エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ブログ歴浅い新参者ですが、どうぞ温かく見守っていただけたら嬉しいです♫ ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!


藤原紀香のボディが激ヤバ変化!?げっそり顔に


藤原 紀香(ふじわら のりか、1971年6月28日 - )は、日本の女優、モデル、タレント。本名は片岡 紀香(かたおか のりか)。 兵庫県西宮市出身。西宮市立生瀬小学校、親和中学校・親和女子高等学校卒業、神戸親和女子大学文学部英米文学科中退。高輪エージェンシー→バーニングプロダクション→サムデイ所属
46キロバイト (5,932 語) - 2021年5月7日 (金) 11:02


ハツラツと健康的な方が紀香さんらしいですね。

 女優の藤原紀香がひとめぼれしたというジュエリーを身に付けた写真をブログで公開したのは去る4月29日のことだが、これが波紋を呼んでいる。ジュエリースペインブランド。指輪、ネックレス、イヤリングを身に付けた紀香が素敵なポーズをきめているのだが、

「紀香はいつものようにとてもきれいなのですが、顔つきがほっそりして見えます。というより、げっそりしていると表現してもいいぐらいなんです。紀香は人一倍美容と健康に気を使っているため、激ヤセや激太りとは無縁だったのですが、今回は完全に激ヤセしているように見えますね。そんな紀香の体を心配する声が上がっています」(週刊誌記者)

 痩せたことは紀香も認めていて、よく痩せたと言われるというのだ。

 しかし、どうやら心配する必要はないようだ。というのも、出演中の舞台「魔界転生」の役作りだというのである。

「紀香によると『少し絞れてます』とのこと。顔がほっそりして見えるのはまったく問題ないそうですが、気のせいか、バストが少し小さく見えるのは心配ですね。舞台が終わったら以前の彼女にもどってほしいものです」(前出・週刊誌記者)

 美容と健康にシビアな藤原紀香なら、きっとすぐにFカップを取り戻してくれる!?

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

【藤原紀香のボディが激ヤバ変化!?げっそり顔に】の続きを読む


【予告】LiSA、「炎」初のオーケストラアレンジで歌唱 島袋寛子と対面で涙も


LiSA(リサ、1987年〈昭和62年〉6月24日 - )は、日本の女性歌手。岐阜県関市出身。現所属レーベルはSACRA MUSIC、オリジナルブランドは「YAEVA MUSiC」、事務所はソニー・ミュージックアーティスツ。血液型はB型。本名(出生名)は織部 里沙(おりべ りさ)。夫は声優・歌手の鈴木達央。
110キロバイト (9,797 語) - 2021年5月9日 (日) 15:07


聴いてみたいです。

歌手のLiSAが、20日放送の音楽番組『SONGS』(NHK総合 毎週木曜22:30~)に出演する。

2019年に「紅蓮華」で『NHK紅白歌合戦』に初出場し、昨年の「アニメ鬼滅の刃』紅白SPメドレー」の熱演も記憶に新しいLiSA

番組では、「LiSAを作り上げた音楽」をテーマ大泉洋トーク。「ライブパフォーマンスで影響を受けたアーティスト」「ロックスピリットに共鳴したアーティスト」などを語っていく。LiSAイメージとは異なる意外なアーティストの名も次々と挙がった。

さらに彼女の原点でもあり、大きな憧れであったSPEED島袋寛子がサプライズで登場。あまりの喜びと驚きでLiSAが泣き出す一幕も。

また、LiSAの上京当時をよく知るロックバンドの先輩として、SiMMAHリモートで出演。思い出のエピソードや彼女の知られざる葛藤についてなど、長い付き合いだからこその証言が飛び出した。

スタジオライブでは、10年前のソロデビューアルバムに収録されている「Believe in myself」、そして、B'zTAK MATSUMOTOが楽曲提供した「Another Great Day!!」を披露。

そのほか、『劇場版鬼滅の刃無限列車編』の主題歌「炎」を初めてのオーケストラアレンジで歌唱。ソロデビュー10周年、音楽的なチャレンジを続けてきたLiSAならではの圧巻のパフォーマンスとなった。

(C)NHK

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

【【予告】LiSA、「炎」初のオーケストラアレンジで歌唱 島袋寛子と対面で涙も】の続きを読む


しょこたん、明石家さんまにクレーム!芸人の“おごり文化”に不満爆発!


中川 翔子(なかがわ しょうこ、1985年(昭和60年)5月5日 - )は、日本のバラエティアイドル、マルチタレント。所属事務所はワタナベエンターテインメント。所属レーベルはSony Records。 『しょこたん』の愛称で知られ、2004年11月に開始したブログ「しょこたん☆ぶろぐ」で人気を博し
139キロバイト (14,904 語) - 2021年5月9日 (日) 04:50


変なルール・・それだけ稼ぎの額がすごいのでしょうけど^^;

 タレント中川翔子5月4日放送の「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)に出演。芸能界で不文律となっている、あるルールについて不満を訴えた。

 この日はゲストが浪費家と倹約家に分かれて「浪費家VS倹約家」というテーマトークを展開。倹約家の中川は「よく知らない後輩の人とかにおごるのが本当に嫌なんですよ」とぶっちゃけた。MCの明石家さんまはいちばん儲かっている先輩がおごるのが当たり前と主張するが、中川は大勢で食事に行くと「よく知らない人がついでにどんどん増えていったりする」と明かし、酒や料理が次々に注文されると金額におののいて、味がしなくなると不満をぶちまけた。ついには「私が払うの!?」「本当に怖いんですよ」と早口でまくしたて頭を抱えるまでに。

 さんまも知らないうちに会食の人数が増えていることに対して「お笑いではよくある」「知らん間にすごい人数の時あるよ」と同意。それに対して中川は先輩がおごるというルールについて「さんまさんのせいだと思うんですよね」とクレームをつけた。

 このやり取りにお笑いコンビマヂカルラブリーの野田クリスタルも倹約家側として応援。野田は「さんまさんが言わないとダメですよ。さんまさんが勝手にルール作っちゃった」と中川を援護した。野田はさらに「吉本の最悪のルールで、たまたまお店は行ったところに後輩がいたら、おごらなきゃいけないんです」と暴露。さんまはそれに対しても「それは後輩やからおごるという吉本の(ルール)」と抗弁するも野田は納得がいかないようで「だから、入った店に後輩がいたから、メシ食い終わって帰るまでトイレに行ったことあるんですよ」と明かし、スタジオを沸かせた。

 ネットでは《一般人は知らない後輩におごるシチュエーションなんてないからね》《お金持ってたとしても普通に嫌だわ》《よく知らない後輩‥‥要するに知らない人。知らない人におごりたくはない》など中川ら倹約家側の意見に同意する声があがっている。

「番組ではほかに倹約家側としてSKE48須田亜香里が『アイドル界にも先輩が後輩におごるというルールができている』と暴露していました。とはいえ、“おごる”ルールは芸能界全体の不文律というわけではなく、俳優の世界では割り勘が一般的。その理由を俳優の小手伸也日刊ゲンダイで連載していた自身のコラムで明かしています。

 それは、食事に行くような関係性においては基本的に“共演者”という仲間であり、キャリアや年齢によって芝居に遠慮や忖度はできないし、してはいけないという意味で対等だから、割り勘のほうが健全というもの。お笑いはかつて師弟制度があった名残で先輩がおごるという文化が続いてきましたが、今は師匠、弟子という関係はほぼなくなりました。野田のように声を挙げる芸人が増えれば俳優の世界のように割り勘が普通になっていくのかもしれません」(芸能記者)

 少なくとも中川はこれを機に、知らない後輩におごる必要はなくなったかもしれない?

(柏原廉)

アサジョ


(出典 news.nicovideo.jp)

【しょこたん、明石家さんまにクレーム!芸人の“おごり文化”に不満爆発!】の続きを読む

このページのトップヘ