エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ブログ歴浅い新参者ですが、どうぞ温かく見守っていただけたら嬉しいです♫ ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!


#前田敦子 離婚から3カ月で押しかけ半同棲していた⁈お相手はパリコレデザイナー


前田 敦子(まえだ あつこ、1991年〈平成3年〉7月10日 - )は、日本の女優、歌手。愛称はあっちゃん。女性アイドルグループ・AKB48の元メンバー。千葉県市川市出身。2020年12月31日まで太田プロダクションに在籍し、2021年1月1日以降はフリーとして活動。1子の母であり、元夫は俳優の勝地涼。
133キロバイト (16,992 語) - 2021年8月2日 (月) 08:51


気持ちの赴くままって感じでしょうか。

代替テキスト
昼過ぎに新恋人のマンションから出る前田

「誰にも言わずに育んだ愛はとても素敵なものになっていると思う」

7月29日に登壇したイベントで、前田敦子(30)はそんなふうに話した。数時間前に報じられた大島優子(32)の電撃婚について、祝福コメントを求められての一言だ。

「大島さんと林遣都さん(30)の予期せぬ結婚発表に世間は驚かされましたが、AKB48をともに引っ張った前田さんも2人が交際していたことを知らなかったそうです」(スポーツ紙記者)

イベントの壇上でニコニコとお祝いの言葉を述べた前田だが、現場にいた記者のなかには“結婚”の話題にやや気まずさを感じた者もいた。

「前田さんは今年の4月23日に、勝地涼さん(34)との離婚を発表。3年足らずの結婚生活にピリオドを打ちました。それからまだ3カ月しかたっていませんからね」

だが本誌は、そんな気遣いは無用であると考えている。なぜならあっちゃんも、人知れず“新しい愛”を育んでいるのだから――。

時はちょうど10日前、7月19日に遡る。目撃したのは夕方4時過ぎに“都内のあるマンション”から出てくる前田の姿だ。

カジュアルな装いで、顔を隠すかのように黒い帽子を目深にかぶっているが、Tシャツの胸元の「セリーヌ」のロゴが目を引いていた。

■舞台の地方公演の合間にも新恋人のマンションを訪れて――

「その日だったら、前田さんは舞台の休演日でしたよ。演出家の野田秀樹さん(65)の新作舞台に出演していた時期ですから」

そう話すのは前田の仕事関係者。彼によると、最近の彼女は今までになく仕事に意欲的だという。

「長年所属していた太田プロダクションを昨年末付で退社し、今年からは個人事務所を設立しフリーになって活動を始めています。マネージャーなど支えてくれる周囲のスタッフはいるのですが、請求書の作成などの業務を自分でやることもあるそうです。売り込みにも熱心。彼女は女優としてさらに大きくなりたいという決意を持っているんです」

そんな前田が、今年5月下旬から7月にかけて長期で取り組んでいたのが前出の舞台だ。

「最初に東京公演があって、7月15日から25日は大阪公演でした。19日は東京にいたんですか? 大阪公演の休演日はその1日だけだったんですが、彼女の場合はお子さんが小さいですから、顔を見に東京に戻ったのでしょう。仕事のときにはお子さんを、都内に住むご両親に預けることもあるようです。大阪公演の間もそうしていたんだと思いますよ」

勝地との間に生まれた現在2歳の長男の親権は前田にある。彼女は息子を溺愛しているというが、この仕事関係者の言うように大阪公演の合間の帰京の目的が、息子に会うため“だけ”だったかどうかは、疑問が残る。

実はこの日、前田を見かけたマンションこそ、彼女の“新恋人”だという情報を本誌がつかんでいた人物の住まいがあるからだ。

■7歳年上新恋人はレディー・ガガにも認められたデザイナー

本誌が目撃した日の夜、前田はそのマンションに泊まったようだ。翌20日の昼過ぎに、同マンションから1人で出てくる姿を再び目撃した。大量の荷物を両手に提げた彼女は前日とは違う服を着ている。そのまま迎えの車に乗り込み去っていった。夕方の公演のため再び大阪に戻っていったのだ。

この2日間だけではない。さらに、舞台が千秋楽を迎え前田が東京に戻った7月下旬にも、同マンションに1人で出入りする前田の姿を本誌は確認している。

前田が通い詰めるこの部屋の主は誰なのか。教えてくれたのはある芸能関係者。

ファッションデザイナーの森川正規氏(37)です」

ファッション業界では有名な人物だという。ファッションジャーナリストに聞いた。

「森川さんが有名になったのは、あのレディー・ガガ(35)に認められたことがきっかけ。’12年にガガの世界ツアーの衣装を手掛けたことで、注目を浴びました。彼がやっていた『クリスチャンダダ』というブランドは昨年で休止をしているのですが、エッジの効いたデザインで、熱狂的なファンが多かった。パリ・コレクションにも参加しています。国内では、嵐やゆずのコンサートに衣装協力をしたり、窪田正孝さん(32)主演の映画『東京喰種』(’17年)で衣装を手掛けたりもしています。芸能関係の知り合いは多いほうだと思いますね」

前出の芸能関係者は、

「森川氏は俳優の松田翔太さん(35)やRADWIMPSの野田洋次郎さん(36)とも仲がいいんです。前田さんは、勝地さんとの結婚前にアパレル会社の役員Aさんとの交際を報じられたことがありますが、そのときも松田翔太さんの紹介だったと言われていました。森川氏とも同じようなかたちで出会った可能性は高いですね。ちなみに元カレのAさんと森川氏も知り合いのはずですよ」

本誌が、前田の個人事務所に、森川氏との交際について、また彼の自宅マンションに前田が複数回出入りしているのを目撃していることについて問い合わせると、

「事実無根です。コメントは控えさせていただきます」

という回答だった。ただ、完全否定をした一方で、前田の自宅でも実家でもない森川氏が住むマンションへの複数回の出入りについての説明はいっさいなかった。

■マンションで“子連れ姿”を目撃した人も…

マンションの住民は証言する。

「7月に入るか入らないかぐらいのころから、前田さんの姿をよく見かけるようになって引っ越してきたのかなと思っていたんです。でも、前田さんが入っていく部屋には、男性が住んでいるはずなので、あれ? って思っていました」

本誌が調べたところ、その部屋は以前から森川氏が借りていた部屋。そこに前田が、周囲の住人に“住んでいる”と思われるくらいに通い詰めている格好だ。離婚からわずか3カ月で新恋人と半同棲とは驚きだが、“あっちゃんらしい”ともいえるだろう。

結婚前には、山本裕典(33)や尾上松也(36)らと交際し、“恋多き女”“恋愛体質”などとも言われてきた。離婚した勝地とも交際4カ月のスピード婚だった。

「彼女は好きになるとのめり込むタイプです」(前田の知人)

ただもちろん、恋愛への考え方において当時から変化している部分もあるようだ。前田は6月にラジオ番組で今後の再婚の可能性について「今はまだ考えていない」と答えつつ、

「おチビ(※長男のこと)にとってすごい一緒にいて楽しいっていう人がいたら再婚したい」

とも話している。

実は、前出のマンション住人からはこんな証言もあった。

「前田さんが、小さい男の子を連れていらっしゃる姿も見たことがありますよ。朝の時間で、保育園に送っていくところのようでした」

前田は子連れで森川氏宅に泊まっていた日もあるということか。森川氏は“おチビ”のお眼鏡にもかなっているのかもしれない。

最近のインタビューで前田は次のように話している。

《私は自分の息子に“人生にはいろんな選択肢がある。だから己の心に我慢をせず、楽しいと思えることにはどんどん挑戦していって”と伝えたいんです。そうなると、母である自分が、いちばんのお手本になる存在でいたい》(「エッセオンライン3月18日配信)

己れの心に我慢はしない――。世間が「はやっ!」と突っ込みたくなる離婚3カ月での半同棲。今後、前田の心はどう動いていくのだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)

【#前田敦子 離婚から3カ月で押しかけ半同棲していた⁈お相手はパリコレデザイナー】の続きを読む


二階堂ふみ、自身の“フェイクニュース”に悲痛の訴え


二階堂 ふみ(にかいどう ふみ、1994年9月21日 - )は、日本の女優、タレント、写真家。 沖縄県那覇市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 東京出身で和食の料理人の父と、沖縄出身の母の間に生まれる。幼い頃より映画好きの母に連れられて映画館へ足を運び、映画女優を志す。12歳の時にフリーペーパー『沖縄美少女図鑑』Vol
61キロバイト (7,521 語) - 2021年7月29日 (木) 03:25


根も葉もないことを勝手に書かれて挙句批判されたら、かなりダメージでしょう・・

 俳優の二階堂ふみさんが8月2日Instagramストーリーズを更新。自身を巡る最近のネット記事を“フェイクニュース”だとした上で、「とても辛い」「悲しい気持ちになる」と本音を明かしています。

【画像】一部メディアが騒いでいた2ショット

 7月放送のTBS系ドラマ「プロミス・シンデレラ」で主人公・桂木早梅役を演じている二階堂さん。ストーリーズの投稿では、撮影現場の模様に軽く触れつつ、「私の気持ちをお伝えしたいと思い投稿します」「とあるネットニュースが上がりました。いわゆる“フェイクニュース”です」と“全く身に覚えの無い事”や“完全に嘘の情報”を書き立てられたと主張しています。

 二階堂さんは、根も葉もないという記事が出回ることに加え、書かれた内容を信じた人から攻撃的なメッセージが届くことに「正直に綴ると、とても辛いです」と心中を吐露。

 文章を手がけた記者に「もしかしたら間違いがあったのかもしれません」「嘘の情報が、記者の方に入ったのかもしれません」と一定程度の理解を示す一方、「誤った情報で誰も幸せにならない記事」ではなく「見る人が少しでもハッピーになるような内容や、前向きになれるような内容」を届けることはできないかとお願いしています。

 二階堂さんは記者だけでなく、自身を応援してくれる人にもメッセージを発信。「記者の方に批判が行く事や、誰かが傷ついてしまうこと」を望んでいるわけでは決してなく、言及している記事には誤りがあり、このような“フェイクニュース”が出るたびに悲しくなることを伝えたかったとし、今回の問題を「シェアする事で、一緒に考えていけたら」と自らの考えを明かしていました。

 二階堂さんは具体的な媒体名を明かしませんでしたが、一部メディア8月1日に「プロミス・シンデレラ」の撮影現場を巡る記事を配信。

 “芸能ジャーナリスト”が執筆した当該記事では、二階堂さんが共演者である「三代目J SOUL BROTHERS」岩田剛典さんの腕や手に自分の手を重ねたり、体を預けるほど接近させたりしていたと伝えた他、「さりげなく岩田の肩を揉んであげたり、2人が肩を組む姿が何度となく目撃されている」という“芸能プロ関係者”の証言を紹介。2人の番宣ショットに「岩田のファンがザワついている」とコメントしていました。

二階堂ふみさん(画像は二階堂ふみInstagramから)


(出典 news.nicovideo.jp)

【#二階堂ふみ、自身の“フェイクニュース”に悲痛の訴え】の続きを読む


【プロミス・シンデレラ】二階堂ふみ“早梅”の初恋相手が兄だと知った時の眞栄田郷敦“ 壱成”の表情にキュン♡


プロミスシンデレラ』(英語: PROMISE CINDERELLA)は、橘オレコによる日本の漫画作品、およびそれを原作とするテレビドラマ。ウェブコミック配信サイト『裏サンデー』(小学館)にて、2018年1月8日から連載中。『マンガワン』(同)では1月1日より先行配信している。
26キロバイト (2,467 語) - 2021年7月30日 (金) 23:31



二階堂ふみが主演を務める火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(毎週火曜夜10:00-10:57、TBS系)の第4話が、8月3日(火)に放送される。

【写真を見る】上品にノースリーブを着こなす二階堂ふみ

ドラマの原作は、漫画アプリマンガワン」(小学館)に連載中の同名漫画で、既刊10巻の累計発行部数(紙+電子)が200万部を超えるなど、SNSを中心に話題となっている。

夫・正弘(井之脇海)から一方的に離婚を告げられ、無一文、無職、宿なしになった人生崖っぷちアラサーバツイチ女子・早梅(二階堂)が、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生・壱成(眞栄田郷敦)に目をつけられ、金と人生を賭けた“リアル人生ゲーム”を繰り広げていくラブコメディーだ。

■「プロミス・シンデレラ」第4話あらすじ

早梅(二階堂ふみ)は初恋の相手・成吾(岩田剛典)との10年ぶりの再会に動揺していた。成吾が早梅に優しく接すれば接するほど仲居たちの嫌がらせも増し、ある日、旅館から早梅の靴がなくなる事件が起こる。黒瀬(金子ノブアキ)からそのことを聞いた壱成(眞栄田郷敦)は、兄・成吾への対抗心をあらわにする。早梅はそんな壱成に10年前の出来事を正直に話して聞かせるのだった。

そんな折、旅館に芸能事務所社長の西園寺から宴会の予約が入る。西園寺は超VIPの常連客で、年に数回大宴会を開く。女性従業員は立ち入り禁止で、「S会」と呼ばれ恐れられていた。

予約当日、やって来た西園寺はお気に入りの成吾が留守と知り、とたんに不機嫌に。代わりに他の男性従業員が接客にあたるが、次々とメンタルをやられ退散。その状況を見かねた早梅は、覚悟を決め座敷に上がる。

■予告動画の眞栄田郷敦“壱成”&岩田剛典“成吾”に視聴者胸キュン

公式ホームページなどで見ることができる予告動画では、成吾(岩田)が早梅(二階堂)にとって初恋の人だということを知り、焦点を失ったような空虚な眼差しになる壱成(眞栄田)の姿や、成吾が早梅の腕に手を添えながら「桂木早梅さん、うれしいですまた会えて」と、子犬のような表情を浮かべながら伝える場面が印象的だ。

さらに、予告の最後には、壱成が早梅の肩を掴み、強引に自分の方へ振り向かせ、「こっち見て言えよ。あいつのこと何とも思ってないなら」と、熱い眼差しを早梅に向ける姿も映し出されており、早梅を巡り交錯する、兄弟の複雑な思いが伺える。

予告動画を見た視聴者からは、「成吾が早梅の初恋の人だと知った時の、壱成の空虚な表情にキュンとした!」「早梅のことが好きで余裕が無くなっていく壱成に引き込まれる…」「4話も壱成のツンデレに期待…」「若旦那(成吾)にあんな表情で『また会えてうれしい』なんて言われたら失神しちゃう」などといった声が集まり、盛り上がりを見せている。


「プロミス・シンデレラ」第4話より/(C)TBS


(出典 news.nicovideo.jp)

【【プロミス・シンデレラ】二階堂ふみ“早梅”の初恋相手が兄だと知った時の眞栄田郷敦“ 壱成”の表情にキュン♡】の続きを読む

このページのトップヘ