エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ブログ歴浅い新参者ですが、どうぞ温かく見守っていただけたら嬉しいです♫ ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!


【朝ドラ】『カムカム』錠一郎とトミーの“ セッション対決”に称賛の声 15分が濃かった


カムカムエヴリバディ』は、2021年度後期放送のNHK「連続テレビ小説」第105作として、11月1日から放送されている日本のテレビドラマ。京都、岡山、大阪を舞台に、昭和から令和の3つの時代をラジオ英語講座と共に生きた祖母、母、娘の3世代のヒロインの一世紀(100年)におよぶ家族の物語をハートフルコメディーとして描く。藤本有紀作。
89キロバイト (12,549 語) - 2022年1月18日 (火) 05:19



 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合/毎週月曜〜土曜8時ほか)の第12週「1963-1964」(第54回)が18日に放送され、コンテストに出場した錠一郎(オダギリジョー)とトミー早乙女太一)が優勝者を決めるため、セッション対決。ネット上には「興奮、幸福感醒めやらず」「2人とも優勝」といった反響が巻き起こった。

【写真】「2人とも優勝」と興奮の声 錠一郎(オダギリジョー)&トミー(早乙女太一)のセッション対決

 関西一のトランぺッターを選ぶコンテスト当日。るい(深津絵里)は錠一郎のシャツを洗濯し、会場のジャズ喫茶へ届ける。そして錠一郎はステージに上がると2人にとって特別な楽曲「On the Sunny Side of the Street」を披露する。

 コンテストは全出場者の演奏が終わり審査へ。しかし審査員の評価が錠一郎とトミーに分かれたことから、決着をつけるために指定の楽曲を2人でセッションすることに。ステージ上にはるいに見立ててもらった赤いジャケットを着た錠一郎と白スーツで決めたトミーが並ぶ。

 第54回の終盤は、ステージに立った錠一郎とトミーによる“セッション対決”が描かれる。2人が奏でるアップテンポジャズナンバーは審査員や観客をどんどん引き込んでいき、最終的には会場が一体となって大盛り上がり。演奏が終わり観客たちがステンディングオベーションで2人を称える中、全力を尽くした錠一郎とトミーは晴れやかな笑顔で握手を交わす。そんな2人の姿を、るいも笑顔で見つめるのだった。

 錠一郎とトミーセッション対決に、ネット上には「ジョートミーセッション最高〜」「興奮、幸福感醒めやらず 元気もらっちゃった」「握手するジョートミーにぶわっと涙が…」などの声が相次ぎ、さらに「トミージョーも優勝」「今日のカムカムは2人とも優勝」「2人一緒に優勝がいいのでは???」といった称賛も集まった。

 また、第54回では錠一郎とトミーセッション対決と重ねるように、時代劇スター・桃山剣之介(尾上菊之助)と斬られ役・伴虚無蔵(松重豊)の大立ち回りも描かれた。ジャズセッション時代劇の殺陣が交互に描かれるというクライマックスの展開について、ネット上には「ジャズ時代劇!斬新!!」「カッコよすぎて鳥肌立った」「演出がすごい15分」などの声も多数寄せられていた。

連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』第55回より (C)NHK


(出典 news.nicovideo.jp)

【【朝ドラ】『カムカム』錠一郎とトミーの“ セッション対決”に称賛の声 15分が濃かった】の続きを読む


【興味津々】横浜流星の自宅を佐野勇斗が暴露!まさに理想?


横浜 流星(よこはま りゅうせい、本名同じ、1996年9月16日 - )は、日本の俳優。神奈川県横浜市出身。スターダストプロモーション制作2部所属。 小学校6年生のとき、家族と一緒に初めて行った原宿でスカウトされ、スターダストプロモーションに所属する。同事務所の男性タレント集団EBiDANの元メンバーである。
118キロバイト (15,907 語) - 2022年1月17日 (月) 03:53


どんなふうにオシャレなんでしょう、見てみたい!

 俳優の佐野勇斗と横浜流星、格闘家の那須川天心1月13日、「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)に出演。佐野が横浜の自宅を訪れたことを振り返り、「男の理想の家」と絶賛した。

 佐野にとって横浜は同じ事務所の先輩だが、横浜について佐野は「お兄ちゃん感あるというか、引っ張ってくれる感じ。漢気がある」と評し、慕っている様子をうかがわせた。

 また、佐野は横浜の自宅にも行ったことがあると明かし、その感想を「とんでもハウスです」と表現。番組MCの櫻井翔が「オシャレだった?」と聞くと佐野は、「とんでもオシャレハウスでした。本当に男の理想の家ですよね」と断言。具体的に何がよかったかを聞かれると「トロフィーのケースが置いてあって、それかっこよかったっすね」と答えた。有吉弘行からは「それ、トロフィーがかっこいいんじゃん」とツッコまれ、横浜はうつむいて恥ずかしがる様子を見せた。

 小学校の頃からお互いを知っているという那須川も横浜の自宅には「結構行きますね」と告白。那須川は横浜の自宅について「なんかこう、全体的に暗めなんですよ。人の顔がはっきり見えるか見えないかぐらいの」と明かすと共演者たちから「そんなに暗いの?」「洞窟に住んでるの?」といったツッコミが殺到。横浜は苦笑するのみだった。

 ネットではこのやりとりに《空手のトロフィーかな》《頂いた賞を喜んで飾るなんて可愛らしい》《かっこよくて、部屋もオシャレとか最強か》《暗めの照明とかしっくりきて素敵だなと思った》など好感の声が多数書き込まれた。

「横浜は20年10月、『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ)に出演した際に、自宅について8帖ほどのワンルームで家賃は9万円と明かしています。その後、引っ越していないのであれば、佐野や那須川はそこを訪れたのでしょう。トロフィーについては、中学3年生の時に『2011年 第7回国際青少年空手道選手権大会13・14歳男子‐55kgの部』で優勝して世界一になっており、その翌年も『15歳男子‐65kgの部』で3位になっているので、おそらくその時のものでしょう。佐野も空手経験者なので、横浜への憧れもひとしおなのではないでしょうか」(芸能記者)

 佐野が絶賛する部屋がどんなものなのか、いつか公開してほしいのだ。

(柏原廉)

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)

【【興味津々】横浜流星の自宅を佐野勇斗が暴露!まさに理想?】の続きを読む


池田エライザ、友達になりたい芸能界の憧れの人を明かす


池田 エライザ(いけだ - 、Elaiza Ikeda、本名および旧芸名:池田 依來沙(読み同じ)。1996年(平成8年)4月16日 - )は、日本の女優・歌手・ファッションモデル、映画監督。 フィリピン生まれ、福岡県福岡市出身。エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。第13回ニコラモデルオーディ
64キロバイト (8,412 語) - 2022年1月6日 (木) 11:07


意外な気もします?

女優・池田エライザ(25歳)が、1月17日に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体SP」(日本テレビ系)に出演。芸能界で友達になりたい、憧れの人物について語った。


自らを「人見知り」と話す池田だが、芸能界で友達になりたい人物として「仲里依紗さんが大好きで。以前共演させて頂いたこともあるんですけど、いざ目の前にしてしまうと、尊敬しすぎて目にも映っちゃいけないかなとすぐ逃げてしまう」とコメント


番組を通じて仲里依紗から「池田エライザさま、お久しぶりです!仲里依紗です!今日は仕事でスタジオに行けず残念です(涙)。エライザさまが私に憧れていらっしゃるとうかがい、びっくりぎょうてんまるです!! 事務所さん大丈夫ですか? 悪影響ではないですか?? 私と仲良くしちゃったら、明日はもう黄色の部屋で『やっほー!みなさんこんにちは、池田エライザでぇーす』って言わされますよ? 事務所OK出ましたら是非あそびにきて下さい。一緒にご飯をいただきマンボリアンしましょうね」というメッセージが寄せられ、池田は「やったー!」と喜んだ。


(出典 news.nicovideo.jp)

【池田エライザ、友達になりたい芸能界の憧れの人を明かす】の続きを読む

このページのトップヘ