドラマの数々のプロデューサーさんが携わるのでますます引き込まれそうです。

川口春奈主演の金曜ドラマ「9ボーダー」(毎週金曜夜10:00-10:54、TBS系)の第3話が、5月3日(金)に放送される。

【写真】春ドラマNo.1の“沼男”との呼び声高い松下洸平“コウタロウ”

■“ボーダー世代3姉妹”の奮闘を描くヒューマンラブストーリー

同ドラマは、「LOVE」「LIFE」「LIMIT」の“3L”をテーマに、19歳、29歳、39歳と、いわゆる「大台」を迎える前のラストイヤー=「9ボーダー」真っ只中の3姉妹が、モヤモヤや焦りを抱え幸せになりたいともがきながら人生を前向きに進んでいく姿を完全オリジナルで描くヒューマンラブストーリー。

本作では、「中学聖日記」(2018年)や「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(2016年)、「着飾る恋には理由があって」(2021年、3作品全てTBS系)などを手掛けてきた、プロデューサー・新井順子と、脚本家・金子ありさが再タッグ。また、監督は小説家兼映画監督で、近年はテレビドラマの演出も手掛けるふくだももこがメインで担当している。

川口春奈木南晴夏&畑芽育が姉妹役で初共演

物語の主軸となる“ボーダー世代3姉妹”は、39歳の長女・六月役を木南晴夏、29歳の次女・七苗役を川口、19歳の三女・八海役を畑芽育が演じ、それぞれの年代特有の悩みにぶつかりながら仕事に恋に立ち向かっていく。

さらに、物語のキーマン・コウタロウ役で松下洸平、六月が所長を務める会計事務所にやってくる自由奔放な公認会計士・松嶋朔役で井之脇海、七苗とは同い年で幼なじみの高木陽太役で木戸大聖が出演している。

■「9ボーダー」第3話あらすじ

第3話は――

コウタロウ(松下洸平)との恋に浮かれる自分にブレーキをかけたい七苗(川口春奈)は、大庭家に集まる面々にそのことを相談する。

まだ29歳、踏みとどまる必要はないと背中を押す六月(木南晴夏)。しかし複雑な思いを抱える陽太(木戸大聖)は、七苗が席を外した隙に六月や八海(畑芽育)たちだけに、コウタロウの私物に紛れていた1億円以上の預金残高が書かれた明細書のことを打ち明ける。

そんな中、いまだ離婚を先延ばしにする六月の前に、邦夫(山中聡)の浮気相手・萌香(さとうほなみ)が現れる。

一方、七苗は有名パティシエとの新プロジェクトに携わることに。さらに、警察からコウタロウに「家族が見つかったかもしれない」との一報が入る。

――という物語が描かれる。

■不意打ちの“入浴シーン”にファン「コウタロウさんかわいすぎ」

公式ホームページなどで見ることができる予告動画は「慎重にならないと、もう29なんだから」という七苗のせりふからスタート。商店街を歩くコウタロウは何だか楽しそうだが、横にいる七苗の表情は少し硬い。

また、“大庭家を巻き込む新たな問題…”の文字と共に、コウタロウがおおば湯を訪れ、八海が「おねえのコウタロウがご来店!」と慌てる様子や、浮気相手・萌香から「別れてください」と言われ、完全に頭にきた様子の六月の「不倫した側なんだよ!」と怒鳴りつける姿、さらには八海が陽太に後ろから抱きつく様子などがテンポよく映る。

波乱の予感満載の予告は、「家族が見つかったかもしれない」と告げるコウタロウの姿で幕を閉じる。

予告動画を見たファンからは「コウタロウさんのかわいすぎる入浴シーンにドキドキ」「これか、噂の足の裏!」「家族が見つかった…奥さんと子供だったりして?」「もうここまで来ると七苗は一度リセットしてもいい気がする」「六月vs浮気女性…」「いろんな展開が詰め込まれていて脳内大忙し」などといった声が上がっている。


川口春奈“七苗”ら大庭家に新たな問題が発生!/ (C)TBS


(出典 news.nicovideo.jp)

【【ドラマ 9ボーダー】川口春奈“七苗”、急加速する松下洸平“コウタロウ”との恋の行方は?「慎重にならないと、もう29なんだから」】の続きを読む


「キュンキュン」の声多数!川口春奈&松下洸平、コロッケをパクリの姿が話題沸騰


可愛らしいショットですよね。

4月30日TBS系ドラマ『9ボーダー』のオフィシャルInstagramが更新。出演者の川口春奈松下洸平の写真が公開された。

【写真】まるでデート?な『9ボーダー』オフSHOTを公開

同アカウントは、「コロッケパクリ!な 七苗とコウタロウのオフショット」「このシーンも可愛かったですね」といったコメントと共に、川口と松下が商店街をバックに、コロッケを食べる2ショットを掲載。

この投稿に、ファンからは「商店街デート」「かわいいオフショット」「キュンキュン」「お似合いです」などの反響が寄せられていた。

ドラマ『9ボーダー』は、19歳、29歳、39歳と、いわゆる「大台」を迎える前のラストイヤー=「9ボーダー」真っ只中の3姉妹が、父の突然の失踪を機に1つ屋根の下に集結。「LOVE」「LIFE」「LIMIT」の“3L”をテーマに、モヤモヤや焦りを抱え幸せになりたいともがきながら人生を前向きに進んでいく姿を、完全オリジナルで描くヒューマンラブストーリー。

川口は3姉妹の次女であり、29歳の主人公・大庭七苗を、松下は“ある事情”を抱えているコウタロウ役を演じている。

川口春奈&松下洸平、コロッケをぱくり!お茶目SHOTに反響「キュンキュン」「お似合いです」


(出典 news.nicovideo.jp)

【「キュンキュン」の声多数!川口春奈&松下洸平、コロッケをパクリの姿が話題沸騰】の続きを読む


嵐・大野智が語る“再始動”についての素直な想い、5人の思惑とは?


画像提供依頼: 1.ロゴマーク 2.1人ずつの写真の画像提供をお願いします。(2023年1月) (あらし、英: ARASHI)は、日本の男性アイドルグループ。所属事務所は株式会社で、STARTO ENTERTAINMENTとエージェント契約を結んでいる。所属レコード会社はストームレーベルズ。2…
219キロバイト (23,590 語) - 2024年4月28日 (日) 04:08


しがらみがない形での再活動、注目ですね。

「5人組・嵐による『旧ジャニーズによるサジェスチョンやリードに重きを置かない』という決意表明。今後、日本の芸能界でもこのパターンは増えていくでしょう」

 そう断言するのは、とある大手芸能事務所幹部。4月、「嵐」から大きな動きが発表され、ファンは再始動に向けて期待を抱いている。

第一報は早朝5時5分。「株式会社嵐」設立

〈この度、我々嵐は5人で会社の設立を致しましたこと、ご報告申し上げます。

 1999年にデビューし、この2024年は25周年の年にあたります。メンバーも全員40代を迎えました。

 これまで以上に主体性をもち、これまで以上に主体的に判断をし、これまで以上に主体的に行動したい。

 そして何よりも、日々応援して下さるファンの皆さまに、より近くに感じてもらいたい。より積極的でありたい。

 そんな想いから5人で何度も何度も話し合い、会社を設立致しました。〉

「STARTO ENTERTAINMENT」社がオープンしたての公式サイトでこう発表したのは4月10日のこと。それに先だって、ファンクラブサイトでの第一報は早朝5時5分とこだわりを見せファンを喜ばせた。続いて4月19日には、嵐がSTARTO社とエージェント契約を結んだことも明らかになったのだ。

 2020年いっぱいでグループとしての活動を休止。リーダーの大野智は、個人としても芸能活動を休止。相葉雅紀松本潤二宮和也、そして櫻井翔の4人はそれぞれソロ仕事を続けていた。

「2023年に大きく報道された故ジャニー喜多川氏の性加害問題で、旧ジャニーズは大きな転機を迎えた。その波乱のなか、二宮は事務所から独立し『オフィスにの』という個人事務所で仕事を受け活動することとなりました。

 ただ、『嵐』としては、あくまでもSTARTO社に籍を置くカタチでした」(同前)

 そのようにして活動休止中のグループと各々の仕事のマネージメントのバランスを保ってきたなかでの「株式会社嵐」設立。冒頭の発表文はこう続く。

〈一方で、我々5人だけで出来ることには限界もあります。

 これまで共に歩んできたスタッフの力も時に借りながら、未来を描くための準備を進めていけたらと思います。

 今後とも、嵐をどうぞ宜しくお願い致します。〉

「嵐」の“売り上げ”を旧ジャニーズには任せない

 会社成立は3月25日。代表取締役には、映画製作配給会社・スターサンズの社長であり、エンタメや著作権ビジネスに精通する弁護士でもある四宮隆史氏が就任した。

「芸能人が、プロダクションに所属しながら個人事務所を持つことは珍しくありません。多くの場合が税金対策で、とくに収入が多いタレントほど個人より法人のほうが税金関係でメリットがあるので、そうしがちなんです。しかし、株式会社嵐の法人登記の内容を見ると、ほかの一面が浮かび上がってきますね」(同前)

 注目は、会社の目的の欄に記載されているいくつかのポイントだという。

・芸能タレントのファンクラブ会員登録及び管理に関するシステムの企画、開発、保守及び管理

・キャラクター商品の企画、販売及び管理

・インターネット等を利用した通信販売業務及び各種情報提供サービス

「この3点から、グループ嵐の商業売り上げを旧ジャニーズには任せないという強い意志がわかります。旧ジャニーズの場合、なんといっても大きいのがファンクラブ会費からの収入です。入会金1000円、年会費4000円ですが、嵐には300万人を超えるファンクラブ会員がいます。

 その管理、ファンらが購入するであろうキャラクターグッズとその通販などによるネット関連はこちらでできます、という内容」(同前)

 旧ジャニーズ事務所は、東山紀之が社長を務めるSMILE-UP.に社名変更して被害補償業務に特化した存在となり、ジャニーズタレントのうち希望者たちはSTARTO社とエージェント契約を結ぶ――。そのシステム変更が起きたときから危惧されていた部分を“柔軟に解決”する会社設立なのだという。

権利関係のエキスパートが社長に

「ファミリークラブ(ファンクラブ)業務は旧ジャニーズ本体の一部門だった。いまはSMILE-UP.の業務となっているわけです。4月15日に、『今夏を目途にファミリークラブを分社化し、個人情報の管理やファンクラブ運営、チケット販売業務を続けていく』と発表がありました。

 このタイミングで、グループ嵐のファンクラブについては、株式会社嵐の管理に移行されるのではないかと言われています。

 音楽原盤や映像などの版権の課題もあります。いまはブライト・ノート・ミュージックジャニーズ出版から社名変更)とSMILE-UP.が共同保有している権利を、今後徐々に割合を変化させていくとも、同日に発表しました。

 権利関係が厄介になると、嵐が嵐の曲を自由に歌えないとかテレビ局で映像が使えないなどの事態が起きる可能性まである。

 そんなときに心強いのが、その分野でエキスパートである株式会社嵐の四宮社長ということです」(同前)

 最適任者が社長となった、というわけだ。一方で、ファンにとっていちばん知りたいことは、この動きが再始動に直結するのかどうかに尽きるだろう。

25周年となる11月3日に大きな発表が?

「ズバリ、デビュー25周年アニバーサリーとなる11月3日に、大きな発表があるのでは。

 ファンからは、その当日にコンサートがあるのではという期待の声が大きいけれど、松本潤11月2日までロンドンで舞台の仕事がある。現実的に3日にというのはムリなので、来年を見据えての発表を記念日にすると思われます。

 いま芸能活動を休止して、宮古島と東京を行き来してリゾート事業に力を入れている大野智も、ここ1、2年の5人の話し合いには参加しています。

『あの頃は楽しいと思えず自由になりたかったけど、時間が経ったら結構楽しかった』というニュアンスのことを話しているそうで、ほかのメンバーもその大野の変化に納得していると聞いています」(芸能デスク

 株式会社嵐の法人としての目的欄には、もうひとつ目に付くポイントがある。

・俳優、役者、芸術家、表現者、芸能タレント、アイドル、音楽家等の養成、及びマネージメント業務・広告代理店業務

「この一文に、『養成』という言葉が入っている。嵐5人にはすでに確固たる地位があるわけですから、新たな人材に対するものという意味合いになるでしょう。

 法人の目的というのは『可能性があるものはなんでも書いておく』というのが常ですが、今後もしかすると株式会社嵐にほかのタレントなどが所属するのかも」(同前)

 2020年大晦日東京ドームライブの生配信と紅白歌合戦での5人での歌唱からまもなく3年半が経つ。新たな母艦を得た40代の嵐が見せてくれる変化がたのしみだ。

(山本 雲丹)

嵐 ©文藝春秋


(出典 news.nicovideo.jp)

【嵐・大野智が語る“再始動”についての素直な想い、5人の思惑とは?】の続きを読む

このページのトップヘ