エンタメ速報

話題のエンタメ速報をピックアップ

ありとあらゆる話題のエンタメ情報をお知らせします♪たまにお役立ち情報も載せていきま〜す!


B'z(ビーズ)は、ギタリストの松本孝弘とボーカリストの稲葉浩志からなる日本のロックユニット。所属事務所はVERMILLION。所属レーベルはVERMILLION RECORDS。公式ファンクラブは「B'z Party」。 1988年にシングル『だからその手を離して』とアルバム『B'z
155キロバイト (16,718 語) - 2022年5月12日 (木) 12:23
導入部 (イントロからのリダイレクト)
c ヤマハミュージックエンタテインントホールディングス『音楽用語ダス』. “[introduction-813105 イントロダクション[introduction]]”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。 ^ 小学館『精選版 日本国語大辞典』. “イントロ”. コトバンク. 2020年6月3日閲覧。
11キロバイト (995 語) - 2022年4月16日 (土) 20:48

(出典 ripy-jm.com)


あの曲はイントロ含めての全体を聴かなくちゃ〜たしかに長いとは思いますが…

1 Anonymous ★ :2022/05/16(月) 13:14:43.84

5/16(月) 12:57
https://news.yahoo.co.jp/articles/740ac2dec836d7f23476503c436da35825d1a2a2

日本の人気ロックユニット・B’zの90年代を代表する楽曲『LOVE PHANTOM』。歌い始めまでは約80秒ほどあり、「イントロが長い曲」としても知られる。5月16日に放送された日本テレビ系の情報番組『スッキリ』は、若者世代の一部には楽曲を聴く際にギターソロやイントロを飛ばす人がいることを紹介し、同曲が取り上げられた。この「イントロ飛ばし」に対し様々な声が上がり、SNSでは「イントロ」「LOVE PHANTOM」がTwitterでトレンドになるなど活発な議論が生まれた。

そもそも、世代によっては同曲を知らない人もいる時代だ。

番組側が「イントロを飛ばす」という10代と20代の若者に『LOVE PHANTOM』を聴かせてその感想を聞いたところ、「飛ばしちゃっていいですか?」「長い!」などという声が寄せられていた。

一方、「イントロを飛ばさない」という10代の男性からは、「何のために音楽を聴いているのか。イントロとか全て含めて音楽の作品の一部」という意見もあった。

その他、20代の男性は「スピッツの『ロビンソン』はイントロこそが神(だから飛ばさない)」と語っていて、イントロに対する反応や考えは様々。「若者はイントロを飛ばす」と一概に言えない結果だった。

番組はその後、様々な年代の人気曲のイントロを検証して伝えていた。

取り上げられた曲を改めて確認すると、1980年代にリリースされた久保田早紀さんの『異邦人』は27秒、1990年代に発表された小田和正さんの『ラブ・ストーリーは突然に』は39秒あった。

Twitterでは「『LOVE PHANTOM』はイントロが良いんじゃん」「あれがあるから、歌い出しがかっこいいんだよ」「確かに、長くは感じる」と様々な声が上がった。

「うっせえわ」や「夜に駆ける」はイントロなし。映画も倍速で見る?
アーティストで京都精華大学で客員教授を務める高野寛さんは、番組の中で「サ*クの時代になって(イントロやギターソロを飛ばすことが)顕著になってきた。早く歌を聴きたいという人が多いのかもしれない」と最近の試聴傾向を分析。

それを踏まえ、番組では近年大ヒットを記録したAdoの『うっせえわ』やYOASOBIの『夜に駆ける』はいきなり歌い出しから入るため、イントロがないことも紹介された。

番組に出演した2人の若者にMCを務める加藤浩次さんがイントロを飛ばす理由を問うと、10代の男性は「すぐ自分の好きなところが聞きたい」などと回答していた。
加藤さんが「映画も倍速で観るのか」と問うと、10代の男性は「映画はいつも1.5倍速で観てます」とした一方、20代の女性は「自分は映画は飛ばさないです」と話していた。


【【音楽】B'z「LOVE PHANTOM」のイントロは飛ばす?名曲への若者の対応に様々な声 映画も倍速で見る人も】の続きを読む


【ドラマ】恋マジ 広瀬アリス“純”、頭の中が松村北斗“柊磨”一色に!西野七瀬“響子”は思いを募らせる「もう引き返せない」 もうすぐ始まるよ


なんて、本気でやってどうするの?』(こいなんて、ほんきでやってどうするの?)は、カンテレ制作・フジテレビ系列の「月曜夜10時枠の連続ドラマ」枠で2022年4月18日から放送のテレビドラマ。主演は本作がプライム帯の連続ドラマ初主演となる広瀬アリス。 略称は恋マジ
15キロバイト (1,249 語) - 2022年5月15日 (日) 09:06


展開が早い感じ⁇

広瀬アリスが主演を務めるドラマ「恋なんて、本気でやってどうするの?」(毎週月曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の第5話が、5月16日(月)に放送される。本作は、恋に本気になれない6人の男女が織りなす群像ラブストーリー。恋愛経験ゼロで、“恋なんて人生の無駄”と考える純(広瀬)らに訪れる運命的な出会いを描く。略称は“恋マジ”。

【写真を見る】幸せいっぱいの純(広瀬アリス)をうらやましく思う響子(西野七瀬)

広瀬のほか、刹那恋愛主義のギャルソン兼見習い料理人・柊磨を松村北斗、早婚レス妻・響子を西野七瀬、ワケありの天才シェフ・要を藤木直人、パパ活女子・アリサ飯豊まりえ不思議陰キャ・克己を岡山天音が演じる。

■注目の第5話では――

思いが通じ合い、ついに結ばれた純(広瀬アリス)と柊磨(松村北斗)。味わったことのない幸福感で満たされた純の頭の中は柊磨でいっぱい。仕事にも身が入らず、まるで別人のようになる。その頃、克巳(岡山天音)とキスを交わしたアリサ(飯豊まりえ)もまた、二人の関係を一歩先に進めようとしていた。ところが、アリサに押し倒された克巳の口からは思わぬ言葉が飛び出す。

響子(西野七瀬)は、仕事の鬼だった純が恋に夢中になっている姿を見て、どこかうらやましく感じる。そして思わず、アリサにだけ、要(藤木直人)に憧れて「サリュー」に通っていることを打ち明ける。響子のはかない思いを知ったアリサは、二人の距離を近づけるため、夫の敏彦(味方良介)が不在のときに、料理の手伝いを口実にシェフの要を家に呼び、ホームパーティーを開いてはどうかと提案する。

一方、柊磨との恋に幸せをかみしめていた純だったが、ふと柊磨が誰にでもやさしい性格であることを思い出し、不安がよぎる。そして、店にやって来たひな子(小野花梨)への態度も以前と変わらない柊磨を見て、“恋のやり方”が分からない純はある行動をとる。

――という物語が描かれる。

公式HPなどで公開されている予告動画では、「恋をすると人って、他に何もいらなくなるんだ」「寝ても覚めても、彼の顔が頭に浮かぶの」という純の幸せいっぱいな発言が。

そんな中、要への思いを募らせる響子が純に対し、「要さんが好き。私はもう引き返せない」と切実な胸の内を打ち明ける場面も映し出されている。

「恋なんて、本気でやってどうするの?」第5話は、5月16日(月)夜10:00からフジテレビ系で放送。

「恋なんて、本気でやってどうするの?」第5話より/ (C)カンテレ


(出典 news.nicovideo.jp)

【【ドラマ】恋マジ 広瀬アリス“純”、頭の中が松村北斗“柊磨”一色に!西野七瀬“響子”は思いを募らせる「もう引き返せない」 もうすぐ始まるよ】の続きを読む


GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、YouTuber。 沖縄県生まれ。滋賀県育ち。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本のエージェンシーは株式会社グラブエンターテイメン
71キロバイト (5,788 語) - 2022年4月21日 (木) 23:57

(出典 www.rbbtoday.com)



1 ひかり ★ :2022/05/16(月) 10:30:04.85

 歌手のGACKTの日本エージェント所属事務所「グラブエンターテイメント」が16日、公式サイトでGACKTの病状経過と活動再開について発表した。

「GACKTの病状経過と活動再開につきまして」と題しサイトを更新。

「尚、病状詳細につきましては医療機関より報告されております通りでございます」とした上で、「ファンの皆様ならびに関係者の皆様には大変ご心配をお掛けしましたが、これまでの海外での療養に加えて日本でも治療を開始している事もありGACKTは順調に回復し体力も戻ってきており、エージェント事務所としましては当該医療機関の主治医ならびにGACKT本人と協議を行った上で病状の回復状況に合わせて年内に芸能活動を徐々に再開させて参ります」とした。

 また、改めて「GACKT本人は日常生活に支障がないくらいに回復しており、徐々に仕事への復帰をしてまいります」と報告している。

 同事務所は2021年9月に、体調悪化によるGACKTの無期限活動休止を発表していた。
ENCOUNT編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c0d9990d91e4184d2bd20df3b184eff63b02546


【GACKT、年内に芸能活動再開へ ⁈】の続きを読む

このページのトップヘ