エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ブログ歴浅い新参者ですが、どうぞ温かく見守っていただけたら嬉しいです♫ ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!


【映画】永野芽郁、広瀬アリスとの撮影秘話明かす


地獄の花園』(じごくはなぞの)は、2021年5月21日に公開予定日本映画。監督は関和亮、脚本はバカリズム、主演は永野芽郁。 普通に働くOL職場に元カリスマヤンキー女性が中途採用されたことから始まった、OL達による派閥争いを描く。 2021年2月28日に行われた『第32回 マイナビ 東京ガールズコレクション
10キロバイト (1,049 語) - 2021年4月14日 (水) 04:27


予告編だけで面白そう。。

モデルプレス=2021/04/21】女優の永野芽郁広瀬アリスが21日、都内で行われた映画「地獄の花園」(5月21日公開)の完成報告イベント菜々緒らと登壇。永野が広瀬との初対面を振り返った。

【写真】佐藤健&永野芽郁、添い寝ハグ&キスにファン騒然「思考回路が…」

真面目に働き、日本の経済を支える日本のOLたち。花園のようにも見える華やかな彼女たちの職場では、実は裏で地獄のような派閥争いが行われている…なんと拳で。そんな地獄のような花園の世界を描いた今作。バカリズムによるオリジナル脚本で、監督はMV界の巨匠・関和亮が務める。

永野芽郁広瀬アリスらが“謝罪”

「完成報告謝罪イベント」と題し、開催された今回のイベント。冒頭、永野は「映画とは言え、暴言を吐き続け、OLの皆様のイメージを大きく変えてしまったことを、キャストスタッフを代表してお詫びいたします。申し訳ありませんでした」と謝罪。

さらに広瀬も「OLの仕事はすごく苦手だったんですけれども、ケンカがとても得意で、日々悪い奴らとケンカばかりしていて本当に申し訳ありませんでした」と自身の役柄を振り返って頭を下げるなど、キャスト1人1人がユーモアたっぷりに“謝罪”し会場を盛り上げた。

同作の激しいアクションシーンについて尋ねられると、キャスト陣で唯一“普通のOL”を演じている永野は「(ヤンキーOLに扮したキャストに)囲まれるだけで自分が普通じゃないんだなって(思ってしまった)、逆に」と明かし、「体力というよりも精神力との戦いみたいなところは正直ありましたね」と語った。

また、クランクインの4~5ヶ月前からアクション練習を始めたそう。永野は「広瀬さんと小池(栄子)さんとは、初めましての状態で殴り合いした」と振り返った。

永野芽郁「地獄の花園」は「壮大なコメディ

最後に永野は「見ている方が笑顔になるような、何も考えずにただただ笑っていられる壮大なコメディになっております。怖い話では一切ないので(笑)」と話し、「色んな世代の方に楽しんでいただける作品が、この時期にお届けできることを本当に嬉しく思っております。ぜひ楽しく見ていただけたら(それが)私たちの1番の願いですので、とにかく笑って見てください」と伝えた。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

永野芽郁、広瀬アリス(C)モデルプレス


(出典 news.nicovideo.jp)

【【映画】永野芽郁、広瀬アリスとの撮影秘話明かす】の続きを読む


【MENSメロメロ】菅田将暉や仲野太賀もガチ恋!?スタッフすら落とした「有村架純の惚れる仕草」とは? |


有村 架純(ありむら かすみ、1993年〈平成5年〉2月13日 - )は、日本の女優。兵庫県伊丹市出身。フラーム所属。 2009年12月、兵庫県立伊丹西高等学校在学中に、FLaMmeのオーディションを受けて合格。 2010年1月、サンケイスポーツの新春企画「新春ガールズ」が芸能界の初仕事となり、4月に親元を離れて上京。
67キロバイト (8,763 語) - 2021年4月20日 (火) 05:02


ジッと見つめるんでしょうね〜。

 4月19日に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007」(日本テレビ系)に、同局のテレビドラマコントが始まる」のメインキャストが総出演した。その中で、仲野太賀が有村架純に思いを吐露する場面があったという。

「番組では仲野が過去、有村のことが好きすぎて雑誌の企画で一緒になった際に一言も話せなかったというエピソードが話題に。これに仲野は『好きですね』と即答し、有村の女優としての凄さをずっと考えていたところ好きになっていたと理由を告白しました。どうやら仲野の思いはガチのようで、この話を聞いた友人の菅田将暉も『マジだもんなぁ』と一言。そして仲野が以前、有村への思いが強すぎるあまり、恥ずかしさから恋人役の依頼を断ったことも菅田の口から暴露されました」(テレビ誌記者)

 そんな有村に魅了されているのは仲野だけではないようで、菅田もまた彼女にゾッコンだと噂されている。3月30日発売の「女性自身」によると、16年の映画「何者」で2人が共演した際、菅田はあまりの忙しさから終始ピリピリオーラを漂わせていたそう。しかし有村は、そんな菅田に常に優しく接したそうで、やがて彼の心の支えとも言える存在になったとのこと。

 さらに有村は、現場のスタッフすらもメロメロにさせているという。

4月20日発売の『フラッシュ』が、有村の魅力について記事にしています。ある映画関係者によれば、彼女は現場でよく“うん、うん”と頷きながら人の話を聞いているのだとか。これが監督やスタッフの心を鷲掴みにしているそうで、『こんなにしっかりと俺の話を聞いてくれている!』と、皆ファンになってしまうそうなんです」(前出・テレビ誌記者)

 昨今、映画やドラマのオファーが絶えない有村だが、スタッフへの神対応も大いに関係しているのかもしれない。

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)

【【MENSメロメロ】菅田将暉や仲野太賀もガチ恋!?スタッフすら落とした「有村架純の惚れる仕草」とは? |】の続きを読む


華原 朋美(かはら ともみ、1974年8月17日 - )は、日本の歌手、タレント、ミュージカル女優、YouTuber。本名は下河原 朋美(しもがわら ともみ)。愛称は「朋ちゃん」。 代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a
79キロバイト (8,675 語) - 2021年4月17日 (土) 00:50



(出典 www.billboard-japan.com)


精神的にナーバスになっていたのかな。いずれにせよ尾行されていたら怖いでしょ。

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/04/21(水) 07:33:27.18 ID:CAP_USER9.net

4/21(水) 5:15配信
東スポWeb

やってしまった?華原朋美

 やはり「お騒がせ歌姫」の〝暴走〟だった! 華原朋美(46)の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、警視庁大崎署は16日、暴行の疑いで光文社の30代男性記者を逮捕。世間を驚かせたが、事件の真相は歌姫の説明とは大きく異なることがわかった。華原の担当者が19日、取材に応じた。それによると、華原は殴打されたわけではなく、本人がSNSで主張したストーカー被害も〝勘違い〟だという。どういうことなのかというと――。

「大事になってしまいました」

 華原の担当者も頭をかくしかなかった。

 事件が起きたのは16日。華原はタクシーに乗っていたところ、不審なタクシーに30分以上追いかけられていることに気づいた。自身のタクシーを東京・品川区内で停めてもらい、下車。同じく停車した後続の不審なタクシーの元へツカツカと歩み寄り、乗り込んだ。何とも勇ましい光景だ。後続のタクシーに乗っていたのが光文社の30代男性記者。華原が車内でこの記者を問い詰めたところ、〝暴行〟されたという。

 すかさずスマホで110番。男性記者は、華原の腕をつかんだり、肩を押したりしたとして、暴行の疑いで警視庁大崎署に現行犯逮捕された。取材中にトラブルになったようで、男性記者は「身に覚えがない」と容疑を否認した。

 華原は18日、ツイッターで「実は3週間前から今回逮捕された犯人が私と息子をストーカーしてる事に恐怖を感じてました」と告白。今回の事件では「息子に何かあったら取り返しのつかない事になる」と意を決し、問い詰めたところ〝暴行〟されたため通報した。「全ては息子を守る為に行動した次第です」と主張した(現在は削除)。

 現在、1歳長男を育てている。父親は一般男性だが、結婚はしていない未婚の母だ。かつてヒット曲を連発した歌姫が記者から〝暴行〟を受ける前代未聞の事件になったが、華原の担当者は19日、取材に舞台裏を説明した。

 担当者はまず、大崎署員とも直接話をしたと言及。その上で「(記者から)殴ったり蹴ったりされたわけではないんです」と釈明する。2人は押し合いになったとみられるが、片方が強く腕をつかんだりされると暴行容疑が適用される場合があり、今回はこれに該当する。署員からは「『暴行』というと言葉が強いですが…」といった趣旨で説明されたそうで、大騒ぎする事件ではなかったようだ。

 9日には、ものまねタレント清水アキラの三男で、元タレント清水良太郎容疑者(32)が妻をケガさせたとして傷害容疑で15日までに逮捕されたばかり。前出の大崎署員はこの事件にも触れ、近年は女性への暴力に厳しく対処する方針を口にしたという。

 ツイッターで告白した「3週間前から」のストーカー被害は、〝勘違い〟の可能性を指摘する。華原は3週間前にラーメン店に行き、そこで熱烈なファンとみられる男性に遭遇して恐怖を感じたそうだが、今回の男性記者とは別人という。

 華原に激情家の一面があるのは広く知られている。3週間前の〝ラーメン男〟にタクシーで追尾されたと思い込み、〝スパーク〟して正面からぶつかったが、正体は男性記者だった――というのが真相のようだ。

 18日のツイッターも、華原は周囲に相談しないままアップしたそう。関係者たちは皆、慌てたという。

 前出担当者は、ファンが心配しないよう事件が沈静化することを願っている。華原は休養せず、「今後もテレビ番組出演など仕事は継続していきます」と語った。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5f9cbc668226958ed6a9e343c5d1e55c1e6c615


【【芸能】華原朋美「暴行犯=ストーカー」ではなかった! 勘違い暴走で騒動拡大…慌ててツイ消し ]】の続きを読む

このページのトップヘ